夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

筏・カセ釣り

ツイート

筏・カセ釣り

短竿でダイレクトに黒鯛と渡り合う釣法のかかり釣り。内湾などに設置された筏やカセ(小舟)で行う釣りについて説明します。

歴史とフィールド

かかり釣りの発祥は若狭方面、全国津々浦々に釣り場がある。

フィールド

波静かな内湾などに設置された筏やカセ(小舟)から、短竿を使い黒鯛とダイレクトに渡り合うスリリングな釣法が、かかり釣りだ。
ダンゴを作って、サシエを包んで海底へ送り届けるのが、基本スタイル。
発祥は、日本海の若狭方面といわれている。
また、小舟を内湾に掛けて黒鯛を狙うスタイルは静岡県清水などでも古くから行われている。
そのフィールドは関東、東海、北陸、近畿、瀬戸内、九州など全国津々浦々にある。

釣法と魅力

アタリを掛け合わせる楽しさ、強い引きは短竿特有の魅力だ。

釣り

黒鯛を手にする第一歩は、穂先に現れるアタリ(黒鯛がエサを喰ったというシグナル)を見て的確に掛け合わせること。
掛け合わせが決まれば、瞬間的に訪れる黒鯛の重量感。
さらに突進する黒鯛との血湧き肉躍るやり取りへと続く。
黒鯛の引きは、竿が短いため、テコの原理で長竿より強く感じる。
こんなに引くのかと、きっと思わせられるはず。
あえて短竿で挑む理由はそこにあり、それがかかり釣りの最大の魅力だ。

仕掛けとエサ

繊細な穂先はかかり竿に必須、仕掛けはラインにハリを直結。

仕掛け

1.5m前後の専用竿と専用リールを使用。
30年ほど前のかかり釣りの黎明期には繊細なアタリが取れる穂先を持った竿が少なく、自作する人が多かった。
今では、釣り人のニーズに応えた高精度、高性能なメーカー製ロッドがあり、入門も至極容易。
仕掛けは、フロロカーボンラインにハリを結ぶだけ。
潮に流されるようなら、適時ハリの少し上にガン玉オモリを打てばいい。
サシエは、オキアミ、アケミ貝、コーン、サナギ、ボケ、シラサエビ、ネリエサなどを使い分ける。

PAGE TOP