タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

HIDEYUKI MATSUOKA

松岡 豪之

地元宮崎を中心に九州全域をカバーするソルトゲームのエキスパート。その活動範囲は日本国内に留まらず、強靭な肉体とタフなメンタルを武器に日夜ビッグフィッシュを追い求めている。バイタリティに富むフィッシングスタイルから"鉄人"の異名を持つ。

青物10kg級をターゲットとしながら中深海ジギングもこの1台で対応。

ビーストマスター1000EJはパーミング性が高く、片手で巻上げやクラッチ操作ができるので、今シーズン是非使っていきたいですね。具体的にはPE3号をメインラインに使用した10kg級の青物狙いのほか、PE2号で600mとラインキャパシティも十分にあるので、中深海の釣りにも活躍してくれると思います。
ビーストマスター2000EJと同様、電動ジギング対応のEJモードが搭載されているところが大きな魅力ですね。僕の場合はEJモードのうち、マニュアルジャークモードを多用していますが、ラインスラックを使ったジャーク&フォールアクションが演出可能なので多彩な魚に効果的です。
もうひとつのモード、オートジャークモードも活躍します。1尾釣ることができたアクションを次からも正確に繰り返すことができるので、釣果を伸ばすことができます。同じタックルを使っていれば仲間同士で情報を共有できるので、全員で釣果を伸ばすことも可能です。手で持っているだけでもいいですが、タイミングを合わせてロッドをジャークすると、よりよい動きを演出できると思います。
これからはビーストマスター1000EJとビーストマスター2000EJ、2台のリールを使い分けながら電動ジギングを楽しんでいくと思います。

ビーストマスター 1000EJ

3つのジャークスタイルを使い分け、ヒットパターンを探り出す。

ビーストマスター2000EJを使ったジギングでは、3つのジャークスタイルを選択できます。ベースは電動リーリングジャーク。スピーディに、広範囲を探りたいときに使いやすく、ブリ狙いにはとくに効果的です。
マニュアルジャークモードではより自分が操作しているという感覚でジグを操ることができます。リーリング速度をセットして、効果的なスピードを見つけながら、その中でラインスラックを作り、喰わせる間を演出できます。細かい判断で、瞬間的に喰わせる誘いを展開しやすいパターンだと思います。
オートジャークモードは、僕の場合、ヒットパターンが見えてきてから使うことが多い。ヒットパターンが見えたら、そのパターンに合わせて巻き上げスピード、巻き上げ時間、停止時間をセットします。ヒットパターンを高い精度で再現できるので、さらなる1本につなげていきやすいジャークスタイルです。

ジグの引き感の違いによって、スピードなどを変化させていく。

いずれのジャークスタイルでも、状況に合わせた設定をすることが大切です。たとえばスピードの設定。ターゲットごとにある程度は効果的なスピード設定もありますが、それも潮の流れ具合によって大きく変わります。ジャークしたとき、ジグにかかる水圧によって引き感が変わってくるので、その感覚の違いによってスピードを調整していくといいですね。
この数字で釣れる、というよりも、その時々の引き感の違いに応じて、ヒットするスピードの数字を探していくことが大切。さっきまでは27のスピードが良かったけど、いまはもっと潮が流れ出したから25がいいな、という感じです。ヒットスピードを見つけるには速いスピードからだんだん落としていく方が見つけやすいし、わかりやすい。巻き上げ時間や停止時間の設定も同様で、状況に合わせて調整し、ヒットパターンを探るようにしています。

