夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

ウキダンゴ釣り(紀州釣り)

ツイート

ウキダンゴ釣り(紀州釣り)

ダンゴにエサを包んでポイントへ投入し黒鯛を狙う「ウキダンゴ釣り(紀州釣り)」について説明します。

歴史とフィールド

発祥は江戸時代の紀州藩士、全国的に熱心なファン多い

フィールド

ウキダンゴ釣り(紀州釣り)の発祥は江戸時代に遡る。
紀州藩の藩主が藩士たちに釣りを奨励したのがそのはじまりといわれている。
紀州藩のお膝元である和歌山県北部では古くから米ヌカをベースにしたダンゴでのウキダンゴ釣りが盛んだ。
ウキダンゴ釣りのフィールドは磯や堤防がメインで、瀬戸内ではバクダン釣り、九州ではウキダゴ釣りと呼ばれ人気も高い。
関東、東海方面にも熱心なファンが多く、近年では東北や北陸地方にも広がりを見せている。

釣法と魅力

ウキ下を水深より深くすれば、黒鯛との遭遇確率が上昇する

釣り

かつては水深より浅いウキ下で、ダンゴが割れれば、ウキの浮力でサシエが飛び出るという釣りが主流だった。
現在は、水深分以上にウキ下を深くする釣りが多くなり、ダンゴが割れてもサシエは動かない。
エサ取りがひとしきり騒いで、その後、黒鯛が寄ってくるまでダンゴのそばにサシエを置いておけるので、黒鯛との遭遇確率が高まる。
ウキがじわりとしもるように入っていくアタリを思い切り合わせれば、会心の重量感が味わえる。

仕掛けとエサ

ダンゴの中にサシエを包み投入、ウキは浮力があるものを選ぶ

仕掛け

4.5~5.3m前後の磯竿と2500番クラスのスピニングリールが好適。
ダンゴはヌカがベースだが、最近は手軽に作れる専用ダンゴも市販されている。
このダンゴの中に、オキアミやボケ、コーン、練り餌などのサシエを包んで投入する。
ダンゴの割れやアタリなどを伝えてくれるウキは、棒ウキや玉ウキなど好みのものでいいが、発泡素材など小粒でも浮力があるものを選ぶ。
仕掛けの重みでシモってしまうような0ウキは不向きだ。

PAGE TOP