タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

TAKAYOSHI ORIMOTO

折本 隆由

独自の観点とセンスでハイエンドなゲームを展開。鯛ラバやロックフィッシュゲームの新しい世界を日々切り開いているマルチアングラー。愛称は「オーリー」。千葉県在住。

ハードロッカー

炎月リミテッド

折本 隆由

一連の動作がピタリと決まる!取れなかったアタリも拾えるロッドだ。

なんと言っても新たなフィーチャーであるXシート エクストリームガングリップの存在が大きいですね。正直、グリップの差がここまで大きく出るとは思いませんでした。一般的なトリガータイプとの大きな違いは、リールシートと手のひらが広い面で接触すること。握った瞬間からまったく違和感なくフィットしました。僕は普段からけっこうアワせていくタイプですが、いままでは点でアタリを捉えるイメージ。ガングリップは面で捉えるため握りがブレず、おかげでアタリからアワセまでの一連の動作が非常に安定します。これを使いこなせば、これまで取れなかったアタリも取れるんじゃないかという気がしています。

戦略に組み込まれるもうひとつの核心。このリールで鯛ラバはいっそう深化する。

鯛ラバは誰にでも手軽に楽しめるゲームですが、やっていくにしたがって自分のなかで巻きのリズムやスピードの選択肢も増えていきます。その戦略のなかにもうひとつ、フォールを組み込むことによって、ゲームの楽しさや奥行きが広がります。ただその再現性というか、フォールバイトに対して明確な基準がなく詰め切れなかったのも事実。このリールを使うことでそこがハッキリし、これまで「巻く」ことのみに対して行っていたコンセントレーションが、「落とす」ことに対しても確信をもって行うことができるようになる。このリールによって鯛ラバゲームはさらに深化していくと感じています。

炎月プレミアム

折本 隆由