タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[アドバイザー]

HIROMI SASAKI

佐々木 洋三

1955年生まれ。
釣りクラブ「ルアー&フライ サントリーオーパ!」を設立し、釣り人生スタート。 インチク・エギ、そして鯛ラバといった『漁具』を用いた釣りを展開。漁具のもつ歴史的価値とその可能性を実証。 ライトゲームからビッグゲームまで幅広くこなすエキスパートにして、鯛ラバ、インチクなど漁具系ルアーの第一人者。 豊富な知識と経験を土台にしつつ、新しいものを受け入れる謙虚さも併せ持つソルト界の重鎮だ。

『炎月CT』を一言でいうと、「釣れる鯛ラバリール」です。

水深やヒットレンジを表示する商品はこれまでにもあったのですが、鯛ラバで使うにはギア比が高すぎたり、巻き上げスピードが把握できなかったりと不満もありました。 そこで『炎月CT』はギア比を5.8のローギアに設定、さらには斬新なメトロノーム機能を搭載し、巻き上げスピードを音で把握できるようになっています。 このため等速巻きを感覚的にキープしやすく、リトリーブ中も視線をティップに集中することができるため、真鯛からのわずかなサインも見逃さなくなりました。 もちろんルックスも秀逸。黒と赤でまとめたシックなデザインは『炎月SS』によくマッチし、鯛ラバゲームをいっそう楽しいものにしてくれます。

炎月 CT

炎月SS

鯛ラバゲームの心地よさを 実感するロッドです。

炎月シリーズはどのアイテムも非常に使い心地が良いのですが、とくにベイトモデルは圧巻です。 タフテックαのロングソリッドティップはスムーズで感度がよく、真鯛をオートマチックに掛けてくれるし、 スパイラルガイドによってブランクスのネジレや糸絡みといったトラブルも激減。 さらにガイドの数を減らすことでラインへの負担も軽くなり、ロッド全体の軽量化にも成功しています。 ブランクスやラインにストレスがないから性能が素直に引き出され、アングラーも気持ちよく使える、そんないいことずくめのロッドです。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

炎月プレミアム

バラシ激減!真鯛を絡め取るロッドです。

炎月プレミアムの特徴を一言でいうなら、等速巻きがしやすくマダイがバレないロッドです。 タフテックαの吸い付くようなティップを持つB69ML-Sを筆頭に、パワーとリーチで大ダイを掛けに行くB72M、重い鯛ラバも無理なく投げられるスピニング仕様のS610MHとS74L。 持ち味こそ異なりますが、ロングレングスのクッション性を生かした設計でティップのブレが抑えられ、ミスバイトやバラシが激減しました。 全4アイテムの少数精鋭ですが、近年とくに注目されているキャスティングゲームを含め、私はこの4本であらゆるシーンに対応しています。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

 

300HGの糸巻量が深場・激流の鯛ラバで強い味方になる。

鯛ラバゲームにおいても近年は、深いポイントや激流の条件で釣りをすることが多くなっています。 たとえば九州の五島周辺ではドテラ流しで大鯛を狙いますが、少し潮が速いとあっという間に200~250mもラインが出ていってしまう。 こんな状況ではPE1号を500m近く巻ける300HGのラインキャパは非常に心強いですね。 また、マイクロモジュールギアのおかげでこれだけのラインを回収するのもまったく苦にならず、それどころか滑らかな巻きごこちには快感すら覚えてしまうほど。 一番手大きくなって「等速巻き」もさらに安定しています。すでに定評のある200PGと、この300HGがあれば、鯛ラバゲームは万全です。

オシア コンクエスト

進化する知恵

生きるために獲る。ひとつの漁具には、代々にわたり海と関わってきた漁師たちの歴史と知恵がギュッと凝縮されている。 理論より結果がすべてというシビアな海で鍛えられた漁具は、“結果を出すルアー”として現代に鮮やかに蘇った。

ロマンに満ちた伝統漁具を、ゲーム性の高いルアーに。

「考古学の説によると、日本人は縄文時代から“縄文鈎(じょうもんばり)”といって、動物の骨や角を削って作った鈎を疑似餌(ルアー)として使っていたことが分かっています。 おそらく、縄文人も自分が作った鈎を仲間と見せ合ったり、釣果を自慢したり、遊びのような感覚で釣りや漁を楽しんでいたんじゃないでしょうか」そう楽しそうに語る佐々木氏。 縄文時代から我々はルアーを使って釣りを楽しんでいたとは、何とも壮大なロマンを感じさせる話だ。ゆっくりと時間が流れるなかで、仲間とお手製のルアーで釣りに興じる。 そんな大昔の牧歌的な文化に惹かれ、慌ただしい現代にもそんな時間を取り戻せないかと、古代の釣りやその延長線上にある多彩な漁具を調べたという佐々木氏。 その中で出会ったものに“テンテン”や“インチク”があった。
「テンテンやインチクは伝統漁具として漁師さんが使ってきたものです。鉛と鈎だけという非常にシンプルな造りなのに実績がある。 これをルアーゲームとして楽しみたいと思ったのが漁具系ルアー開発のきっかけですね」

炎月 弁天スライダー