夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

ヘチ釣り

ツイート

ヘチ釣り

ヘチは際を意味し、堤防の際を釣り場にして、糸フケの変化でアタリを取る妙味溢れる釣法として受け継がれてきた。今や東北から九州まで、多くの人に親しまれている「ヘチ釣り」について説明します。

歴史とフィールド

東京湾の伝統釣法が発祥で、大都市の湾岸エリアに浸透

フィールド

ヘチ釣りの発祥は東京湾で、クロダイやアイナメをターゲットに、糸フケの変化でアタリを取る妙味溢れる釣法として受け継がれてきた。
やがて、大阪、広島、福岡などの大都市の湾岸エリアにも浸透して全国へ展開。
今や東北から九州まで、多くの人に親しまれている。
ヘチは際を意味し堤防に潮が当たってくるような場所が好ポイントになる。
浅ダナから深ダナまで自在に探れる釣りなので、年間を通して楽しめるのが魅力だ。

釣法と魅力

ラインを張らず緩めず落とす、合わせた瞬間の重量感が格別

釣り

際を落としていく際、ラインは張らず緩めず、一定にして落とし込む。
最適な落下速度は条件によって異なるので、その日のスピードを見つけることがカギ。
ラインに何らかの変化があればアタリ。
喰いがいいときは手元に伝わることも多い。
合わせた瞬間の重量感と突っ込みは格別。
ヘチ釣りは、落とすときにアクションをつけることが容易で、それが大事な点。
キザミや止めが有効なアクションで、能動的に黒鯛にアピールできる。

仕掛けとエサ

ライン操作しやすい短竿が好適、少し重めのガン玉で攻めよう

仕掛け

2.4~3m程度のヘチ竿と専用リールを使う。
際狙いが主で、落下途中でストップさせる止めやキザミをまじえたライン操作がカギになるため、短めの竿が扱いやすい。
道糸には感度の良いAQADYNE BB-X(NL-012I)等のナイロンラインを使う人が多い。
また、オモリのセレクトも重要。
一般的な落とし込み釣りよりも少し重めのガン玉を使った方が釣りやすい。
エサはメインのイガイをはじめフジツボ、ボサガニ(岩ガニ)、タンクガニ、パイプ虫などを季節に応じて選ぶ。
中でも、タンクガニは1匹掛けでも使用するが、大きい方の爪(ハサミ)のみでも最高のエサとなる。
おそらく、イガイやパイプ虫の隙間に巣を作り住んでいるタンクガニは身を守る為、
外敵が来た時、大きい方の爪(ハサミ)で攻撃する為、クロダイがこの爪(ハサミ)を攻撃してから捕食すると思われる。
そのため、タンクガニの爪(ハサミ)がアタリエサになるのではないだろうか!?

PAGE TOP