タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[フィールドテスター]

YOSHITSUGU NIWA

丹羽 喜嗣

ライトゲームのメッカ・瀬戸内をホームグラウンドに活躍。エサ釣りのフカセ理論をアジングに応用するなど、独自の視点でルアーフィッシングの世界を拓く。地形の変化や潮の変化など、魚以外の情報を感じることがすべてと語る感性派アングラー。

ソアレ BB アジング[Soare BB Ajing]

アジングに必要な専門的要素がこれ以上入れられません、というくらい詰め込まれている。

「今回の『ソアレBBアジング』シリーズは、これまでのBBシリーズと比べて飛躍的に性能が向上したと思います。エントリーモデルとしては、どなたが手にしても安心して使えるはず。デザインは高級感があり、持った瞬間、軽さを感じられる。『S604ULS』ではPEラインがおすすめ。ジグヘッド単体であればダートの釣り、メタルジグを使った釣りがおすすめ。動きすぎを制御し、ベストな動きを演出可能です。2g程度のジグヘッド単体を使う、ごく一般的なアジングの場合では、ごくゆっくりサビき、ティップに対して常に荷重をかけながらフォールしてバイトを待つ、という使い方がおすすめ。『S610LS』はスタンダードなアジングロッド。フロロカーボンラインの使用も選択肢に入ります。感度もよく、調子も上位機種譲り。どなたが使っても使いやすいと思います。『S704LS』は僕のなかでは遠投型のロッド。2~3gのジグヘッドを基準に、沖側の深いブレイクにドンッと沈める使い方がおすすめです」

 

「使い心地がシルキーで、とても感触がいいリールですね。『HAGANEギア』のおかげで凄く剛性感を感じられる。アジングはライトゲームですが、毎日楽しめる釣りなので、耐久性や剛性感が実は大事。タフに使いこめる印象です。それにベールの可動域が広くて安定するので、キャロとかも使いやすいですね。」

ストラディック[STRADIC]

ストラディック[STRADIC]

リフト&フォールが定番!裏技的にクイックダートもあり!

「『スローダイバー』はナイトゲームを中心に、アジがアミを捕食しているときに使ってもらいたいルアー。シルエットが似ているだけでなく、リップフットの抵抗で強い波動を出しながらゆっくり引けるので、アミの動きをイミテート可能です。ロッドを上に操作してゆっくりリフト、カーブフォールさせて喰わせる使い方が基本ですが、短い距離で素早くクイックにダートさせる使い方も効果的です。」

ソアレ スローダイバー[Soare スローダイバー]

ソアレ スローダイバー[Soare スローダイバー]

「ラインはそれぞれの素材の長所を生かして使い分けるといいでしょう。感度を重視する場合はPEを使うことも多いですが、フォールの釣りを主体に楽しむときや風が強いときは潮の馴染みがよく、比重の大きいフロロもいい。『ソアレ アジングフロロ』は耐摩耗性も高いし、しなやかで使いやすいですよ」

ソアレ アジング フロロ[Soare Ajing Fluoro]

ソアレ アジング フロロ[Soare Ajing Fluoro]