タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

HITOSHI SUZUKI

鈴木 斉

茨城県出身。幼少時より釣りに没頭。シーバス、ジギング、GTなど多彩な釣りの経験を経て、現在はプロアングラーとして活躍中。技術レベルの高さはもちろんのこと、高い集中力を要求されるヒラマサキャスティングやマグロゲームにおける「ここ一番の勝負強さ」に定評がある。

エクスセンス ジェノス

辺見 哲也

使用モデル1

S96M/R
Grand Stinger 96

すべてのファクターがハイレベルなロッド。

従来モデルを一新し、より遠投性をアップして、さまざまなシチュエーションで使いやすくしたアイテムです。僕は、北は青森から南は鹿児島まで、シーバスを追いかけています。河川内、河口、サーフ、磯と、さまざまなフィールドで釣り、ルアーも、小型ミノー、バイブレーション、トップウォーターと、いろいろなタイプを使う。潮目、ボイルなどに向けて投げるときもあるし、ピンポイント撃ち、回遊待ちでのウェーディングゲームもある。幅広い対応力の必要性から、オールラウンドに活躍してくれるロッドを形にしたのが「S96M/R Grand Stinger 96」です。
9フィート6インチというレングスは汎用性がとても高い。遠投性が高いロッドでありながら、ティップは繊細。トップウォータールアーを細かく動かす、ショートバイトを掛けていく、ということも器用にこなせる。渋い状況でも掛けていくことができるところが強みだと思います。
軽さ、感度、バイトの弾かれにくさはとてもハイレベル。シーバスとケンカするような硬さではなく、素直に追従していくレギュラーテーパー設計なので、ファイトも非常に楽にこなせます。疲れにくさ、操作性の高さなど、全体的なバランスの良さも大きな特長。誰が使っても使いやすいロッドだと思いますよ。

X GUIDE×辺見哲也

細身のブランクスなのに、シャキッとした張りがあるので振り抜けが非常にいい、これがスパイラルX コア搭載の恩恵です。ピンポイントキャストをするときに、ブレの少なさがキャスト精度を高めてくれます。軽さ、感度の良さにも貢献していると思います。とくに、スパイラルX コアになってからは硬さが薄まって、粘り強さが増した感じがします。魚が突っ込んでもロッドが追従し、その後は復元力で、スピーディに浮かせてくれる。大きな魚とのやり取りがとても楽になりましたね。

使用モデル1

300番シリーズ

正確な水深把握で釣りの効率が劇的に向上。
このカウンターは戦力になる。

このリールの最大のポイントは、オシアコンクエストの基本性能はそのままにデジタルカウンターを搭載したこと。 今まで「大体このくらい」という感覚で捉えていた水深やヒットレンジを正確に表示してくれるため、釣りの精度と効率が劇的に向上しました。探見丸を併用すればその効果はより顕著になります。 レンジを把握できることのメリットはいろいろありますが、一番はタナを無駄なくトレースできること。ボトムはもちろん、船長の指示ダナにもいち早く対応できるし、足の速い中層の反応にも正確にジグを届けることが可能です。アタリに備えることでミスが激減することも大きなメリットですね。またボトムの魚を狙うときも、底から浮かせたことを確認できるため落ち着いてやり取りできるようになり、ランディング率も向上しました。このカウンターはアングラーにとって大きな戦力になりますね。フォールレバーによるフォールスピードの調整は、素早くタナを捉えたり、反応のなかをゆっくり通過させたりとアレンジは無限。フォールスピードの加減だけならサミングでも可能ですが、安定した等速でのフォールは不可能。そこは大きなアドバンテージになります。

ギアはHGとPGの2タイプ。僕は青物を狙うときや素早く底を切りたい釣りにはHGを多用。逆に魚がジグを追い切れないときは、スピードよりもジグアクションを重視してPGを選んでいます。巻き上げのパワーはどちらも強く、ハイギアであっても魚に主導権を取られることはありません。ヒット後はレベルワインド連動の効果でドラグもスムーズ。細糸でも安心して大物とやり取りできます。

オシアコンクエストCT

炎月リミテッド

鈴木 斉

左右専用設計でストレス知らず。ハードな条件下ほどその差は歴然。

炎月リミテッドには左巻き、右巻きそれぞれに専用の設計がされていて、僕がテストしたのは左巻きのモデル。ガングリップだけでなく、スパイラルガイドの回転方向も左右それぞれに合わせてあるため手にしっくりと馴染み、ストレスなく使える点が嬉しいですね。Xシート エクストリームガングリップは快適のひとこと。ギュッと握るのではなく手のひらに乗せるようにホールドできるから、指が痛くならない、手首も楽。潮が速い時や、重い鯛ラバを使う時ほど、この違いが大きく物を言うと思います。もちろん感度も文句なし。フォール中の鯛ラバにちょっかいを出してくる小さなアタリすら感じ取るレベルです。

基本性能の高さにフォール機能がプラス。喰わない時の手の内が増えた。

炎月プレミアムはHAGANEコンセプトに加え、マイクロモジュールギア、Xプロテクトなど先進のフィーチャーがすべて入っていて、巻きの滑らかさやギアの力強さ、ドラグといった基本性能が非常にハイレベル。だから、大きな魚が掛かっても余裕をもってやり取りできるし、ドラグを出されることさえここちよく感じますね。それとフォールスピードの調整ができることで、喰わない時に工夫する要素がひとつ増えたことが大きい。釣行では同船者のデータも参考にフォールと巻きのスピードをいろいろ試してみましたが、カウンターに表示される情報を共有することでパターンの再現性も高く、その効果を実感しました。

炎月プレミアム

鈴木 斉

使用モデル1

3000MHG

「手にしたときの質感や、使用時の剛性感は、やっぱりステラですね。しっとりとした滑らかな巻きごこちは、スライドアサシンで流れの変化を感知する釣りに役立ちます。長く使ってもその感覚が色褪せないのが、ステラです」

ステラ

鈴木 斉