タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

JINSEI SHIMADA

嶋田 仁正

中国エリアと関西エリアをホームとするエキスパート。稀代のランカーシーバスハンターとして知られる。その土台にあるのはシチュエーションに臨機応変に対応できる引き出しの多さ。小型バイブレーションからビッグミノーまで巧みに使いこなすテクニシャン。

エクスセンス ジェノス

嶋田 仁正

使用モデル1

S97MH/F
Dark Force 97

感度がもの凄く、メリハリが効いたキレ味鋭いロッド。

ミディアムヘビークラスのロッドですが、強竿という感じではない。パワーは十分に確保しながら贅肉を削ぎ落し、日本刀みたいなキレ味を重視しました。アジングロッドをパワフルにしたイメージのロッドを想像してもらうと分かりやすいかも知れません。前提にしているのは干潟や河川内でのランカー狙い。とくに河川の橋脚周りの明暗部攻略には、突出した性能があると思います。
流れに対する感度、ボトムにタッチしたときの感度も含めて、全体的な感度はとても高い。僕はかなりドラグを締め込むタイプですが、フッキングした瞬間にステラのドラグがうなりを上げる。このロッドは曲がっているようで、意外と曲がらない。ラインがスムーズに出やすいテーパーなんです。
ドラグを締めたままファイトできるので、主導権を握ることができる。アングラーにはとても有利です。
また、ツンッというアタリを、出来るだけロッド全体で受け止めるものにしたかったので、これまでとは異なり一本調子のロッドに仕上げています。
ティップがちょっと曲がるとか、ベリーやバットだけが硬い、というのではなくて、ティップもベリーもバットも、同じようなイメージで硬いロッドです。それでもメリハリは十分に感じてもらえる調子ですね。

X GUIDE×辺見哲也

感度が凄まじい、伝わる情報量が半端ない。ルアーを引くと水の抵抗を受けます。それと同時にラインも水の抵抗を受ける。ルアーやラインが受ける流れによって発生する、こうしたシャカシャカした感触を、僕は「ザラザラ感」と表現しているんですが、この伝わり方が凄い。ラインが水を切る感覚、ティップが抵抗を受ける感覚がダイレクトに手元に伝わるので、流れの変化をとても掴みやすい。新形状の採用で握りやすさ、持ちやすさも向上しているので、長時間の釣りの疲労軽減にも役立ってくれます。

エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

浮き上がらずに水平姿勢でナチュラルに誘い続ける

「橋の明暗付近のドリフトで扱いやすいシンキングペンシルの代表格。
ヘッドリップのおかげでレンジをキープしやすいし、低速リトリーブでも姿勢は水平気味。ドリフト時にアップからダウンへと切り替わる際も、極めてスムーズにターンして違和感を与えずに口を使わせることが可能です」

「感度も優秀。フォールで喰わせるのもアリですね」

「極端に言えば、リップ付きのミノーを巻いているような使用感。川の流れの強さの微妙な違いをしっかりと感じることができます。流れの強弱の境目は、橋の明暗部攻めで外せないスポット。
スライドアサシンを流すだけで、ナイトゲームでもイージーに把握できると思います」

ワイドなS字でナチュラル&ハイアピール

「しっかりと水を掴んでワイドなS字スラロームを描く点が大きな特徴。その軌道はジグザグに近く、弱ってフラフラと泳ぐべイトの動きを忠実にイミテート。
しっかりと存在をアピールしつつ、波動はナチュラルというところがキモですね」

優れた性能を決定付ける心臓部

「立ち上がりの良さやほぼ水平のスイム姿勢、ワイドなS字アクションなどを実現できたのは、ヘッドリップ構造を採用したおかげ。
ボディに発泡素材のAR-Cシェルを使っていることもあり、沈み過ぎて使いにくいというシンキングペンシルのウィークポイントを見事に解消しています」

自然なターンでナチュラルに誘い続けられる

「明暗部でのターン時はルアーが流れを受ける強さが変わるため、一般的なシンキングペンシルでナチュラルに誘い続けるにはアングラー側でラインテンションを微調整する必要があります。
スライドアサシンは、ヘッドリップが安定して水を掴み続けるため自然にターンが決まり、喰わせのアクションをシームレスにキープできます」

