タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

MITSUYA HOTTA

堀田 光哉

1966年生まれ。静岡県出身。
ソルトのショアゲームを中心に、雑誌やTVを通してゲームフィッシングの面白さを紹介し続けているプロアングラー。ヒラメ、アオリイカ、メバル、アジなど、得意なターゲットは多岐に渡る。常に新しい釣法や釣り場を求めて全国各地を釣り歩き、その魅力を発信している。

ネッサ CI4+

ネッサ CI4+

ヒラメ専用ロッドとしての基本性能の高さをぜひ体感してほしい。

ネッサ CI4+は基本的にネッサの性能を受け継いでおり、軽さと扱いやすさにさらに磨きがかかりました。デザインも恰好いいですしね。アイテムについては、使用ルアーやシチュエーションによって選択するといいと思います。対応力で選ぶなら短めのS1002M、S1008MMH、遠投したい方、波が高いフィールドなどで長さが欲しいと思っていた方はS1102MMHがおすすめ。S1002MHは、ヘビーウェイト化するヒラメルアーに対応するようにパワーアップを図ったロッド。重いルアーをこれまで以上に快適に扱え、より余裕を持った釣りを展開可能です。

ネッサ

ネッサ

欲しかった調子が形になったヒラメ専用ロッド。

ネッサは僕が欲しかった調子が具現化されている、ヒラメ釣り専用ロッドです。 専用ロッドと言える条件は、当然なんですがヒラメ用ルアーを使えるということ。 20g以上のウエイト、ウォブリングやウォブンロールを主体とした動きの大きいルアーを使いこなせることが重要です。 「S906MML」はブレイクラインが近いポイントなどで多用する近距離戦用ロッド。 「S1100MMH」は高い足場や波があるような状況、遠浅サーフなどで遠投したいときに使います。 「S1002M」は中間的な存在のオールラウンダー。 僕のメインロッドでもあり、まず一本、という方にもおすすめできるロッドです。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

熱砂スピンブリーズ130S X AR-C&熱砂スピンビームTG ~遠州灘ヒラメ攻略~ 緻密なレンジ攻略と圧倒的な飛距離で獲る!

- 製品プロモーション

熱砂スピンブリーズ130S X AR-C&熱砂スピンビームTG ~遠州灘ヒラメ攻略~ 緻密なレンジ攻略と圧倒的な飛距離で獲る!

登場タックル

遠州灘ヒラメキャスティングゲーム 念願の1枚を手にすることができるか?

- 釣り百景

遠州灘ヒラメキャスティングゲーム 念願の1枚を手にすることができるか?

登場タックル

ネッサ S1002M daybreak versatile / STELLA 4000XG / 熱砂 ヒラメミノーIII 125F / 125S AR-C / 熱砂 スピンドリフト AR-C 80HS / XEFO・サーフトリッパーベスト VF-275M

- 製品プロモーション

ネッサ S1002M daybreak versatile / STELLA 4000XG / 熱砂 ヒラメミノーIII 125F / 125S AR-C / 熱砂 スピンドリフト AR-C 80HS / XEFO・サーフトリッパーベスト VF-275M

登場タックル

AR-Cシステムの限界に挑む。

さっそく、スプリングを内蔵することで飛距離と泳ぎを両立するという、シマノ独自の「AR-C重心移動システム(PAT)」を搭載したプロトモデルを作成してみた。 しかし最初のテストでは、ルアーが重すぎるからか挙動がまったく安定せず、思いどおりにレンジをキープすることもできなかった。
原因は、AR-Cシステムの構造上生まれてしまうウエイト下の無駄な空間にあった。 そこでボディ内部に合わせたウエイトを新たに設計し、その空間を埋めてしまった。 これにより挙動が安定し、狙いどおりのレンジキープ力を生み出すことに成功した。 これが圧倒的な飛距離と安定した泳ぎを両立する「AR-C VR システム」である。 この新システムの完成により、「スピンドリフト110HS AR-S」は平均飛距離78mを達成した。

