タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

MASATAKA YUKAWA

湯川 マサタカ

和歌山県紀伊半島をホームに活躍するエギングエキスパート。日中をメインにボトムを丁寧に探る釣りを得意とする。釣り場を見抜く洞察力も鋭く、反応がなければ1投で見切るほどの攻撃的なスタイルも持ち味だ。’16年末からシマノインストラクターに仲間入り。

CI4+ボディ&ハンドルにNEWマグナムライトローターを搭載し軽さと強さがさらに進化

「セフィアCI4+はもともと軽い。新型はボディだけでなくハンドルにも、軽くて剛性の高いCI4+を採用して軽量化を追求。軽さは感度アップにつながるし、ロッドとバランスが取れていれば操作性も上がります。さらに新型は、HAGANEギアはもちろん、さらにNEWマグナムライトローターを搭載して強さと軽さを兼ね備えています。ドラグが鳴るくらい強いシャクリをしたり、海のライトゲームのどの釣りよりもリールを酷使するけど、滑らかな巻きごこちが維持できますし、巻き出しが軽い。コアプロテクトで防水性が上がっているのも安心感がありますね」。

NEW セフィア CI4+[SEPHIA CI4+]

湯川マサタカとNEW セフィア CI4+

NEW セフィア エクスチューン[Sephia XTUNE]

NEW セフィア エクスチューン[Sephia XTUNE]

使用モデル1

S804L+

ティップのフィーリングは?

「ソフチューブトップでしなやか高感度。潮の重さや流れの変化がわかりやすいです。あとティップ部にXガイドを搭載して、糸絡みがほぼないのも良いですね。小径ですけど、リーダーの結び目を巻き込んでも糸抜けが良いので、飛距離に影響せずに良く飛びます」。

「効率良くシャクれる強さも感じます。ライン絡みなどトラブルが少ないのも良い」。

セフィアXTUNE S804L+のプロトは、手にした瞬間、まず軽さを感じました。NEWセフィアCI4+C3000Sとバランスが良く、操作性は抜群で感度も良いです。長さは8フィート4インチで取り回しやすく、ある程度足場の高い堤防や磯など幅広い釣り場に対応します」。

対応エギは?

「3.5号がメインです。L+でも3.5号がしっかりシャクれる。これはスパイラルXとハイパワーXの恩恵ですね。強い負荷がかかってもブランクスがネジレや潰れに強く、パワーロスを抑えるから少ない力で効率良くシャクれます。デカイカをのせてグンッと走られても、釣り人が主導権を握りながら引きを受け止めるタメのパワーも持っています」。

セフィア 4X4 3.8FS/3.8FSR/3.8DFR[Sephia 4X4]

使用モデル1

Sephia EGIXILE 4×4 3.8FS

「冬や春など大型イカを狙いにいくときは3.8号を使います。大きめのエギのわりにはフォールスピードは速めで、ディープのボトムに入れやすい。4号は大きくて使いにくいという人にもちょうど良いサイズです」。

セフィア 4X4 3.8FS/3.8FSR/3.8DFR[Sephia 4X4]

使用モデル1

Sephia EGIXILE 4×4
Tune Loudness 3.5号

「エギザイルラトルより若干フォールが速く、ラトルでは攻めにくい速い流れや水深で使います。速いフォールを利用して、シャローをランガンで撃ち回って活性の高いイカを拾う、テンポの早い釣りをするときにも効果的です」。

セフィア 4X4 3.8FS/3.8FSR/3.8DFR[Sephia 4X4]

使用モデル1

Sephia EGIXILE Rattle 3.5NR

「基準として最初に使うことが多いのがエギザイルラトルの3.5号です。ボディが太めで水を受けやすく、ラインを張り気味にフォールすれば姿勢を安定させやすく、ゆっくり沈む。しっかり抱かせやすいエギです」。

ミッションコンプリートEX8 0.6号

使用モデル1

ミッションコンプリートEX8 0.6号

「細くて強くてラインメンディングしやすいのが良いですね」

「エギングで使うラインで一番重要なのは、細くて強いこと。ミッションコンプリートは、とにかく強いです。滑らかでガイド抜けも良くて飛距離も出ます。あと、しなやかで細いラインほどラインメンディングがしにくいんですけど、ミッションコンプリートは、風に吹かれてもラインメンディングがしやすいですね。風が強めのときや深場を狙うときは、0.5号も使います」。