タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

JUN TOMIDOKORO

富所 潤

幼少時から投げ釣りなどにのめり込む。現在はアオリイカをはじめ、その他のツツイカ系を含めたライトタックルゲームに没頭。アングラーが、楽しい、面白いと思えるような釣り情報を発信し続けている。整形外科医の顔を持つため"イカ先生"と呼ばれる。

セフィア エクスチューン ティップエギング[Sephia XTUNE TIP EGING]

目感度を高めるために、軽量化という設計思想が全身に貫かれている。

ティップエギングに挑戦したが、アタリが分からない。そんな経験をしたアングラーは多いと思う。ボートから引っぱっているエギにアオリイカが触れることで、ラインのテンションが抜け、ほんのわずかに穂先が戻る変化を見極めるのがこの釣りであり、それは目感度の低い竿であればほとんど見逃してしまう程度の小さな変化だ。Sephia XTUNE TIP EGINGは、この穂先の変化を感知するために、まずロッド全体に「軽さ」を求めている。ブランクスをはじめガイド、リールシートの軽さはもちろん、カーボンモノコックグリップを搭載することでシャクった時の軽さ、感性レベルでの軽さを実現している。軽さは感度だけでなく、シャクリやステイなどロッドの操作にも直結する。Sephia XTUNE TIP EGINGは軽さからくる絶妙なバランス設計で、私のようにロッド全体を大きくしならせてシャクっても疲れにくいし、アタリ即合わせで気持ちよく掛けていける。また、ティップセクションは極小アタリを逃さない超しなやかソリッド穂先「タフテックα」を採用し、白塗り赤スレッド仕様とすることで視認性が高い。リールシートも手が当たる部分に段差がなくて握りやすいし、一日釣りをしても痛くなりにくいので、ガンガンシャクるスタイルにはありがたい。

 

セフィア エクスチューン メタルスッテ[Sephia SS METAL SUTTE]

探って、誘って、掛ける。メタルスッテゲームを極めるためのロッドだ。

Sephia XTUNE METAL SUTTEは、メタルスッテゲームに求められる基本性能「軽さ」「操作性」「アタリの感知」が、他のモデルと比べて3ランクはアップしているように思える。まず手に取った瞬間にその「軽さ」を感じてもらえるはずで、さらに可能であればリールを付けた状態でもその軽さを体感してもらいたい。重心が手元にくるゼロバランス設計で持ち重り感がなく、仕掛けの操作性もよく一日シャクっても疲れない。新採用のXガイドも、糸抜けがよくガイド絡みがないので操作性を妨げることがない。なぜ操作性と軽さを求めるかというと、メタルスッテゲームは誘い重視の釣りで、イカがいるタナ(層)を探って行く釣りだからだ。わずか数メートルのタナの違いが釣果に影響する釣りであり、そこに難しさと面白さがある。感度の高さはもちろん重要だが、Sephia XTUNE METAL SUTTEはティップに極小アタリを逃さない超しなやかソリッド穂先「タフテックα」を採用し、白塗り赤スレッド仕様とすることで夜間でもはっきりとアタリを拾うことができる。ブランクスの調子としてはベリーまでしなやかに曲がる掛け重視なので、誘って掛ける醍醐味を存分に堪能でき、これぞメタルスッテゲーム専用ロッドと言える仕上がりになっている。

 

フォール主体のメタルスッテゲームと、レバーブレーキの相性はかなりいい!

「メタルスッテゲームにレバーブレーキ、これがかなり使えます!仕掛けをフォールさせたい時にベールを返す必要がなく、指先のレバー操作だけでフォールをコントロールできるので、より積極的に細かくタナを探れます。まるでベイトリールでクラッチを切る感覚ですね。『エクスセンスLB C2000MDH』の軽量コンパクトなサイズも、メタルスッテ用ロッド自体が軽量でショートなので、とてもタックルバランスがいいです。ローギアは重めのスッテを使用しても巻きストレスがありません。レバーブレーキのリールは操作に少し慣れが必要ですが、一度慣れてしまうとメリットが多く使いやすい。スプール交換がカンタンにできるところも気に入ってます」

エクスセンスLB C2000MDH[EXSENCE LB]

底取りがしやすく、引き抵抗も軽い。ストレスのない専用エギ。

「『セフィアアントラージュ』は、フォールが早く、底取りのしやすさを重視しています。底取りができないとエギが行方不明になり、ラインもどんどん出されて、もう何をしているか分からなくなってしまうので(笑)独自のシンカー形状とフォール姿勢で、着底時ラインがぴたっと止まり、明確に着底を感知できます。次に引き抵抗の軽さです。重さのあるエギを一日中シャクルので、引き抵抗が重いと辛くて釣りに集中できません。さらに、引き抵抗の軽さはフッキングのしやすさにも直結します。僕の場合、フッキングはイカを"掛ける"というよりエギをイカに"当てる"という感じなので、このエギはフッキングのしやすさでも素晴らしい仕上がりです」

セフィア アントラージュ[Sephia Entourage]

夜間の視認性と、潮馴染みのよさ。繊細なボートゲームにも適したラインです。

「『セフィアG5 PE』は、新しい5本撚りの工法と素材によって、比重が1.25~1.43という高比重になっています。比重が高いため、風に強く、ラインスラッグがとてもコントロールしやすいです。また、水中でも底が取りやすく、潮に流されにくいのが特徴です。潮馴染みがいいので、しっかりダイレクトなシャクリを感じてもらえると思います。使用頻度の高い40m~50mはライムグリーン、オレンジの配色がされており、夜間も視認性が高いので、ボートエギングで重要な目感度も高まります」

セフィア G5 PE[Sephia G5 PE]

セフィア G5 PE[Sephia G5 PE]

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV