タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[インストラクター]

TETSUYA HENMI

辺見 哲也

東京湾をベースに、プラグを戦略の中心としたシーバスゲームを構築するプロフェッショナルアングラー。渓流のトラウトゲームにも精通しており、プラグのアクションや性能を引き出すことに長けている。

NEW エクスセンス[EXSENCE]

NEW エクスセンス[EXSENCE]

使用モデル1

S810ML/R / Respect the Sanctuary

高次元の対応力!聖地・東京湾の新たなスタンダード。

生まれ変わった「Respect the Sanctuary」、その最も大きな変更点は調子、ロッドアクションです。「S810ML/R」はロッド全体で仕事をするタイプ。そのためのレギュラーテーパー設定です。その理由はバラシを減らすため。PEラインを使用した釣りで一番問題になるのはバラシ。シーバスゲームでは、ファイト中にテンションが抜けやすい。テンションを保ったまま、ロッド全体でシーバスの動きを制御してくれる。そんな調子が求められるようになったからです。そのうえで1本でいろいろな釣りを展開できるロッドでなければならない。たとえば、干潟のようなロケーションではロッドを何本も持っていくのは不可能。だから9cm以下のフローティングミノーから1oz弱のバイブレーションプラグまでを使いこなせるロッドが必要です。シャキッとした操作感なのでシーバスを掛けるまでは、硬いと感じるかもしれない。でもいったんシーバスが掛かるとバット部までスムーズに曲がり込む。シーバスのクイックな動きにもロッドが生き物のように反応して追従する。これが「S810ML/R」です。このロッドは東京湾の新たなスタンダードになるでしょう。

サーチに効くハイアピールのワイドボディミノー

「大きめボディとプリプリっとした動きでフラッシングを伴いつつ、オープンエリアでシーバスを誘える。高浮力なボーン素材を採用している影響が大きいと思いますね。もちろんAR-C搭載で飛距離が出るというのもサーチ用のミノーとして優秀だと思います」

エクスセンス レスポンダー 129F AR-C

エクスセンス レスポンダー 129F AR-C

喰わせに効くスリムボディ×ウォブンロールアクションミノー

「スリムボディにも関わらずウォブル+ロールのアクションでしっかり泳ぐ。こういう動きの出せるシャローランナーミノーは稀少なのでよく使います。また、サイズは2つありますが、今のメインは119F。139Fはこの秋の大型ベイトパターンで使いたいですね」

エクスセンス エスクリム シャロー 119F/139F X AR-C

エクスセンス エスクリム シャロー 119F/139F X AR-C

PGタイプで心地よい釣りを楽しんでいます。

僕の釣りはウエーディングでのシーバスゲームが主体。主にシンペン等を使ったスローなパターンを多用します。そんな僕のスタイルにはHGタイプよりPGタイプのほうが使いやすいため、新しいツインパワーに4000PGがラインナップされていることは嬉しいですね。PGタイプはスローリトリーブを心地よく、連続して行うことができるうえ、シーバスがヒットしてからもポンピングせずにリールの力だけで寄せてくることが可能。もちろん、バイブレーションのような引き抵抗の大きなルアーを使うときにも巻き取りパワーと剛性の高さが生きてきます。

ツインパワー[TWIN POWER]

ツインパワー