タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[フィールドテスター]

YASUHIRO AKAZAWA

赤澤 康弘

香川、四国のオフショアをメインフィールドに活躍。釣りの腕や理論もさることながら、気さくな人柄で多くのアングラーや船長から慕われる。瀬戸内を中心に活動する鯛ラバクラブ『鯛ラバーズ』の会長も努め、全国から鯛ラバのファンが集う『鯛ラバカップ』を主催。

使用モデル1

200番シリーズ

ワンランク上の剛性感とタフネスを実感。
鯛ラバの可能性を広げるリールです。

私は鯛ラバゲームで200PGを多用していますが、丸型金属ボディのメリットは、何と言ってもその剛性からくる耐久性の高さではないでしょうか。炎月プレミアムもHAGANEボディで強靭さには定評がありますが、さらに剛性感が増した印象ですね。それをよりハッキリと実感できるのは深場でのドテラ流し。鯛ラバ自体が重く、水深があって、潮流も速い。そういう状況ではオシアコンクエストのタフネスがものを言います。
また他のリールに比べてラインの巻き量が多いことも、ドテラでの安心感につながっています。もちろん、いま何メートルラインが出ているのかを常に知っておくこともドテラ流しには非常に重要。カウンターの情報とフォールレバーの調整で、探る範囲とラインの角度を最適に保つことが可能です。また、この釣りでは大鯛はもちろん青物がヒットすることもよくありますが、レベルワインドがスプールの回転と連動しているためドラグの作動は非常に滑らか。ラインの放出も実にスムーズで、ライトラインでも強気のやり取りが可能です。
最終テストではハチマルクラスの大鯛がきたのですが、Xシート エクストリームガングリップのホールド感も相まって手元が安定。どんな大物が相手でも、何もできずにやられるということはないと確信しました。これは鯛ラバだけでなく、あらゆる釣りで実感できると思います。このように手元がブレずに安定するのも、ガッチリした丸型金属ボディの適度な重さが一役買っているという実感があります。この重厚感、どっしりとした安定感もオシアコンクエストの強みでしょう。

オシアコンクエストCT

赤澤 康弘

調整可能なフォールスピードが釣り人にとって大きな武器となる。

私はフォールが誘い、巻きが喰わせだと思ってやってきましたが、その場合、どちらかと言えばフォールスピードについてこられるやる気のある真鯛が相手でした。それが今回、フォールスピードを自由に調整できるようになったことで、速いフォールに反応しない真鯛も追わせやすく、釣り人に大きな武器が加わったと感じています。炎月プレミアムはフォールレバーによるスピードコントロールはもちろん、レベルワインダー連動によるドラグの滑らかさが特長です。このおかげでラインにストレスが掛からず、これ以上やったら切れる!という心配がない、ラインの性能を100%活かすことができるリールです。

炎月プレミアム

赤澤 康弘

炎月リミテッド

赤澤 康弘

感度の良さと手首の安定感が秀逸。いいことだらけのグリップです。

Xシート エクストリームガングリップは隙間なくしっかりグリップできるため手のひらの接触面が大きく、感度が非常に良いですね。中空のカーボンモノコックグリップを採用している点も、アタリがダイレクトに伝わってくる要因のひとつです。また、今まではグリップを握っている親指や小指など「点」で真鯛の引きを感じることが多かったのですが、このシートは面でしっかりホールドできるので、普通なら手首をノサれたり、手元がブレたりする大鯛のパワーもしっかり受け止めることができます。誘いからファイトまで、あらゆる場面でアングラーに安心感をもたらしてくれる、いいことだらけのグリップですね。

スロー&ハイアピールの特性を活かし、浮き気味の真鯛を強い動きで誘う。

フラットバクバクは面で水流を受けるため、フォールスピードが遅い。しかも落ちていくときに震え、巻き上げではウォブルアクションを伴ったハイアピールな動きを見せてくれます。この特性を利用して中層に浮いている個体が追い付きやすい速度を演出し、強い動きでバイトに導くというのが私の考えです。また、あたかも弱ったイワシがフラフラと沈んでいくような動きは外海のイワシパターンにも効果大。そんな状況でも使ってみたいですね。

炎月 フラットバクバク

赤澤 康弘

追い喰いが期待でき、ショートバイトに強い!

「私のホームグラウンドである高松エリアでは、潮が動かないと途端に鯛の喰いが悪くなるが、そのような状況下でも集魚ネクタイはバイトが出やすいです。また、鯛ラバはショートバイトも多いが、集魚ネクタイはもう一度ネクタイを喰い直したり、追い喰いがある。追い喰いをする鯛がいることで、他の鯛の活性も上がり、さらにバイトチャンスが増える。集魚ネクタイは一般的なシリコンネクタイに比べて絡みにくいので、バイトがあってもネクタイの絡みをチェックすることなくそのまま釣りを続行でき、"この時合いを逃したくない!"という時に確実に釣りを続けられます。ネクタイのセレクトについてはベイトが鰯なら『鰯シャッド』を投入。低活性時なら微波動、微振動の『鯛虫ピン』や、動きが控えめな『トルクストレート』を投入する。ちなみに高松エリアでは年間を通じて『イカタコカーリー』の実績が非常に高いので他のエリアでもぜひ試していただきたいですね。カラーについては、濁りが強い場合やマズメはピンクグローやフラッシュチャート、澄み潮ならカタクチ、100mを超える深場はコーラがおすすめです」

炎月 集魚ネクタイ

炎月 集魚ネクタイ