タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

JINSEI SHIMADA

嶋田 仁正

中国エリアと東京湾をホームとするエキスパート。稀代のランカーシーバスハンターとして知られる。その土台にあるのはシチュエーションに臨機応変に対応できる引き出しの多さ。小型バイブレーションからビッグミノーまで巧みに使いこなすテクニシャン。

NEW エクスセンス[EXSENCE]

使用モデル1

S903ML・MH/F “Black Envelope 903”

どんなシチュエーションで使うか?そんな固定観念は捨ててほしい。

「ティップの繊細さとともに強靭なバットパワーを求めた「S907M・H/F」のコンセプトを引き継ぎながら全体的にパワーを落としたのが、「S903ML・MH/F」。ティップセクションは6gのソフトルアーであっても使いこなせる繊細さを持ちながらバット部分はミディアムヘビー。全体的にはファーストアクションなんですが、とてもティップがセンシティブ。バイブレーションプラグを引くと細かい振動がすべて伝わってくる。加えてバイブレーションをリフト&フォールして釣るような場合でもリフト時のバイトを弾きづらい。コンッと当たった瞬間にティップだけスッと入る。フックが乗っている感じでキープしてくれる。この利点は大きいですよ。パワーも十分。河川でのテストで90cmクラスを5~6本キャッチしていますが、不安を感じたことはありません。シーバスが弱るのが早い、とも感じましたね。テストで最も多用したのは東京湾。ソフトルアーから30g程度の鉄板まで、すべてのシチュエーションで使ってきました。東京湾で釣りをするときこの1本で済ませています。そのくらい対応力は広いですよ」

実用範囲内での使い勝手を満たしたリール

「私がリールに求めている要素は「剛性」「ラインの放出角」「ドラグ性能」の3点です。ボディとギアの剛性は、強いタックルで魚を一気に寄せる私のスタイルにはなくてはならないもの、ライン放出角はPEラインの使用を前提に飛距離を出しやすいスプール形状であること、ドラグもPEラインを前提にしたスムーズな作動はもちろんですが、私は調整幅の広さよりも実用範囲での微調整を優先するため、何よりもドラグのピッチをチェックします。そういった観点で総合的に判断しても、今回のTPは完璧に近いですね。ハードなスタイルに耐えるタフさも含め、長く使い込めるリールだと感じています」

ツインパワー[TWIN POWER]

ツインパワー

X AR-Cの採用で実現した超シャロー攻略特化型ルアー

「トウゴロウイワシなど10cm前後のベイトフィッシュにマッチしたサイズで、飛ばすだけならAR–C重心移動システムだけでも良い。でも水面直下をゆっくり引くために浮力がほしい。高浮力の発泡素材AR−Cシェルがなければ実現できなかったルアーです」

連発させにくいベイトを攻略できる

「なぜボクが春から秋に東京湾でCOOだけで400尾以上釣れたかというと、トウゴロウイワシとサヨリを追いかけて釣っていたから。どちらかが居て、流れが緩くて、アマモがあってルアーがまともに引けない。誰もが難渋していた状況で使えて、しっかり釣れます」

完全にエサだと思って喰っています

「COOを喰うときは、喰って反転してドンッとくることはない。追尾して後ろからフッと吸い込んで、そのまま惰性で前に出る感じです。完全にエサだと思って喰ってる。だからアタリはコツッと小さいですけど、バイトは深いです」

カラーは多めに用意。色に飽きさせないことでバイト倍増!

「ほかのルアーを見切るシーバスがCOOは喰う。つまりCOOもしっかり見られていて、色にスレることがあります。アタリが遠のいてもカラーを替えた途端、コンッと喰うことが多いです」

エクスセンス クー 70F/100F X AR-C

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

スローでこれほど泳ぐルアーは見たことがない。

「『スローで引いてもしっかり動くレスポンス』。これは15年以上に亘って、私がミノーに求めてきた開発テーマです。そのためには、流れをしっかりと掴みながらも、けっして潜り過ぎない"浮力"が絶対に必要でした。しかし、浮力を得るためにはボディ形状を大きくする必要があり、そうするとどうしても泳ぎのキレが悪くなってしまいます。「ルアーを軽くしたい」というのは、世界共通のルアービルダーの願いであり、同時によりベイトライクで泳ぎの質を高める「スリムなボディ」も共通の願いでした。『エスクリム』は発泡樹脂素材の開発によって、これまでの浮力×形状の限界値を超えたルアーに仕上がっています。キャストされた着水直後、スローリトリーブの泳ぎ出しの速さをぜひ体感していただきたい。スローでもしっかり動く泳ぎのレスポンス、河川における流れのつかみやすさ、軽さからくる感度、すべてが従来の樹脂ルアーとはケタ外れであることを実感してもらえると思います。しかも、AR-C重心移動システムによって飛距離まで獲得している『エスクリム』は、すべてのルアービルターを歯ぎしりさせるルアーです。ちなみに「エスクリム」119Fの沈降水深は50~100cmと河川向きですが、シャローエリアではさらにその特性を発揮すると思います。この新しい発泡樹脂素材は、従来の樹脂素材と比べて明らかに浮力のアドバンテージがあります。この素材を用いたシャロー攻略に最適なモデルが今後誕生すると予感をしています。このように、一本のルアーからどんどん期待が膨らむことは珍しい。それだけ『エスクリム』が従来の概念を破り、革新性を持ってデビューしたということです」

エクスセンス エスクリム 99F/119F/139F X AR-C