タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

SEIICHIRO TASHIRO

田代 誠一郎

1979年生まれ。遊漁船『サンライズ』代表。20代の大半を奄美大島で過ごしたのちに独立し、以来佐賀県・唐津市で船長として活躍中。自らも高いレベルを維持するアングラーであり、豊富な経験に基づいた的確なアドバイスには定評がある。

[OCEA PLUGGER FULL THROTTLE]

田代 誠一郎

「僕はキャスティングが好きなので、向かい風や横風のなかでもブレずにスパッとキャストできる高反発なロッドを好みます。シマノのロッドは反発力があるけど使いやすく、ルアーが風に負けないから飛距離も安定しているし、大物とのやり取りでも竿を立てているだけで魚を寄せてくれます。」

「ベイトが小さいときはタックルセッティングが難しいときがあります。そんなとき、ルアーには小さくても飛ぶという性能が求められます。イワシを喰っているけれど追っているヒラマサはデカい。タックルのパワーを落とすと根ズレでやられてしまう。こんな状況で、重宝するルアーだと思いますよ。
引いていて手元にブルブルという感覚がくるくらい、動きが大きいルアー。その特性を生かし、一般的なダイビングペンシルの動かし方だけでなく、いきなり突き上げるタイプのナブラ狙いの場合には、水中に潜らせてリーリングして喰わせるという使い方も有効だと思います。
フラッシュブーストは、キラキラして集魚効果があるので、アピールが大きいことは確かだと思います。キラッとした輝きが、ヒラ打ちのイメージで、スイッチを入れる要因になると思います。水中よりも水面、水面直下にある状況のほうがアピールすると思いますね。曇天や雨の日より、晴れの日の効果が大きいはず。トップウォーターで釣れる魚すべてに効果はあると思いますよ」

OCEA ヘッドディップ 175F フラッシュブースト

田代 誠一郎

欠かせぬ船上グッズ!

「ヒラマサは、ドラグテンションを掛けてグイグイ寄せてくるファイトスタイルが基本。それだけに元気が余っていて、船上に上げてからも暴れることが多い。だからフィッシュグリップは船長としては使用頻度の高い、なくてはならないアイテムのひとつです。大事なことは外れないこと。いったん掛けて外れるとすごく危ない。『フィッシュグリップ』はガッチリキープしてくれるのでありがたい。安心してフックを外せるし、写真を撮るときに縦にホールドしやすい。両手で持てるのもいいですね」

FISH GRIP(フィッシュグリップ)

田代 誠一郎

田代 誠一郎

「僕が一番好きなヒラマサシーズンは夏。デカイルアー、太いライン、強いロッドに頑丈なリールでガンガンやる釣りです。このような時は『ワイルドレスポンス240F』をはじめ『別注平政220F』などシルエットの大きなルアーを多用します。難しいのはデカイヒラマサが小さなベイトを追っているとき。喰わせるのは簡単ですが、ルアーが小さいから強いタックルでは扱いにくく、根ズレに対しても不安があるんです。僕は魚の喰い渋りを理由にルアーのサイズを落とすことはありませんが、ヒラマサは捕食でスイッチが入る魚なので、イワシパターンのように145mmでもまだ喰わせられないときは、サイズダウンせざるを得ません。そんな時に新しく出る『別注平政130F』が活躍します。このサイズ感でもよく飛んで動かしやすく、カツオ、ワラサにもよく効くルアーです」

オシアペンシル別注平政 130F[OCEA
                        PENCIL 130F]

オシア 別注平政 145F・160F・190F・220F