タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

HITOSHI SUZUKI

鈴木 斉

茨城県出身。幼少時より釣りに没頭。シーバス、ジギング、GTなど多彩な釣りの経験を経て、現在はプロアングラーとして活躍中。技術レベルの高さはもちろんのこと、高い集中力を要求されるヒラマサキャスティングやマグロゲームにおける「ここ一番の勝負強さ」に定評がある。

エクスセンス ジェノス(ベイトキャスティングモデル)

鈴木斉

バックラッシュが少ない。高反発なので飛距離も伸びます。

ベイトロッドは、スピニングロッドと異なり、操作性を重視した張りのある調子で設計すると、キャスト動作がやりづらくなり、バックラッシュを起こしやすくなってしまいます。トラブルなく安心して釣りを楽しめる、という基準をまずクリアしなければいけない。もちろん、新しいエクスセンスジェノスのベイトキャスティングモデルは高い次元でクリアしています。全体的に以前のモデルと比較しても、かなり細身で軽い。振り抜けの良さが際立っています。曲がりもすごくスムーズで綺麗、それでいてブランクスが高反発なので飛距離も伸びます。スパイラルXコアの恩恵は大きいですね。
フィールドではフッキング性能の高さを生かした釣りが出来ます。ベイトロッドはガイドが多くてその間隔が狭いので無駄な糸フケができにくい。だからフッキングした瞬間のロスが少なくてアワセが速い。ダイレクトにアワセを入れることができるので、遠投したスポットでヒットした場合のフッキングにはスピニングより優位性がありますね。ファイトタイムも短くなると思いますよ。ポンピングで寄せてくるスピニングと異なり、巻き上げトルクのあるリールの特性もあって、魚とロッド、ラインをまっすぐにしたままグイグイと巻いて、寄せられる。障害物周りを攻める釣りでは活躍してくれると思います。
少しウェイトのあるルアーをよく使うアングラーにはとくにおすすめです。具体的には、14~30gのウェイトをメインに、バイブレーション、スピンテール、鉄板系、ヘビーなシンペンなどを多用する人。もちろん、小型のルアーも使えるし、ビッグベイトも使える。かなり汎用性が高いと思います。
ラインナップは4アイテム。これだけあれば、多くのシチュエーションをカバーできます。いままでなかった10′8″というレングスが登場したのも魅力です。僕は磯マル、ヒラスズキ狙いで使い込んでみたいですね。

エクスセンス ジェノス

辺見 哲也

使用モデル1

S96M/R
Grand Stinger 96

すべてのファクターがハイレベルなロッド。

従来モデルを一新し、より遠投性をアップして、さまざまなシチュエーションで使いやすくしたアイテムです。僕は、北は青森から南は鹿児島まで、シーバスを追いかけています。河川内、河口、サーフ、磯と、さまざまなフィールドで釣り、ルアーも、小型ミノー、バイブレーション、トップウォーターと、いろいろなタイプを使う。潮目、ボイルなどに向けて投げるときもあるし、ピンポイント撃ち、回遊待ちでのウェーディングゲームもある。幅広い対応力の必要性から、オールラウンドに活躍してくれるロッドを形にしたのが「S96M/R Grand Stinger 96」です。
9フィート6インチというレングスは汎用性がとても高い。遠投性が高いロッドでありながら、ティップは繊細。トップウォータールアーを細かく動かす、ショートバイトを掛けていく、ということも器用にこなせる。渋い状況でも掛けていくことができるところが強みだと思います。
軽さ、感度、バイトの弾かれにくさはとてもハイレベル。シーバスとケンカするような硬さではなく、素直に追従していくレギュラーテーパー設計なので、ファイトも非常に楽にこなせます。疲れにくさ、操作性の高さなど、全体的なバランスの良さも大きな特長。誰が使っても使いやすいロッドだと思いますよ。

X GUIDE×辺見哲也

細身のブランクスなのに、シャキッとした張りがあるので振り抜けが非常にいい、これがスパイラルX コア搭載の恩恵です。ピンポイントキャストをするときに、ブレの少なさがキャスト精度を高めてくれます。軽さ、感度の良さにも貢献していると思います。とくに、スパイラルX コアになってからは硬さが薄まって、粘り強さが増した感じがします。魚が突っ込んでもロッドが追従し、その後は復元力で、スピーディに浮かせてくれる。大きな魚とのやり取りがとても楽になりましたね。

