夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

平和卓也 × BB-X TECHNIUM SUTブレーキタイプ 熱釣インプレッション

逆転時にハンドルが回らないLBリールの大革命
使い込むほどにやり取りや仕掛け操作の優位性を実感

オープンベールのようにラインが出せる

オープンベールのようにラインが出せる

僕がもっとも多用しているLBリール、それがBB-X TECHNIUM SUTブレーキタイプです。発売以来、各地の釣り場で魚とやり取りしてきて、このリールの良さを実感しているので、改めてその魅力をお伝えしたいと思います。最大の特長は、やはりローターの逆転時にハンドルが回らないこと。SUTブレーキによって、ローター逆転時のハンドルの逆回転に関わる重さがなくなり、オープンベールのようなノーテンションに近い状態でラインが出せて、魚が暴れづらくなりました。またガンと引っ張られて、フワッとテンションが抜けたときに、さらに反転して引っ張るような動きもなくなりました。

ロッドを立てる動作が圧倒的に早くなった

ロッドを立てる動作が圧倒的に早くなった

このほか、特に僕がメリットとして感じているのは、やり取り時の体勢の立て直しの早さですね。ハンドルが逆転せず、ラインを放出し始めた瞬間から軽いので、魚に突っ込まれて危ないときに、ロッドを立てる動作が圧倒的に早くなりました。いい魚が掛かったとき、ロッドをのされることが一番危ない。ロッドは曲がっているからこそ魚の引きを吸収し、ラインを守ってくれます。危険を回避したいとき、SUTブレーキの逆転の速さによって、釣り人がロッドの角度を立て直し、もう一度有利な体勢にもっていけること、これがSUTブレーキの良さですね。

ショートなブレーキ操作でロッド角度を有利に

ショートなブレーキ操作でロッド角度を有利に

立て直しが早いと同時に、小刻みにロッドを角度調節できること、これも新たな世界です。これまでのハンドルが逆転するノーマルブレーキタイプでは、ショートに出す、止める動作ができませんでした。それがSUTブレーキのお陰で、短く切るようなブレーキ操作で、ロッドを有利な角度にもっていくようなやり取りが可能になりました。これも僕がメリットを実感していることです。使い慣れるほどに、自分へのアドバンテージがどんどん高まっていく気がします。SUTブレーキは、LBリールの大革命だと自信をもってお勧めできます。

仕掛けの細かな作業でリズムがうまれた

仕掛けの細かな作業でリズムがうまれた

魚を掛けたとき以外の使用感も、リズムがうまれて優位性を感じています。ハリを結び替えるとき、ラインが張り過ぎてちょっと出したいときに、ローターが軽い力で逆転してくれます。フカセ釣りは、仕掛けの微調整、ラインテンションを変えるなど、すごく細かな作業が多い釣りでもあるので、釣りをしていくうえでとても便利に感じます。ラインを巻き取るときも、ハンドルを自転車のペダルのように小さく漕ぐことで回収することができます。これもSUTブレーキタイプにしかできないことです。

ローターの惰性でウキが適度な位置で止まる

ローターの惰性でウキが適度な位置で止まる

ラインを回収するとき、ローターが惰性で回りすぎて、ウキが穂先に当たるんじゃないかという不安がよぎると思いますが、これはまったく起こらないです。ラインの先に小さなウキがあるだけで、その重さで止まります。そのぐらいしっかり調整して仕上げたリールです。これまでのリールと同じように操作して、惰性でウキが穂先に当たったことは一度もありません。慣れてくれば、ウキや穂先を見ずとも、ハリスを手に取って、ハリを持ってコンッてハンドルを漕げば、ちょうどいいところで止まってくれます。これらが相まって、SUTブレーキタイプならではの新しいやり取りや釣りスタイルが味わえるはずなので、是非一度手に取っていただきたいです。

PAGE TOP