オシア EJ

全体で荷重を受け止める、スムーズな曲がりのロッドです。

オシアEJはセットを想定するビーストマスター2000EJがとてもパワーがある電動リールである、ということを前提に設計されています。巻き上げる速度も人力以上でとても速い。こうしたビーストマスター2000EJの特性に追従、対応できるロッドである、ということが一番の特長です。
ブランクスが生み出すパワーと粘りの源は搭載されているスパイラルXコアナノピッチ。10kg以上の青物をグイグイ巻き上げても、十分に安心感があります。ロッドアクションはとても素直で、クセがないタイプ。全体的に曲がって荷重を受け止める、スムーズな曲がりのロッドですね。
ビーストマスター2000 EJでは、スピードのあるジャークで誘い、ラインスラックを使って喰わせの間を作ることができますが、これに対応する張り、感度も十分。ハイパワーXの恩恵ですね。ジグの操作性も非常に高く、攻めるジギングを展開できます。

全てが電動ジギング専用仕様。トラブルなく快適にジャーク可能。

電動ジギングに対応する種々のフィーチャーが採用されているのもオシアEJシリーズの大きな特長です。ボリューム感のある電動リールをセットした場合の握りやすさを追求した、セミトリガーを採用したリールシートは専用ロッドならでは。一般的なトリガータイプのリールシートでもテストしましたが、ベストではありませんでした。手の平全体で握りこむことを考慮した、いままでとは異なる考え方で作られた専用のリールシートなのでホールド感はとてもいいですね。ラインが絡みにくいスパイラルガイド採用も電動仕様のひとつ。電動ジギングでは高速ジャークや、激しいジャークをすることも多い。こんな時にラインがガイドに絡むと即破損、となりがち。トラブルを避けるためにも欠かせないガイド設定です。フロントグリップは操作するときに色々な握り方ができるようロングタイプを採用しています。大物とのファイトもやりやすいですね。全体に電動ジギング専用ロッドとして、とても使いやすく仕上がっていると思います。

エクスセンス ジェノス

辺見 哲也

使用モデル1

S90MH/R
Wild Contact 90

自重はもちろんですが、持ち感、振り感が軽い。

ハッキリ言って硬いロッドだと思います。遠投し、遠くでもしっかりフッキングが出来て、掛けた魚を思い通りに誘導、寄せてくることができるロッドです。自分が使うメインフィールドは、小規模から大規模の河川内。9フィートというレングスは、取り回しがよい最長の長さだと思っています。人間が速く振りやすい長さでもある。スピードが出るし、ルアーも投げやすいので、使い勝手がとても良い。河川内で使うルアー、すべてに対応します。
前作と比べると、凄く軽く感じてもらえると思いますよ。自重はもちろんですが、持ち感、振り感が軽い。感度も良くなっている。前作を持っている人は、良くなったところがより実感できると思います。初めて持った人はビックリするかな。しっかりした強いロッドなのに軽いから。「軽っ!」って言う人が多いですね。硬いロッドですが、しっかり曲がって復元する。強度を保って復元するから軽くできる。この特性があるから魚を寄せやすい。少しの力でロッドを曲げ、反発力を使って投げるキャスティングも可能です。
NEWカーボンモノコックグリップに関しては、グリップ感や操作感の良さ、感度アップが実感できると思います。ルアーがターンしたり、流れが変わった瞬間が分かりやすくなっている。またXガイド エアロチタンはパワーが逃げない感触がある。繊細な見た目ですけど、強いですよ。

X GUIDE×辺見哲也

しっかり強度を保ち、曲がって反発力を伴って復元する、それができるから軽くもできる。こうした要素すべてが、スパイラルXコア搭載によって、向上しています。復元力の違いでルアーの操作感、魚を誘導してくる感触は変わる。反発力が大きければ少しの力でロッドを曲げて投げられる。すべていい方向に出ています。テストして感じたんですが、わざと折ってみると、強さも実感できる。折れ方に粘りがある。ブランクスがつぶれにくく、丸さを保ったまま引き起こしてくる力の強さを感じましたね。

使用モデル1

4000MHG
4000XG

「川は4000MHG。磯では4000XG。巻きごこちが滑らかで、強い負荷がかかっても軽く巻ける。私が使う硬いロッドに負けない剛性感があります」

ステラ[STELLA]