タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

TETSUYA HENMI

辺見 哲也

東京湾をベースに、プラグを戦略の中心としたシーバスゲームを構築するプロフェッショナルアングラー。渓流のトラウトゲームにも精通しており、プラグのアクションや性能を引き出すことに長けている。

エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

シャローフラットでシンペンに求められる性能とは?

「まずは、広範囲へアプローチするための飛距離。そして、ストレスフリーで攻め抜けるレンジキープ力や泳ぎ出しの良さ、水平に近いスイム姿勢やサイズ感…理想を挙げたらキリがありませんね(笑)。僕が求める多くのリクエストを満載したシンキングペンシル、それがスライドアサシンです」

ロッドワークでトレースラインを調整

「X AR-Cシステムとヘッドリップを搭載しているため、ロッドを上下させるだけで一定のレンジをイージーにキープできます。体感では、上下40~50cm程度の幅を無理なく調整できる印象。スローなただ巻きが基本になりますが、昼夜を問わずトゥイッチを織り交ぜて喰わせの間を演出する使い方も有効です」

圧倒的な飛距離で有利にゲームを展開できる

「ルアーの飛距離は、安定性が重要なファクター。AR-C重心移動システムを搭載しているスライドアサシンは、飛行姿勢が安定しているためコンスタントに高精度な遠投が可能。しっかりと重量があるにもかかわらず、ヘッドリップと発泡素材のAR-C シェルのおかげでレスポンスは優秀です」

「ナイトゲームにおける“情報量”が豊富!」

「シンキングペンシルとは思えない水中の情報量。わずかな流速の変化から流れ藻がフックに絡んだ瞬間まで、しっかりと手元まで伝わります。特に干潟のナイトゲームでは、感度が高いほど有利ですね」

ランカークラス2尾を含む、グッドサイズを連発!

ほぼ無風でベイトが少ない状況下、アマモ帯のエッジをスライドアサシンで丹念に攻め続け、良型をキャッチ。「貫通ワイヤー構造で、太軸のフックにも対応。立ち上がりが良いので、着水直後のバイトチャンスも逃しません」

エクスセンス インフィニティ

辺見 哲也

さまざまな可能性を秘めたブランクス。
使っていてとても安心感がある。

誰にでも使いやすいロッド、これが第一印象ですね。バーサタイルな、シーバスロッドの王道という感じのロッドです。強さのおかげでしょう、使っていて安心感がある。[スパイラルXコア]、これが一番貢献していると思います。シーバスを掛けて、ちょっと無理して「し」の字に曲げこんだときでも、安心してやり取り出来ました。魚にブッシュに入られそうになったときも、強引に負荷をかけて止めることも出来た。ネジレるような方向だったんですが問題ない。硬さではなくトルクでパワーを出している印象を受けましたね。
マイルドに曲がるのに張りがあってシャキシャキ感がある。リアグリップがEVAが無くて硬いぶん、すごくしっかりした感触。中空構造で感度もアップしています。ベイトロッドもいい。ついに本当のベイトロッドが出来たな、という感じ。飛ばすためのアクションがしっかり出ているし、復元力も凄い。非常に高い完成度ですね。

使用モデル1

4000

「巻きごこちや耐久性の面で着実に進化。ウェーディングゲームでは防水性の向上もポイントですね。飛距離を重視してよりライン放出がスムーズな大口径スプールの4000番を選択」

ステラ [STELLA]