夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

日置 淳 × 『ボーダレス』

日置 淳 × 『ボーダレス』 キスの引き釣り 「フラットフィッシュゲーム」編 その①

今回、日置さんが『ボーダレス』を携えて狙うのはキス、そしてヒラメやマゴチなど「フラットフィッシュ」。タックルひとつでエサとルアーの垣根を越えるだけでなく、投げ釣り名手の経験と視点がルアーフィッシングとリンク。まさに『ボーダレス』なスタイルを紹介してくれた。

愉しみ方の違い

キスの引き釣りをしていると、ヒットしたキスにヒラメやマゴチ、エソなどのフィッシュイーターが喰いついてくることがある。 しかし、そのまま取り込めることはまれ。ハリ掛かりしにくいし、掛かってもハリスごと切られてしまうのだと日置さん。

「誰しも思いますよね。こんなときにルアーを投げれば…って。でも『キススペシャル』をはじめとした投げ竿ではルアーを思ったように投げられないですし、うまく操作もできません。じゃあ逆にフラットフィッシュ用ルアーロッド『ネッサ』でキス釣りということになると、『キススペシャル』のような飛距離は出せないですし、多バリ仕掛けも使えません。やはり専用ロッドはその釣りに特化しているものです。そんな合間を埋めてくれるのが『ボーダレス』のキャスティングシリーズ(振出キャスティング仕様 / 並継キャスティング仕様)なんです」

日置さんはこんな話もしてくれた。キス釣りは自分の人生をかけて突き詰めていくものなので、そんなときは『キススペシャル』でストイックに釣りをする。
でもそれとは違った感覚でライトに釣りを愉しみたいときもある。キス釣り合間のフラットフィッシュ狙いは、まさにそんな釣りなのだと。そんなときに『ボーダレス』のキャスティングシリーズが最適というわけだ。

これもキス釣りの最中に掛かってきたマゴチ。キスの多い場所にはフィッシュイーターありだ。

「私は『ボーダレス(振出キャスティング仕様 / 並継キャスティング仕様)』で5本バリまでの仕掛けと18 号のオモリを使って、100m圏内の引き釣りをしています。リーダーの先にはスナップを結んでいるので、天秤をルアーに替えるだけでフラットフィッシュ狙いに切り替えられるんですよ」

タックル一式はそのままにして、天秤をルアーに替えるだけ。エサ釣りからルアーフィッシングへすぐシフト。まさにボーダレス。 また日置さんはタックルだけではなく、投げ釣り師である自分の視点や経験がフラットフィッシュ攻略に役立つことがあるのだと教えてくれた。

これはメタルジグで仕留めた1匹。「いまなら喰う!」という確信のもとで釣った1匹。

引き釣りでフラットフィッシュとの遭遇率を高める

キスの引き釣りは海底で仕掛けを引きずりながら、キスの居場所を探しつつ釣っていく。この釣り方は、底生魚であるフラットフィッシュの攻略にも役立つのだと日置さん。
「オモリで底を引くので地形変化がまるわかりなんです。ここはカケアガリだとか、ヨブが続くとか、すり鉢状態になっているとか。 そういった場所にはフラットフィッシュが潜んでいる可能性が高いです」

もうひとつ、キスの居場所を探し当てられること。フラットフィッシュはエサを求めているのでエサが多い場所に姿を現す。地形変化と合わせてフラットフィッシュが喰ってくる場所を絞り込みやすいというわけだ。

「ここは釣れそう!」と思ってルアーを投げるほうが愉しいし、実際釣れると日置さん

「これはフラットフィッシュへの近道ですね。キス釣りをしていると、実際にフラットフィッシュの気配を感じることがあります。そしてルアーに切り替えて釣ったことは過去に何度もありました。フラットフィッシュを釣りたい!というビギナーの方にも、ぜひチャレンジしてほしいですね」

サーフでキスを追うのはフラットフィッシュだけではない。シーバスだって回遊している。

そしてキスを釣ることでフラットフィッシュたちのエサとなっているキスの大きさが的確に分かるので、ルアーを選択しやすくなるという。

キスを釣ればベイトのサイズがわかる!

「たとえば20㎝に迫るサイズが釣れるような場所なら、13㎝のミノーを投げます。10㎝にも満たない、いわゆる『ピンギス』なら、7㎝クラスのメタルジグを投げてみるなどしています。ルアーをエサの大きさに合わせるのは、過去の釣果を振り返ってもやはり効果がありますね」

釣れたキスのサイズに合わせてフラットフィッシュにうまくアピールできるルアーを選ぶ。キス釣りを活かした攻め方だ。

PAGE TOP