夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

フカセ釣り

ツイート

フカセ釣り

繊細な道具立てでマキエを撒きながらサシエを流し込む、黒鯛の「フカセ釣り」について説明します。

歴史とフィールド

徳島県の阿波釣法スタイルが、各地のウキ釣りと融合し発展

フィールド

身近な堤防や磯から黒鯛を狙うウキ釣りは、日本各地で古くから楽しまれてきたが、
繊細な道具立てでマキエを撒きながらサシエを流し込む現在のフカセ釣りは、
徳島県で育まれた阿波釣法をベースに各地のウキ釣りが融合、発展してきたものといっていいだろう。
東北地方から関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州までファンは多く、
都会の海の堤防から本格的な沖磯まで様々なフィールドで楽しまれている。

釣法と魅力

潮を読み、マキエで寄せて喰わす、計算通りにウキが入れば最高

釣り

地形を把握し潮の流れを読んだらマキエをどこに効かせて黒鯛を寄せるのか、
黒鯛の泳層を推理し口元へサシエを届けるためにはどれだけのウキ下をとり、
どこから仕掛けを流し込めばいいのか、海の中を立体的にイメージして釣りを組み立てるのがフカセ釣りの面白さ。
一筋縄ではいかないだけに、計算通りウキが消し込まれた瞬間の気分は最高。
ハリ掛かりしたあとの強い引きや、海面に横たわる魚体の美しさも魅力だ。

仕掛けとエサ

仕掛けが操作しやすい専用竿、棒ウキか中通しウキで攻める

仕掛け

繊細な穂先としなやかな胴で仕掛け操作がしやすい5m前後の黒鯛専用フカセ竿に、2500番クラスのレバーブレーキ付きスピニングリールをセット。
ウキは東日本や北日本では棒ウキが、西日本ではどんぐり型の中通しウキがよく使われる。
黒鯛を寄せるマキエはオキアミに各種配合材をブレンドしたもの。
サシエはオキアミのほか、ネリエサやサナギ、コーンなど、エサ取りやチヌの活性に合わせていろいろ試してみるといい。

PAGE TOP