タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

MASATAKA YUKAWA

湯川 マサタカ

和歌山県紀伊半島をホームに活躍するエギングエキスパート。日中をメインにボトムを丁寧に探る釣りを得意とする。釣り場を見抜く洞察力も鋭く、反応がなければ1投で見切るほどの攻撃的なスタイルも持ち味だ。’16年末からシマノインストラクターに仲間入り。

巻くだけでは飽きてしまう僕にとって、鯛ラバの楽しみ方を変えてくれたリール。

鯛ラバでは基本、ロッドでアクションをつけることはありませんが、僕は普段エギングをやっているのでリールを巻くだけだと飽きてしまう。そんな僕にとって、フォールスピードを調節できるということはアクションを付けているのと同じこと。楽しみが一気に増えた感じですね。フォールレバーの操作を自分なりに考えてフォールスピードをコントロールしたり、カウンターに表示される水深を見てボトム付近でスピードを落としたり。常に魚が鯛ラバを見ている、ついてきていると想像しながら釣りをするのはワクワクしますよね。炎月プレミアムはそういうモチベーションをかきたててくれるリールです。

炎月プレミアム

湯川マサタカ

炎月リミテッド

湯川マサタカ

潮の変化を感じ取りやすく、大鯛がヒットしても、ノサれない。

エギングでも鯛ラバでも、ロッドに感じる抵抗が重くなった時に釣れる傾向がありますよね。それは潮が効いているということで、僕はそこを丁寧に探るようにしていますが、炎月リミテッドはそうした潮流の変化を敏感に拾ってくれるため、その感覚が分かりやすいですね。また実際にデカい真鯛も掛けてみて、Xシート エクストリームガングリップの凄さも実感しました。なにしろ楽。全然ノサれない。水深100mでも余裕で巻いてこられました。それでいて真鯛の引きは十分に楽しめるのだから言うことなし。グリップがガッチリ決まるおかげで丸一日の釣りにも肘から手首にかけての負担が軽いことも嬉しいですね。

CI4+ボディ&ハンドルにNEWマグナムライトローターを搭載し軽さと強さがさらに進化

「セフィアCI4+はもともと軽い。新型はボディだけでなくハンドルにも、軽くて剛性の高いCI4+を採用して軽量化を追求。軽さは感度アップにつながるし、ロッドとバランスが取れていれば操作性も上がります。さらに新型は、HAGANEギアはもちろん、さらにNEWマグナムライトローターを搭載して強さと軽さを兼ね備えています。ドラグが鳴るくらい強いシャクリをしたり、海のライトゲームのどの釣りよりもリールを酷使するけど、滑らかな巻きごこちが維持できますし、巻き出しが軽い。コアプロテクトで防水性が上がっているのも安心感がありますね」。

NEW セフィア CI4+[SEPHIA CI4+]

湯川マサタカとNEW セフィア CI4+

NEW セフィア エクスチューン[Sephia XTUNE]

NEW セフィア エクスチューン[Sephia XTUNE]

使用モデル1

S804L+

ティップのフィーリングは?

「ソフチューブトップでしなやか高感度。潮の重さや流れの変化がわかりやすいです。あとティップ部にXガイドを搭載して、糸絡みがほぼないのも良いですね。小径ですけど、リーダーの結び目を巻き込んでも糸抜けが良いので、飛距離に影響せずに良く飛びます」。

「効率良くシャクれる強さも感じます。ライン絡みなどトラブルが少ないのも良い」。

セフィアXTUNE S804L+のプロトは、手にした瞬間、まず軽さを感じました。NEWセフィアCI4+C3000Sとバランスが良く、操作性は抜群で感度も良いです。長さは8フィート4インチで取り回しやすく、ある程度足場の高い堤防や磯など幅広い釣り場に対応します」。

対応エギは?

「3.5号がメインです。L+でも3.5号がしっかりシャクれる。これはスパイラルXとハイパワーXの恩恵ですね。強い負荷がかかってもブランクスがネジレや潰れに強く、パワーロスを抑えるから少ない力で効率良くシャクれます。デカイカをのせてグンッと走られても、釣り人が主導権を握りながら引きを受け止めるタメのパワーも持っています」。

パワーはしなやかさと強さを併せ持つ“L+”

「ティップはソフチューブトップでLクラスのしなやかさだけど、ベリーからバットはMLクラスの強さを持たせてあるから“L+”。シャクリでムチのようにしなるけど、2kgオーバーを難なく獲れるパワーを備えています」

6月に発売予定のセフィアエクスチューンS804L+は、現在、湯川さんがメインに使用しているロッドだ。
「S804L+は、いくら話しても話し足りないくらい(笑)。キャスティング用のエギングロッドにソフチューブトップが搭載されたモデルで、ソリッドティップ並みにしなやかで、チューブラーのように高感度です」
その狙いは?
「ティップはしなやかでシャクるとムチのようにしなり、ベリーからバットは適度に張りを持たせてあるから、シャクったときに潮の重みをしっかり感じることができます。潮を重く感じたら、これは釣れそう! わかります」
水中を察知する感度が優れる?
「はい。潮の状態を感知しやすいということは、イカのアタリもわかりやすいです。ティップは軟らかいですけど、軽量なXガイドと2つのXの効果で、シャクった後にボヨヨーンッとブレずにピタッと止まる。そこも使っていて、すごいと感じるところです」
しなやかだけどシャープで高感度という使い心地?
「はい。イカがより釣りやすいロッドです。そこが僕のエギングの楽しみ方の根底につながります」
楽しみ方の根底というのは?
「サイズに関係なく、イカの引きを楽しむこと。イカがたくさん釣れれば、それだけ引きが楽しめます。S804L+はエギングの楽しさを倍増してくれるロッドです」

ピットブル 8

使いやすい!

「バランスが凄く良いラインなんですよ。しなやかで強い!エギングってラインには過酷で、バシバシとシャクるし、ボトムも攻める。耐衝撃性が絶対、必要なんです。『ピットブル8』は根掛かりでリーダーから切れてくる。充分、強いですね。一方、エギを馴染ませたり、姿勢をコントロールするには、繊細な操作感がいるんですよ。その点も文句なしですね」