タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

HIDEYUKI MATSUOKA

松岡 豪之

地元宮崎を中心に九州全域をカバーするソルトゲームのエキスパート。その活動範囲は日本国内に留まらず、強靭な肉体とタフなメンタルを武器に日夜ビッグフィッシュを追い求めている。バイタリティに富むフィッシングスタイルから"鉄人"の異名を持つ。

エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

流れの変化が絡む地形変化や障害物際で誘う for 河川

「スライドアサシンを河川で使う場合は、立ち位置によってアップからダウンクロスでアプローチ。狙ったスポットに軽く水を噛ませながら、ナチュラルに流し込みます。狙うべきスポットは、流れのヨレや反転流など流れの変化に絡む、カケアガリやボトムの隆起などの地形変化。あるいは水中の岩などの障害物。要はシーバスが身を潜めて、流されてくるエサを待ち構えているピンスポットでギラギラッとアクションをつけて喰うきっかけを与えます」

引き波で泳がせトゥイッチやフォールで喰うきっかけを与える for 磯ヒラ

「スライドアサシンのレンジは浅いので、薄めのサラシで有効。引き波の流れをつかんで、その場で止まらせるように泳がせやすく、シモリや磯際のエグレなどヒラスズキが潜んでいそうなスポットを狙いやすいです。反応がなければトゥイッチを入れてヒラを打たせたり、一瞬、水中を漂わせるようにフォール。フォール中もヒラヒラ落ちて喰うきっかけを与えます。小さくても風を切り裂くように飛ぶ飛行性能は、逆風で釣りをすることが多いヒラスズキ釣りで武器になります」

トゥイッチで水面に逃げる軌道もバイト誘発

河川と磯で共通しているのは、障害物に潜んでいる魚を狙う点だ。「水を噛んで操作感が得やすいから、ピンスポットでトゥイッチによるヒラ打ちで誘いやすい」。同じことがミノーでもできそうですが?「ミノーはトゥイッチすると潜る。スライドアサシンは上ずる。水面に逃げる小魚のような動きで、捕食のスイッチが入りやすいです」

使用モデル1

4000MHG
4000XG

「川は4000MHG。磯では4000XG。巻きごこちが滑らかで、強い負荷がかかっても軽く巻ける。私が使う硬いロッドに負けない剛性感があります」

ステラ[STELLA]

使用モデル1

PITBULL8 1.2号
PITBULL12 1.5号

ピットブル

「ポピュラークラスのラインですが、基本性能が高く、適度に張りがある扱いやすいラインです。リーダーは、川はエクスセンスリーダーEXフロロ20lb。磯はオシアリーダーEXフロロ40lb」

エクスセンス インフィニティ

あの軽さであの強さは、ちょっと衝撃的。
見た目を裏切るバランスですね。

「S906M / RF」を河川で使いましたが、誰でも使いやすいロッド、というのが第一印象。軽さは凄いな、と思います。強度も思った以上でした。負荷に対する強度が高い。いつも自分がロッドに対して大事に思っている要素はバランスと復元力。「エクスセンス∞」は、しなやかなのに復元力が高い。硬くても復元力がなければ力が活きませんから。軽さと復元力、この2つはかなり高得点です。[スパイラルXコア]の威力でしょうね。
軽量ルアーから重量級ルアーまで、それに外洋サーフ、港湾部、河川内、すべてに対応出来る感じです。グリップも非常に使いやすい。問題がない。ああいうところって、不満を感じなければ、逆にいい。ストレスがないんですから。自分の釣りのなかでは、ナイトゲームなどでの粘りの釣り、サーフ、河口、そういった大場所に合うと思います。一歩進んだ掛かり調子。オートマチックにフッキングしてくれる感じを活かして使いたいですね。