タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

JUN TOMIDOKORO

富所 潤

幼少時から投げ釣りなどにのめり込む。現在はアオリイカをはじめ、その他のツツイカ系を含めたライトタックルゲームに没頭。アングラーが、楽しい、面白いと思えるような釣り情報を発信し続けている。整形外科医の顔を持つため"イカ先生"と呼ばれる。

炎月リミテッド

富所 潤

アワセが決まり、力負けしない。長時間の釣りでも疲れないグリップ。

炎月リミテッドはスパイラルXコアXガイドの搭載で、ブランクスそのものの能力も高いのですが、それをフルに引き出しているのがXシート エクストリームガングリップです。通常ベイトロッドのグリップは、人さし指、中指など2点もしくは3点で支えることになり、それぞれに力が掛かってマメになったり、痛くなったりするものですが、このガングリップはグリップ全体を手のひらで包み込むため当たるところがなく、長時間の釣りでも疲れません。またアワセもそのまま行えるので力が逃げず、ガッチリ決まる。ヒット後のファイトでも手首が負けないため、大型の真鯛がきても余力を残してやり取りができます。

今までできなかった等速フォールを実現。タッチ&ゴーに備えた微調整も有効だ。

鯛ラバゲームではフォール、巻上げと同じくらい意識しているのがタッチ&ゴー。それをより効果的に行うため、テストでは着底直前でフォールスピードを一段落としてタッチ&ゴーに備えましたが、そんなことができるのも、炎月プレミアムのフォールレバーの効果です。フォールスピードは潮になじませることを念頭に、今まではサミングで調整していましたが、等速で沈めることはほぼ不可能。それをフォールレバーが可能にしてくれました。また、レベルワインドとスプールの連動も重要なポイント。一定速度のフォールとドラグのスムーズな作動を可能にし、ゲームの精度を高めてくれます。

炎月プレミアム

富所 潤

「コロコロスッテは1投目の最有力候補」

セフィアの新スッテシリーズ『コロコロスッテ』。このアイテムの特徴を教えてください。

「端的に言えば、極めてベーシック。使い勝手の良さを追求したスタンダードモデルですね。既存のラインナップとしては、沈下スピードの速さにこだわった『イケイケスッテTG』、スライドアクションを得意とし、ドロッパー装着時に水平姿勢でフォールする『ノリノリスッテ』があります。『コロコロスッテ』のフォールスピードは、両モデルの中間的な位置付けです」

どのようなシチュエーションで投入するスッテでしょうか?

「ポイントに到着してから最初に状況を把握するための“パイロットスッテ”として使用するのが基本です。イカの活性や当たりレンジを察知するために、スタート時は様々なアプローチを試す必要があります。バーサタイルに扱える『コロコロスッテ』は、レンジや誘い方を問わずポテンシャルを発揮してくれますよ」

コンパクトなボディも特徴のひとつ。狙いを教えてください。

「小さく見せることにより、小型のイカを狙う際や低活性時の乗りの良さがアップ。潮を受け過ぎないので、深場や潮の速いエリアでもディープをスムーズに攻めることが可能になりました。ヘッド後方のみが発光する仕様のため、よりシルエットを小さく魅せられる点も特徴です」

セフィア コロコロスッテ

富所 潤

高感度かつソフトで滑らか

「『タナトル』の魅力は、その圧倒的なまでのコストパフォーマンス。使い勝手も良く、高感度にもかかわらずしなやかで扱いやすい点も長所です。
メタルスッテゲームには8本編の0.6号をメインに使用します」

タナトル 8

富所 潤

セフィア エクスチューン ティップエギング[Sephia XTUNE TIP EGING]

目感度を高めるために、軽量化という設計思想が全身に貫かれている。

ティップエギングに挑戦したが、アタリが分からない。そんな経験をしたアングラーは多いと思う。ボートから引っぱっているエギにアオリイカが触れることで、ラインのテンションが抜け、ほんのわずかに穂先が戻る変化を見極めるのがこの釣りであり、それは目感度の低い竿であればほとんど見逃してしまう程度の小さな変化だ。Sephia XTUNE TIP EGINGは、この穂先の変化を感知するために、まずロッド全体に「軽さ」を求めている。ブランクスをはじめガイド、リールシートの軽さはもちろん、カーボンモノコックグリップを搭載することでシャクった時の軽さ、感性レベルでの軽さを実現している。軽さは感度だけでなく、シャクリやステイなどロッドの操作にも直結する。Sephia XTUNE TIP EGINGは軽さからくる絶妙なバランス設計で、私のようにロッド全体を大きくしならせてシャクっても疲れにくいし、アタリ即合わせで気持ちよく掛けていける。また、ティップセクションは極小アタリを逃さない超しなやかソリッド穂先「タフテックα」を採用し、白塗り赤スレッド仕様とすることで視認性が高い。リールシートも手が当たる部分に段差がなくて握りやすいし、一日釣りをしても痛くなりにくいので、ガンガンシャクるスタイルにはありがたい。

 

セフィア エクスチューン ティップエギング[Sephia XTUNE TIP EGING]S610L-S

S610L-S

アオリイカの気配を増幅
してくれるロッドです

 

イカの接近を“ゆれアタリ”で視覚化
水深25mまでの浅場が主戦場

セフィアエクスチューンティップエギングS610L-Sは、浅場に向くんですか?

「ティップエギングは、底がしっかりとれる範囲でエギは軽いほうが根がかりが減るし、繊細な釣りができますからね。僕がS610L-Sのメインステージとして想定しているのは、水深25mまでのシャローエリアで、アントラージュS0、S1を軽快かつ自分好みのアクションで操作できます」

自分好みの、というのは?

「ロッドがムチのようにしなるので、カンカンッと金属的なダートというより、ピョンピョンッと跳ねさせられる。とてもシャクリやすくて、ティップはしなやかなカーボンソリッドのタフテックαだから、イカがエギの後ろについたぞ! と視覚でとらえることもできます」

アオリイカの接近をアタリが出る前に感知できるんですか?

「そうです。イカがエギに近づくと水流が乱れてティップが揺れます。それが“ゆれアタリ”です。アオリイカの気配を増幅してくれるロッドで、あっ、イカがついた。くるぞ!とアタリをとってかけるティップエギングの醍醐味が味わえます」

 

Sephia XTUNE TIP EGING
S610L-Sが有効なシチュエーション

「S610L-Sは、Sephia XTUNE TIP EGINGシリーズの中で最もライトなモデルで、使う機会が多いのは水深25m以浅のシャローエリアです。それに付随して朝夕マヅメの岸寄りの浅場攻略や、イカのアベレージサイズが小さい秋にも活躍します。潮の流れが緩ければ水深30mを超えてもしっかりシャクれて、繊細なアタリをとって、かけることができます」

 

Sephia XTUNE TIP EGING
3モデルで全レンジ制覇!

「S700ML-Sは、水深30~40mを中心にシャローもディープも攻略できるオールマイティなモデル。S605M-Sはベリーからバットにパワーがあって、水深50mを超えるディープエリアの攻略や、アントラージュS4など重めのエギをしっかりシャクることができます。これにS610L-Sを加えることで、ティップエギングの全レンジを攻略できます」

 

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

セフィアXTUNEティップエギングS610L-S プロモーションムービー

- 2017年度製品プロモーション

セフィアXTUNEティップエギングS610L-S プロモーションムービー

登場タックル

#162 アオリイカシーズン到来!好ポイント満載の相模湾をティップエギングで攻略!

- 釣り百景

#162 アオリイカシーズン到来!好ポイント満載の相模湾をティップエギングで攻略!

登場タックル