タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[フィールドテスター]

HIDENOBU SYOYAMA

庄山 英伸

玄海灘、響灘をホームグラウンドにしつつも、鯛ラバで真鯛が狙えるところなら日本全国に出没している。釣りのスタイルは、基本的に大型狙い。事前情報を一切持たずに、現場で感じた潮、風、真鯛の活性を元に鯛ラバや多彩な誘いを組み合わせて釣果に繋げる。鯛ラバでの最大魚は95cm、1cm更新するために3年を要した。

感覚でやってきたことを数値化できる。これは大きな転換点になる。

私のなかで鯛ラバというのは、巻きとフォールがセットです。巻く作業の前には必ずフォールがあり、その時すでに真鯛は鯛ラバを見にきて、追いかけ、時にはその途中で喰いついていることもある。そこでフォールのスピードを任意でコントロールしてあげると、鯛ラバをより楽しむことができるんですね。炎月プレミアムの登場によって、これまで感覚的にやっていたことが数値化できる、情報共有できる。それによってみんなで楽しめる。これは大きな転換点になると思います。これまでは巻きに注力してきましたが、今後はフォールにも注力。そこから得る情報を釣果につなげていきたいですね。

炎月プレミアム

庄山 英伸

炎月リミテッド

庄山 英伸

さまざまな人が楽しむ鯛ラバだけに、ガングリップの効果は大きい。

私は主に炎月リミテッドの掛け調子(B70M-S LEFT)を使用します。感度が良くてバットパワーも十分、早巻きを主体にする私の釣りにも使い勝手がいいですね。また、今までベイトロッドというと、トリガーが付いているのが当たり前だと思っていましたが、Xシート エクストリームガングリップはまさにこれからのグリップですね。鯛ラバは女性や年配の方、子供さんも楽しむ釣りだから、力が入れやすく、肘から手首にかけての負担も小さいガングリップの効果は大きい。使用感を一言で言えば「楽」。そして包み込む感じになって手のひらとの接触面が広いせいか、振動やアタリが増幅されて伝わってくるように感じます。