夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

秋磯NEWタックルインプレッション 『マスターチューン イソ』×『NEW BB-Xハイパーフォース』のコンビで良型グレを攻略!!

秋磯NEWタックルインプレッション
『マスターチューン イソ』×『NEW BB-Xハイパーフォース』のコンビで良型グレを攻略!!

森井 陽(もりい のぼる)

森井 陽(もりい のぼる)
父の影響で釣りを覚え、23歳で磯釣りを始める。2006年に徳島県釣連盟第59代名人位獲得後、数々の全国大会で優勝、上位入賞を果たすなど、気鋭のトーナメンターとして活躍中。近年は四国西南部の磯へ大型の尾長グレを求め通い続けている。

今シーズンシマノからNEWアイテム、『マスターチューン イソ』&『NEW BB-Xハイパーフォース』がリリースされた。インストラクター森井陽さんに、さっそくこのNEWタックルを使ってグレを狙ってもらうことに。ここではそのときの模様に加えNEWタックルについて紹介。グレ釣りファンは必見!!

マスターチューン イソ』がきれいな弧を描く。実釣力に優れるのはもちろんのこと、胴調子設定で釣っていて非常に愉しいロッドだ。

実釣では48cmの良型グレが登場!

号数ごとに明確な特長を持たせたNEWコンセプトロッド
『マスターチューン イソ』

シマノ磯ロッドの基本となる『ベイシス』よりもややマイルドな調子に仕上げ、低号数は「掛けること」、高号数は「獲ること」に重点を置き、モデルごとに個性が光るNEWコンセプトロッド。ミドルクラスでは初となる「パラボラチューン」を採用し、「スパイラルX」との相乗効果でネジれにくく高強度でスムーズな曲がりを実現。胴調子設計でタメればタメるほど粘り強いパワーを発揮して魚を浮かせてくれる。また、Xガイド&Xリングをはじめ、タフテックαなどの先進技術を惜しみなく搭載し、完全無欠のFULL TUNEロッドとしてデビュー。

マスターチューンイソのラインナップ

製品ページを見る >

Xガイドのリングを薄く、大口径化させたXリングを♯1遊動ガイドに搭載。
約20%の大口径化によって、重量が増さずに糸通りがよりスムーズになった。

森井さんが実釣で使用したモデルは「1.2-530」。
軽快な操作性が特長のモデルで、キャスト~ラインメンディング~アワセ~やり取りまでがスムーズにおこなえる。
まさに腕の延長としてロッドを扱うことが可能。

1~1.2号の低号数は手返しよく釣っていく「掛け」重視ながら、タメると持ち前の粘り強さで魚をグイグイ浮かせてくれる。
「胴調子の竿は魚をムダに暴れさせずに取り込むことができるのがメリット。私がもっとも好きな調子です」と森井さん。

マスターチューン イソ』をひと言で表すなら「粘り強い竿」ですね。ロッド全体で魚の引きを吸収してくれて、魚を余計に暴れさせなくてすむので安心感のあるやり取りができます。私は「タメて獲る」というファイトスタイルなので、まさにこのロッドは私にピッタリな調子です。
また、ミドルクラスながら「パラボラチューン」や「Xガイド」&「Xリング」などが搭載されていて、実際に触れてもらうと価格以上の性能を実感していただけるはず。バリエーションに関しても1号、1.2号、1.5号、1.7号、2号とあり、1号以外は5mと5.3mがラインナップされているので、自身が通うフィールドにマッチした1本が必ず見つかるでしょう。
ちなみに今回の実釣は、エサトリが多く、1日中仕掛けを打ち返すことになると予想して軽快に操れる1.2号を使いました。四国西南部の口太フィールドなら1.2号と1.5号があれば、たいていの状況にも対応できるでしょう。

1-530~2-530までの全9モデルが揃う。トーナメントから大物狙いまで、幅広いシチュエーションに対応する。

SUTブレーキモデルをはじめ、XXGモデルもラインナップ
『NEW BB-Xハイパーフォース』

BB-Xテクニウム』で初めて採用された革新的ブレーキシステム「SUTブレーキ」が、『BB-Xハイパーフォース』に初搭載。ギア比6.6のDXGと力強い巻き取りが可能なTYPE-G(ギア比 4.6)に加え、新たにDXXGモデルがラインナップ。これはギア比7.2、最大巻上長107cmを誇るダブルエキストラハイギア仕様で、遠距離のポイントを攻めるときやトーナメントで手返しよく釣りを展開したいときに活躍する。また、「SUTブレーキ」以外にも高い防水性能を実現する「Xプロテクト」や、回転慣性によるブレやムラを減少させる軽量の「マグナムライトローター」、ギアとボディに高い剛性を備える「HAGANE」コンセプトなど先進技術を搭載。

NEW BB-Xハイパーフォースのラインナップ

ラインをリリースする際、ハンドルが逆回転せずにラインを送り出せる「SUTブレーキ」。ハンドルが無回転になることでブレが半減し、魚が違和感を感じにくく暴れない。また、レバーを緩めて竿を起こす動作が速くおこなえるようになる利点もある。
この価格帯でSUTブレーキ搭載はあり得ないと思っていましたが、よりお求め易くなりました!