エクスセンス MDレスポンダー 129S X AR-C

高速ロールで大規模なベイトの群れに負けない存在感

「レスポンダー129F特有のハイピッチなロールアクションでミッドレンジをトレースするためにデザインされたアイテム。
強過ぎないタイトな波動が特徴で、港湾部や河口部で大規模なマイワシの群れに付く個体を狙う場合のほか、東北エリアのハタハタパターンでも有効なルアーです」

スクエアリップでバイブレーションに近い巻き感

「ロングリップで強めのアクションをするミノーの多くは、引き抵抗が大きくアングラーへの負担も大きい。
MDレスポンダーは、スクエアリップが適度に水を逃がすことによって快適な巻き感を実現。バイブレーションプラグをリトリーブしている感覚に近いですね」

ドリフト&ステイ! 明暗部で喰わせの間を演出

「MDレスポンダーは、ただ巻きだけでなくドリフトによるアプローチも有効。
アップクロスでキャスト後、ダウンに入ったらリトリーブを止めてステイ。明暗の境目を離れずに“点”でアクションしつづけ、喰わせの間を演出します。ルアーへの追いが良くない状況で効果的なテクニックですね」

足場の高いシチュエーションでも狙ったレンジをトレース可能

「ウェーディングができない足場の高い河川や港湾部では、MDタイプのルアーの使用頻度が高いですね。
X AR-Cの採用で、高レスポンスにもかかわらず飛距離はアベレージで65mを達成。2フック仕様で太軸フックへの換装にも対応した仕様です」

「デイは高速ロール、ナイトはスローに」

「MDレスポンダーは港湾部のデイゲームで高速リトリーブする使い方にもドンピシャですが、個人的にはナイトゲームのドリフトなどで、スローに誘うアプローチにこそ必要なルアーだと思っています。
低速リトリーブほど、レスポンスの良さが活きる!」

エクスセンス インフィニティ

嶋田 仁正

いままでになかった凄いブランクス性能。
シーバスロッドの新しいトビラを開いた、そんな印象です。

シーバスゲームは投げ続ける釣り。負担が大きく、誰もが軽さを求めます。「エクスセンス∞」の軽さ、これはひと言で凄い。河川の橋脚周りで流れに逆らって大きな魚を止める、という釣りを僕はよくします。こうした釣りでは軽く、弱いロッドは折れることが多い。でも、折れてもいいから軽いロッドが欲しい、と思っていましたが「エクスセンス∞」の登場で軽さと強さへの考え方が変わりました。僕の考える強さとは、急に負荷を掛けたときやロッドを振り切ったときの安定感。また、それはやり取り中の安心感につながります。
プロトモデルで90cmくらいのシーバスを掛けたんですが、強い流れに逆らってグイグイ寄せられました。「強い」と感じましたね。テクノロジーの進化はここまで来たか、と。NEWカーボンモノコックグリップの感度もいい。反響が凄い。手の平というより、手の甲に抜けていく、響いてくるという感じ。ボトム感知能力が非常に向上しましたね。

NEW エクスセンス[EXSENCE]

使用モデル1

S903ML・MH/F “Black Envelope 903”

どんなシチュエーションで使うか?そんな固定観念は捨ててほしい。

「ティップの繊細さとともに強靭なバットパワーを求めた「S907M・H/F」のコンセプトを引き継ぎながら全体的にパワーを落としたのが、「S903ML・MH/F」。ティップセクションは6gのソフトルアーであっても使いこなせる繊細さを持ちながらバット部分はミディアムヘビー。全体的にはファーストアクションなんですが、とてもティップがセンシティブ。バイブレーションプラグを引くと細かい振動がすべて伝わってくる。加えてバイブレーションをリフト&フォールして釣るような場合でもリフト時のバイトを弾きづらい。コンッと当たった瞬間にティップだけスッと入る。フックが乗っている感じでキープしてくれる。この利点は大きいですよ。パワーも十分。河川でのテストで90cmクラスを5~6本キャッチしていますが、不安を感じたことはありません。シーバスが弱るのが早い、とも感じましたね。テストで最も多用したのは東京湾。ソフトルアーから30g程度の鉄板まで、すべてのシチュエーションで使ってきました。東京湾で釣りをするときこの1本で済ませています。そのくらい対応力は広いですよ」