オシアジガー∞

いろいろなジャークに対応。
スロー系の概念を覆すロッドだ。

オシアジガーインフィニティは基本的にスロー系ジギングのロッドですが、今度のモデルは、いままでよりさらに粘りが強い。いい意味でスロー系ロッドの固定観念を覆したロッドという印象です。とくにバット部の粘りは強靭そのもの。ブランクス自体は細くて軽いにもかかわらず、粘りがあるため魚をバットで乗せることができる。掛け重視でヒット後はロッドをまっすぐにしてやりとりすることが多かった従来のスロー系ロッドに対し、このロッドは胴に荷重を乗せて魚をいなしながら寄せてくることができる。曲げて獲るぶん、自分にはいままでのロッドより扱いやすいと感じています。
またジャークもスロー系ジギングのセオリーだけでなく、ワンピッチジャークなどいろいろなジグアクションの演出が可能。だからと言ってスロー系ロッドとしての長所が失われているわけではなく、スローの特性を高めたうえでジャークの変化が付けられるので、誘いの幅が広がって非常に使いやすいですね。ブランクスはグリップ内まで全身が曲がるため、アタリも手元にしっかり伝わります。
ただこのロッドの感度の良さは、ブランクスの細さと軽さによるところが大きいですね。別の言い方をすれば雑味が少なくクリアな伝達力。これがあるため、潮の流れやアタリ、魚がジグにまとわりついてくる感じなどが手元に伝わってきやすいということ。このロッドはすごくいいですよ。

深くなるほど効果を実感。
負担を軽減するレバーの役割。

サミングによって多少のブレーキを掛けることでラインスラックやジグの姿勢、アクションをコントロールし、フォール中に追いきれなかった魚のバイトチャンスを増やす。見せる時間を長くして遠くの魚も呼び寄せる。これは多くのアングラーが実践していることですが、その際、たとえば100m、200mという水深を沈める間、ずっと指でスプールを押さえているのはけっこうしんどいもの。等速をキープする難しさはもちろん、釣りをしている間、左手はずっとロッドとリールを支えているので、一日のトータルでは相当大きな負担になります。とくに深く、ジグが重くなるほどその傾向は顕著。その部分をフォールレバーが代わりにやってくれることの意味は大きいですね。
フォールレバーが付いたから魚が釣れる、と安易に結びつけることはしませんが、疲労やストレスの軽減で集中力が持続し、結果的にヒット率が向上するのもフォールレバーの隠れたメリットです。

軽いテンションで動きを制御。
ビッグゲームゆえのレバー活用法。

このリールで使うジグは比較的ヘビーなものが多くなるため、フォールスピードを完全に制御するには限界があります。また、ジグの動きを消してしまうほどのブレーキはむしろ逆効果というのが僕の持論。だからガチガチに締めるというより、指でサミングしているくらいの軽いテンションでラインの暴れを防ぎ、ジグ自体のアクションを生かしながら落とし込む。それがビッグゲームにおける僕のフォールレバー活用法です。具体的にはジグを潮の流れに乗せながら、等速フォールで魚のいるレンジへ送り込むイメージ。カーブフォールのようにひらひら落とすことも可能です。
またフォール中のジグに魚が触ったり、まとわりついたりして糸がふけることがありますが、そのときの繊細な変化をとらえやすいこともフォールレバーのメリットの一つ。常に一定速度のフォールを保てるため、糸がふけたのを見てすかさずフッキング、ということを何度も経験しています。

使用モデル1

300番シリーズ

正確な水深把握で釣りの効率が劇的に向上。
このカウンターは戦力になる。

このリールの最大のポイントは、オシアコンクエストの基本性能はそのままにデジタルカウンターを搭載したこと。 今まで「大体このくらい」という感覚で捉えていた水深やヒットレンジを正確に表示してくれるため、釣りの精度と効率が劇的に向上しました。探見丸を併用すればその効果はより顕著になります。 レンジを把握できることのメリットはいろいろありますが、一番はタナを無駄なくトレースできること。ボトムはもちろん、船長の指示ダナにもいち早く対応できるし、足の速い中層の反応にも正確にジグを届けることが可能です。アタリに備えることでミスが激減することも大きなメリットですね。またボトムの魚を狙うときも、底から浮かせたことを確認できるため落ち着いてやり取りできるようになり、ランディング率も向上しました。このカウンターはアングラーにとって大きな戦力になりますね。フォールレバーによるフォールスピードの調整は、素早くタナを捉えたり、反応のなかをゆっくり通過させたりとアレンジは無限。フォールスピードの加減だけならサミングでも可能ですが、安定した等速でのフォールは不可能。そこは大きなアドバンテージになります。

ギアはHGとPGの2タイプ。僕は青物を狙うときや素早く底を切りたい釣りにはHGを多用。逆に魚がジグを追い切れないときは、スピードよりもジグアクションを重視してPGを選んでいます。巻き上げのパワーはどちらも強く、ハイギアであっても魚に主導権を取られることはありません。ヒット後はレベルワインド連動の効果でドラグもスムーズ。細糸でも安心して大物とやり取りできます。

オシアコンクエストCT

使用モデル1

3000MHG

「手にしたときの質感や、使用時の剛性感は、やっぱりステラですね。しっとりとした滑らかな巻きごこちは、スライドアサシンで流れの変化を感知する釣りに役立ちます。長く使ってもその感覚が色褪せないのが、ステラです」

ステラ

鈴木 斉