XXGモデルは仕掛け回収が速くおこなえるので、プライベート釣行はもちろん、トーナメントでも活躍してくれますね。
それとハンドルノブも気に入っていて、とても握りやすくなっています。

コッパグレ&アジが乱舞する真夏の日振島へ

 四国西南部のグレが完全にシーズンオフとなる8月、NEWタックルを手に日振島にアタック。
「良型のグレを釣るには一番厳しい時期だけど、せっかくのNEWタックルなのででかいグレをビシッと釣りたいですね!」とやる気満々!

早朝、「はまざき渡船」で向かったのは「17番」。事前情報ではアジやコッパグレ、タカベが多く、40cmオーバーのグレを釣るのは至難の業…とのこと。船着きに釣り座を構えてさっそく釣りをスタート。

エサトリとの戦いになることを見越し、手返し重視でロッドは「1.2-530」、リールは「2500DXXG S LEFT」をセレクト。まずは足元にマキエを撒いて様子をうかがうと、小アジやタカベ、コッパグレが乱舞。続けて沖の潮目にマキエを投入してみると、ここもエサトリまみれ。
「どこもエサトリばっかりですね(汗)。これは想像以上ですよ」

高水温のためコッパグレが活発。「これらを数釣っていたら、一瞬でも時合がきて良型も混じるでしょう」と森井さん。

森井さんは磯際にエサトリ用のマキエを多めに撒き、少量のマキエと仕掛けを30mほど沖に投入。潮に乗せて流していくと、さっそくアタリ。しかし、正体は手のひらサイズのコッパグレ。その後も釣れてくるのは同サイズのグレばかり。「辛抱強く釣り続けるしかないですね」

やがて10時を過ぎた頃、35cmクラスのグレがヒット。
「今からがチャンスですよ」
そう言って森井さんは手返しをさらに速めて潮の変化点を狙っていく。そして、40mほど沖にひと筋の明確な潮のヨレが出現。そこをピンポイントで狙い撃つと一発でヒット! これまでのコッパグレとは違い、アワセと同時にロッドが大きく弧を描き、瞬時に良型と確信。

「ちょっとこれは元気だね」。そう言って手にしたのは35cmクラス。手のひらサイズからサイズアップ!

このサイズが釣れたら40cmオーバーも釣れるかも♪

サシエは加工オキアミをメインに使い、むき身やねりエサも併用。

ライフジャケットにシマノ『携帯サシエ入れ』をセット。手返しアップに欠かせないアイテムだ。

しかし、釣り座の周囲にはシモリが多数点在。少しでも気を抜けば根ズレでラインブレイクしかねない。森井さんは縦横無尽に海中を駆け回るグレを相手に、『マスターチューン イソ』の粘り強いパワーと『NEW BB-Xハイパーフォース』XXGの超高速巻き上げという2つの武器を活かし、浮かせながら一気に間合いを詰めていく。そして、緊迫したやり取りの末、玉網に収めてフィニッシュ。

途中、60cmクラスのキツ(イスズミ)がヒットする場面も。シモリに擦れてラインブレイクしてしまったが、シモリがなければ1.2号ロッドながら余裕で獲れていただろう。それほど『マスターチューン イソ』は粘り強いパワーがある。

「よっしゃっ!」と冷静沈着な森井さんが思わずガッツポーズ。それもそのはず、計測すると48cmの堂々サイズ!

その後、次の1匹を狙うが潮が変わってコッパグレしかアタらなくなり、正午過ぎに納竿とした。
これから水温も下降しはじめ、磯釣りファン待望の秋磯シーズンが開幕する。今シーズンはNEWタックルを手に磯釣りを存分に愉しもう!

これからシーズンに突入するグレ。パワー、スピード感あふれるファイトを味わいに磯へ繰り出そう!

やり取り後、「このサイズにもかかわらず、ファイト時間がすごく短く感じました。ロッドの粘り強さとリールの巻き取りスピードの速さの恩恵でしょうね」と森井さん。
シーズンオフの夏の日振島で仕留めた48cmのグッドサイズ。森井さんの釣技とNEWタックルがもたらした最高の1匹!これにて実釣を終了!!

森井 陽さんのタックル

ロッド マスターチューン イソ 1.2号 530
リール NEW BB-Xハイパーフォース 2500DXXG S LEFT
PAGE TOP