タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

HITOSHI SUZUKI

鈴木 斉

茨城県出身。幼少時より釣りに没頭。シーバス、ジギング、GTなど多彩な釣りの経験を経て、現在はプロアングラーとして活躍中。技術レベルの高さはもちろんのこと、高い集中力を要求されるヒラマサキャスティングやマグロゲームにおける「ここ一番の勝負強さ」に定評がある。

炎月リミテッド

鈴木 斉

左右専用設計でストレス知らず。ハードな条件下ほどその差は歴然。

炎月リミテッドには左巻き、右巻きそれぞれに専用の設計がされていて、僕がテストしたのは左巻きのモデル。ガングリップだけでなく、スパイラルガイドの回転方向も左右それぞれに合わせてあるため手にしっくりと馴染み、ストレスなく使える点が嬉しいですね。Xシート エクストリームガングリップは快適のひとこと。ギュッと握るのではなく手のひらに乗せるようにホールドできるから、指が痛くならない、手首も楽。潮が速い時や、重い鯛ラバを使う時ほど、この違いが大きく物を言うと思います。もちろん感度も文句なし。フォール中の鯛ラバにちょっかいを出してくる小さなアタリすら感じ取るレベルです。

基本性能の高さにフォール機能がプラス。喰わない時の手の内が増えた。

炎月プレミアムはHAGANEコンセプトに加え、マイクロモジュールギア、Xプロテクトなど先進のフィーチャーがすべて入っていて、巻きの滑らかさやギアの力強さ、ドラグといった基本性能が非常にハイレベル。だから、大きな魚が掛かっても余裕をもってやり取りできるし、ドラグを出されることさえここちよく感じますね。それとフォールスピードの調整ができることで、喰わない時に工夫する要素がひとつ増えたことが大きい。釣行では同船者のデータも参考にフォールと巻きのスピードをいろいろ試してみましたが、カウンターに表示される情報を共有することでパターンの再現性も高く、その効果を実感しました。

炎月プレミアム

鈴木 斉

シンペンの苦手意識を克服できる扱いやすさ

そもそもシンキングペンシルとは、どんなルアーなのか?改めて鈴木さんに聞いてみた。

「文字通り、沈む鉛筆状のルアーで、リップなど水を噛む突起物はない。レンジは基本、表層付近で、泳ぎは弱いロールなどナチュラル系。僕はトップウォーターやミノーに反応がないときに、喰わせとして使うことが多いですね」

フォローベイトとして?

「そう。ただ、空気抵抗が少ないので飛距離が出て、広範囲をサーチできるというメリットもあります。逆に水中では、水を受け流しやすい。風や流れでラインが引っ張られるとその影響を受けやすく、レンジが上がったり、狙ったトレースコースからズレやすい。巻き抵抗が小さく、何をしてるかわからないから苦手という人も多いですよね」

どんなタイプのルアーも長所と短所があるということですね?

「そうなんですが、シンペンの長所を伸ばし、短所を補ったのがスライドアサシンです」

そして、気になるのは、アングラーとしての使用感だ。

「一言で表せば、使いやすくて釣れる! です。小型で良く飛んで、水噛みが良いから巻き抵抗もしっかり手元に伝わる。でもシンペンの漂うようなナチュラルな泳ぎは演出できるから喰わせやすい。レンジキープもしやすい。今までありそうでなかった他に類がないシンペンです」

シンキングペンシルの飛距離、喰わせやすさはそのままに、水噛みが良く、扱いやすい?

「というより一般的な同クラスのシンキングペンシルより飛距離が出て、水噛みが良い。だから使いやすくて、釣れるんです」

エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

使用モデル1

S906M / RF

エクスセンス インフィニティ

鈴木 斉

ある程度プレッシャーが入っているフィールドで、繊細さと感度を武器に勝負していく釣りに使いたい。

軽さ、これが「エクスセンス∞」の一番の魅力です。ロッドに書いてある表示と、持った瞬間の感触の違いは大きいですよ。僕自身、「S906M / RF」を最初に手にしたとき、「えっ、これで906M?」と思いました。1フィート短いような感覚ですね。強さも凄い。あれだけの軽さだから、肉厚は薄いはずなのに、これまでにないような粘り強さがある。70cmくらいのシーバスを掛けたんですが、寄りがとても早かったですね。
グリップもいいですよ。握りごこち感、振り抜くときの感触、力の入れ方もスムーズ。NEWカーボンモノコックグリップはカーボンに直接触れるので、とくに振り抜くときに指が食い込まず、力の伝達にズレがない。感度も良くて、同じ波長で振動が伝わってくるタイプのルアーを引くと、振動がどんどん大きく増幅されるような印象を受けました。中、小型ルアーをローテーションしながら、ティップの繊細さと感度で勝負していく。そんな釣りで投入したいですね。

使用モデル1

3000MHG

「手にしたときの質感や、使用時の剛性感は、やっぱりステラですね。しっとりとした滑らかな巻きごこちは、スライドアサシンで流れの変化を感知する釣りに役立ちます。長く使ってもその感覚が色褪せないのが、ステラです」

ステラ

鈴木 斉