夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

平和卓也×NEW BB-X DESPINA TYPE-G(ローギアモデル) 熱釣インプレッション

圧倒的な巻上力を誇るTYPE-G
限界ギリギリの大勝負で魚の動きを制御する

長く信頼できるHAGANEギアとコアプロテクト

長く信頼できるHAGANEギアとコアプロテクト

BB-X DESPINAがリニューアルされました。最大の特長は、全てのアイテムがHAGANEギアに変わったということ。HAGANEギアは、シマノのアルミ冷間鍛造技術により強度と耐久性が格段に上がっています。だから初期性能が長続きします。次にコアプロテクト。ラインローラー部やボディ部の防水性能がこれまで以上に上がっています。この二つは、長く信頼を裏切らない、ほんとに大切な相棒として一緒に戦っていくための必須機能だと思います。僕も実際の釣りでいろいろな魚とやり取りして、十分なパワーを実感しました。しっかり力があって、耐久性もあるので、ぜひ手にとってもらえればと思います。

尾長やマダイ狙いならTYPE-Gが武器に

尾長やマダイ狙いならTYPE-Gが武器に

リールには、HG(ハイギア)やXG(エキストラギア)など様々なギア比のモデルがあります。その中にTYPE-GというHGやXGとは真逆の性能を持つものがあり、新しいBB-X DESPINAにもTYPE-Gがラインナップされています。TYPE-Gの「G」はゴリ巻きの「G」。要は力強く巻けるということです。巻き上げスピードは、速巻きモデルと比べると相当ゆっくりな感覚です。しかし、TYPE-Gの魅力は、圧倒的な巻き上げの強さ、巻きの軽さなんです。僕が釣りをするうえで、TYPE-Gを使うのは巻上げ力がほしいとき。尾長グレやマダイなど大物を狙うときは、TYPE-Gの巻き上げの強さが武器になります。いい魚を掛けて必死に耐え、限界がきたときにあと一巻きできたり、リールで魚の動きを制御するというか、走る向きを変えられたりします。竿にできないことをリールの巻き上げの力でできる、これがTYPE-Gの一番の魅力だと思います。

中型魚に方向転換する隙を与えない

中型魚に方向転換する隙を与えない

中型の数釣りで早く取り込みたいときも、TYPE-Gが高い能力を発揮します。掛けてから急いで寄せようとしたとき、ポンピングするのが一般的ですが、TYPE-Gだと竿を曲げたままリールでグリグリ巻き寄せられます。魚はすごい力で引っ張られるので、方向転換する余裕がありません。この巻き上げの力は、ローギアのリールにしかないものです。これからは、ギア比にも注目してLBリールを選んでもらえれば、またひとつ楽しみや感動が増えて、夢の魚に出合えるんじゃないかと思います。

PAGE TOP