夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

BEGINNER 入門・初級者向け解説

遠藤いずみ × 山口美咲 Enjoy フカセ釣り!

遠藤いずみ × 山口美咲 Enjoy フカセ釣り!
~実釣編①~

ツイート

遠藤 いずみ (えんどう いずみ)
関東をホームにフカセ釣りを愉しむ。シマノ磯フィールドテスター。

山口 美咲 (やまぐち みさき)
瀬戸内をホームにフカセ釣りを展開。トーナメントにも積極的に参戦。シマノ磯フィールドテスター。

遠藤いずみさんと山口美咲さん、関東・瀬戸内、異なるフィールドで活躍する女性アングラーが、夢磯倶楽部で共演!

難関だからこそ愉しい

 一緒に釣りをする機会がめったにない2人。せっかくなので、今回は可部島と宮島「須屋の渚」の2カ所で竿を出すことに。早朝に港を出て可部島に上がった。

釣行前夜のマキエ作り。気合入ってます。

事前情報を確認し合う。釣りはイメージが大切だ。

 宮島の西に浮かぶこの小さな島はチヌの実績が高く、ここ最近も釣果が上がっていたという。しかしけっこう難度の高い釣り場でもある。

 その理由は急激な地形変化とそこにびっしりと生える藻。チヌはこの藻際に着いているので釣果が期待できる。マキエでうまく沖へ誘うことができれば釣りやすいが、そうでないと藻際をタイトに攻めないといけない。さっそく2人で作戦会議。

美咲「藻際で掛けたら取り込みがかなり難しいってことですよね。燃えてきました」

いずみ「強引に浮かせる方法もあるけど、ハリ掛かりが浅いと怖いよね。サシエをうまく喰い込ませないとね」

釣り場で再度確認。感覚が近い2人なのだろう。少ない言葉で会話が展開していた。

水温低下中の広島湾、2人はチヌをどう仕留める?

喰い渋るチヌと真剣に向き合う

 可部島は2人を厳しく出迎えた。マキエで沖にポイントを作ってもチヌは出ていかない。それどころか、そこはエサトリだらけになる。2人は釣り座を移動しながら良さそうな場所を探していく。そのテンポがとても速い。このままいくと島を1周しそうな勢いだ。

開始早々にいずみさんの竿を曲げた1匹。これは止められるサイズではなかった。おそらくはコブダイ。

「燃えてきました。難しいほうが好きなんですよ」と美咲さん。

ここがダメならあそこはどうか?2人ともバッカンを持って歩くことをいとわない。

 こんな苦戦に2人ともしんどそう…かと思いきや愉しそう。どうやって釣ろうか?そんなアツい想いが伝わってくる。

 そして2人は藻際に仕掛けを当てるようにギリギリで流す、奥の手ともいうべき策でヒットにつなげてみせる。しかしチヌの喰いが浅くてハリ外れしたり、すぐ藻に突っ込まれて取り込めなかったりで、釣果を手にすることができない。

なかなか厳しい状況。美咲さんは誘いを入れたり藻際に仕掛けが掛からないギリギリを攻めたりした。

遠投でエサトリをかわしてみるが、チヌからの反応はなかった。この日は藻際から動かない感じだった。

 2人からはこの状況を打ち破りたい熱意がひしひしと伝わってきたが、12時ごろから風が強くなりだしたので釣り場移動をしてもらうことにした。

沖によい潮が流れたタイミングでヒット。
この日の初の獲物だ。

遠藤いずみさんのタックル

ロッド 鱗海アートレータ(1.2号530)
リール NEW BB-Xハイパーフォース SUTブレーキタイプ(3000DXXG S RIGHT)
ライン ナイロンライン(2号)
ハリス フロロカーボン(1.7号)
ハリ チヌバリ(1~2号)
その他 ウキ止め、シモリ玉、円錐ウキ0~B、ファイアブラッド ナビストッパー、ガン玉B(ウキがBのとき)、ガン玉G5、G5

山口美咲さんのタックル

ロッド 鱗海スペシャル 06号 530
リール NEW BB-Xハイパーフォース SUTブレーキタイプ(2500DXXG S LEFT)
ライン ナイロンライン(1.7号)
ハリス フロロカーボン(1.5号)
ハリ チヌバリ(2号)
その他 ウキ止め、円錐ウキ00号、ウキストッパー 、ガン玉G5~G2(風の強さで調整)、ガン玉G5

ウェアは偶然ホワイトとレッドにわかれた。「打ち合わせしたんですか?」の問いには当然ながらNO。お互い「なんとなく、そうくるかも」と思ったのだとか。

PAGE TOP