飛んで泳いで仕留める!新色登場でパワーアップ。

ヒラメファンを虜にする超!定番人気ルアー

「『スピンドリフト』は簡単に言えばヘビーシンキングミノー。 よく飛んでよく沈むのが武器のルアーです。 水深が深いところや流れが速いところで使いやすく、サーフを前提としたヒラメ用ミノーとしては根が少ないところで活躍するタイプです。 僕の大好きなルアーですが、実績もすごい。“釣れるというのは当たり前?”なんですが、2009年に登場してすでに6年選手。 入れ替わりが早いソルトルアーの世界で、息が長く支持されていることは、釣れていることの裏返しですよね。多くのヒラメファンのボックスに入っているルアーだと思いますよ」
『スピンドリフト』のなかで最初に世に出たのは90HS。 あえて固定重心が選択された。重心が動かないので誰が使っても安定した飛距離を出せる、というのがその理由だった。 波の中でもまれてもウェイトが動くことがないので、離岸流のなかでも飛び出すことがない。 泳ぎの安定性もいい。多くのヒラメフリークを虜にした。 だが、重心移動システムは進化した。飛び、泳ぎの安定性を確保したうえで優れた飛距離を生み出すことに成功した、『AR-C重心移動システム』が登場したのだ。
「ぶっちぎりの飛距離としっかり大きく動くのが強み。 『スピンドリフト』の基本的なアクションはウォブンロールですが、ウォブリングが80、ローリングが20くらいのイメージ。 ボディを左右に振って、大きく動くルアーなんです」
飛んでアピールするという、ヒラメルアーの大切な要素を高い基準でクリア。ここが支持を集める理由でもある。

ヒラメは当たり前!ブリの実績も数知れず

『スピンドリフト』は堀田さんのヒラメ用ルアーのローテション順では中ほどに位置するルアー。 しかし、その信頼感の高さから条件さえ揃えば、一番最初に投入されることも珍しくない。
「感覚的な距離感で、『スピンドリフト』が届くと判断できれば出番。水深2mくらいで流れがあるポイントであれば、最初に投入することは多いですよ」
攻めるレンジはベイトフィッシュの種類で変える。イワシがメインのベイトフィッシュであれば表層を、ハゼやシロギスであればボトム付近を泳がせる。 2~3mの水深のポイントでボトム近くをしっかり泳がせることができる設計だ。レンジのコントロールはカウントダウンとリーリングスピードで対応していくのが基本となる。
もちろん、青物にも効果的なルアーであることは言うまでもない。
「『スピンドリフト』は飛距離が出てサイズ感もいい。サーフで使える青物用ミノーって、けっこう少ないんですよ。 オフショア用のミノーはちょっとウェイトが重すぎてタックルバランスが悪いですからね。フックも#3~4が標準で装着されているので安心です。 青物狙いとしてのおすすめは『110HS AR-C』。使っている方も多いと思いますよ。 使いどころはナブラがあっても水面に出きらないときや、水面になんにも変化がなくても青物の気配があるときなどですね」
使い方の基本はカウントダウンからのただ巻き。スピードはいろいろ変えて反応を探っていく。軽くトウィッチアクションを加えながら巻いてきてもいい。
「高知のサーフで単発のライズに合わせて90㎝くらいのブリを釣ったこともありますよ」
堀田さんの実績も特大なのだ。

熱砂 スピンドリフト 90HSはこちら。

熱砂 スピンドリフト AR-C

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

ネッサ S1002M daybreak versatile / STELLA 4000XG / 熱砂 ヒラメミノーIII 125F / 125S AR-C / 熱砂 スピンドリフト AR-C 80HS / XEFO・サーフトリッパーベスト VF-275M

- 製品プロモーション

ネッサ S1002M daybreak versatile / STELLA 4000XG / 熱砂 ヒラメミノーIII 125F / 125S AR-C / 熱砂 スピンドリフト AR-C 80HS / XEFO・サーフトリッパーベスト VF-275M

登場タックル

防水性が高くサーフでのやり取りも安心です。

私の場合、メインとなるのはサーフのヒラメ。波飛沫をかぶることも多いのですが、ツインパワーの防水性の高さには正直驚きました。その差が特に分かりやすいのはラインローラー。私は使用後にサッと水洗いするだけのメンテナンスで使い続けましたが、何のトラブルもありませんでした。これが耐久性や初期性能の維持にもつながることはステラで実証済みです。
また、ヒット後は波打ち際のやり取りとズリ上げでリールに大きな負担が掛かりますが、その点でもまったく不安はありませんでした。ショアジギでヘビーなジグを投げ続けるときも、この強さは大きなメリットになりますね。

ツインパワー

ツインパワー

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

遠州灘ヒラメキャスティングゲーム 念願の1枚を手にすることができるか?

- 釣り百景

遠州灘ヒラメキャスティングゲーム 念願の1枚を手にすることができるか?

登場タックル

TWIN POWER

- 製品プロモーション

TWIN POWER

登場タックル