夢磯倶楽部 防波堤にときめく。磯にたかぶる。

PROFESSIONAL 中・上級者向け解説

日置 淳 × 『ボーダレス』

日置 淳 × 『ボーダレス』 ヤエンで愉しむアオリイカ 実釣編

愛媛県で実釣

 アオリイカを狙って日置さんが釣行したのは愛媛県愛南町の西海一帯。周辺は黒潮の影響をダイレクトに受けるため、1年を通して水温が高いのが特徴でアオリイカの魚影が濃いフィールドだ。

 午前11時過ぎ、日置さんは気軽にエントリーできる地磯に入釣。釣り場一帯の水深は浅くて海底の地形が丸見え。ただ、所々にアオリイカが着きそうなシモリや海藻帯が点在している。
「日中にこのようなシャローを回遊するアオリイカはエサを捕食しにくる活性の高い個体のはず。いれば必ず反応してくれるはずですよ」

 そう言いながら日置さんはアジにラインを結んで投入。アジの動きが安定したところで糸フケを取って竿受けにタックルをセットし、ドラグを緩めてアオリイカからのアタリを待った。

 アタリがあったのは竿を出して1時間ほど経った頃だった。「ジッーーー、ジッーーー!」と豪快にラインを引きずり出すアタリに良型を確信!走りが止まったところで慎重にポンピングで寄せてヤエンを投入するも、岸寄りのシャロー(シモリ多発地帯)に走られて無念のバラシ。
「ストロークの長さから2㎏くらいはあったと思うんですが…。障害物が点在するシャローは足元から水深がある釣り場と比べて難易度がグッと上がりますね。でも難しいぶん獲ったときの歓びは大きいですよね」と、この状況を愉しんでいる様子の日置さん。

 気を取り直して釣りを再開すると、すぐにアタリが出た。今度はアオリイカを沖側に誘導しつつ、しっかり浮かせてからヤエンを投入。竿を立ててヤエンを送り込んでいき、アオリイカに到達した頃合いを見計らって大きくアワセを入れると、『ボーダレス』がきれいな弧を描いた。
「掛かりましたよ。何度味わってもこの独特の引きは愉しいですね」

 ファイトを存分に愉しんでキャッチしたのは、800gクラスの良型。『A-RBラインローラーヤエン跳ね上げ式』ががっつりとフッキングしていた。

 その後、シモリや藻場に邪魔されて掛け損なう場面が何度かあったが、同サイズのアオリイカを追加。
「これから夏にかけて各地でアオリイカが好期を迎えます。釣果を期待するならマズメを絡めた夜間が圧倒的に有利ですが、初めて挑戦するなら視界がよくて釣りやすい日中がおすすめです。ぜひ、今シーズンは2kg、いや3kgオーバーの大型を狙ってヤエンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか」

釣り場一帯の水深は浅く、所々にシモリや藻場が点在。日中にこういったポイントに回遊してくるアオリイカは活性が高いはず!

ファーストヒットは2kgオーバーらしき大型だったが、シモリが点在する岸寄りのシャローに走られて逃げられてしまった。

アオリイカを寄せた後、ラインを取ってヤエンをセットする日置さん。

ヤエン投入後、ポンピングでヤエンを送り込んでいく。このときが最高にワクワクする瞬間だ。

タイミングを見計らってアワセを入れると、『ボーダレス420ML-T』が大きく曲がった!

日置さんコメント
この竿はパワーがあるので、良型のアオリイカ相手でも余裕を持ったやり取りができますよ。

やり取りを存分に愉しんでアオリイカをキャッチ!

スリリングな攻防を征し、良型のアオリイカをゲット。

その後、同サイズを追加。

日置さんコメント
海釣りのオールラウンドロッド『ボーダレス』。いいでしょ?「アレも釣りたい、コレも釣りたい」という私みたいな欲張りアングラーにピッタリのロッドだと思います。1タックルでいろんな釣りを愉しみましょう。

実釣場所が青物やヒラスズキの魚影が濃い愛媛県の南部ということで、キャスティング仕様の『ボーダレス』も持参した日置さん。どちらも新製品『ボーダレス(キャスティング仕様)』の「325H5-T」「345H5-T」。「ルアーロッドでもあり、投げ竿でもある」をコンセプトに開発されたキャスティングに特化させた振出ロッドだ。ただ、残念ながら取材当日は出番なし。これらを使っての釣りも紹介予定。乞うご期待!

釣り上げたアオリイカは『Sephia スライドイカシメ』できっちり締めておいしさをキープ。

PAGE TOP