夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

遠藤いずみ × 山口美咲 Enjoy フカセ釣り!

遠藤いずみ × 山口美咲 Enjoy フカセ釣り!
~対談編⑤2人の釣りスタイル~

ツイート
遠藤 いずみ (えんどう いずみ)
関東をホームにフカセ釣りを愉しむ。シマノ磯フィールドテスター。

女性同士でフカセのことこんなに話すのは初めて!

山口 美咲 (やまぐち みさき)
瀬戸内をホームにフカセ釣りを展開。トーナメントにも積極的に参戦。シマノ磯フィールドテスター。

ホント、何時間でも話していられますね!

関東、瀬戸内と異なるフィールドで活躍中の女性アングラー・遠藤いずみさんと山口美咲さん。2人のフカセ釣りに寄せる思いをじっくり語ってもらいました。

2人の釣りスタイル

――自分の釣りスタイルを教えて

美咲 スタイルですか~。自分で言うのもなんですが、わたしはガッツリ釣り師系ですね(苦笑)。いずみさんはマイペースでゆったり釣りを愉しむってイメージがあります。

いずみ そうだね。自分のペースで「今日はめいっぱい愉しんで釣りするぞ」って思っていつも出かけてる。趣味は日々の疲れやストレスをリフレッシュするものだもんね。ただどんな釣りもめいっぱい愉しもうと思っているのでふだんの釣りも大会でもそれは変わらないと思う。これからもそうかな。美咲ちゃんはどう?ガッツリ系って言ってたけど、わたしはストイックなアスリート的なイメージがあるよ。

美咲 ホントですか!?ありがとうございます!わたしはチヌもグレも男性に混じってトーナメントに出ている釣りがメインなので、勝負にこだわっているように思われるんです。もちろん参加する以上は勝ちたいんですけど、一番はそのなかで自分の釣りがどこまで高められるかに全力で挑戦し続けることなんです。トーナメントへ行くと、すごく上手な方とたくさん出会えてお話もできるので、勉強にもなるし、自分はまだまだだと知る機会にもなるんですよ。それは釣りだけでなく、自分そのものの成長にもなると思っています。そんな環境のなかでチャレンジし続けて結果がついてくればすごくうれしいです。

いずみ すごいな~。ストイックだよね。それもお父さんの影響なのかな?

美咲 影響というよりは、そうさせてくれたんですね。小学生から釣りをはじめて、卒業文集に「釣りのプロになる!」って書いてたんです。父は「やるなら真剣にやれよ」ってサポートしてくれて、そこからもう超スパルタ(笑)。父が休みの日は毎回釣りなので「なんでサシエの準備ができてないんだ!」とか釣行前夜に怒られましたね。

いずみ えっ、じゃあ、土日とか学校がお休みの日は毎回釣りだったの?

美咲 そうです。でも周りからは「女子だし、高校生くらいになったら釣りはやめるだろう」って思われてたんですよ。そのくらいの年代っていろいろ変化があると思うんですよね。おしゃれとか恋とか将来のこととか。でもわたしはまったくブレなくて、学校、バイト、釣りという生活でした。だから早く免許がとれる歳になりたい!遠征したい!とか思ってました。

いずみ だんだん周りも理解してくれたんだね。本気だって。

美咲 「アイツは土日は釣りだから」って感じで。でもそのおかげで小学生のころからいろんな場所へ行けましたし、いろんな方にお会いできたし、学んだことはたくさんあります。いまの自分があるのは父も含めて周りのみなさんのおかげなんです。釣り以外のことも教わることができているので、釣りをしていて本当によかったなって感じています。

いずみ ほんとだね。わたしもそう思う。知らない世界を知ることもできたもん。釣り業界の中でお仕事させてもらったり、いろんなところへ行けたり、いろんな方に会えたり。釣りを知らなかったら今ごろなにしてたんだろうって思うときがあるもんね。

美咲 でもいずみさんは「釣りが趣味です」って言ったらビックリされませんか?知らない人からすると、まったくイメージが湧かないと思うんですけど…。

いずみ そうかも。フィールドテスターもさせてもらってますって釣りのことをあまり知らない人に言ったら「えっ? なんなのそれ!? そんな制度があるの?」って喰いつかれることもあるよ。本当に釣りをするまでインドア派だったからね。釣りする以前の知り合いの中にはわたしが釣りをしていることを知らない人もいるんじゃないかな。

美咲 釣りってそんないずみさんの人生も変えてしまったんですね。

いずみ そうだね。本当にそう思う。だからこの先もずっと続けていくんだろうね。

――最後にメッセージを

いずみ わたしは釣りが人生に素敵な時間を作ってくれるものだと知りました。まだまだ未熟なのですが、わたしが釣りをする姿を通じて少しでも多くの方に「自分も釣りをやってみたい!」って思ってもらえたらうれしいです。そのなかでもフカセにチャレンジしてほしいですね。すごく愉しい釣りですから。

美咲 釣りにはいろんな愉しみ方があります。のんびり遊ぶのもいいし、トーナメントの釣りもおもしろいです。わたしは自分ががんばることで、女性フカセ師の方が「自分も!」とトーナメントスタイルの釣りに挑戦してくれるとうれしいです。そのためにもこれからもっともっとがんばっていきます!

――2人にとって釣りは趣味であり、仕事であり、人生の一部なのだ。性別も年齢も関係ない。釣りは最高の遊びである。

いずみ 釣りは人生に素敵な時間を作ってくれます。

美咲 釣りのおかげでいろんな人と出会い、学べます。

PAGE TOP