タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

ソルトウォーターソルトウォーター
[フィールドテスター]

YASUHIRO AKAZAWA

赤澤 康弘

香川、四国のオフショアをメインフィールドに活躍。釣りの腕や理論もさることながら、気さくな人柄で多くのアングラーや船長から慕われる。瀬戸内を中心に活動する鯛ラバクラブ『鯛ラバーズ』の会長も努め、全国から鯛ラバのファンが集う『鯛ラバカップ』という大会を主催。

追い喰いが期待でき、ショートバイトに強い!

「私のホームグラウンドである高松エリアでは、潮が動かないと途端に鯛の喰いが悪くなるが、そのような状況下でも集魚ネクタイはバイトが出やすいです。また、鯛ラバはショートバイトも多いが、集魚ネクタイはもう一度ネクタイを喰い直したり、追い喰いがある。追い喰いをする鯛がいることで、他の鯛の活性も上がり、さらにバイトチャンスが増える。集魚ネクタイは一般的なシリコンネクタイに比べて絡みにくいので、バイトがあってもネクタイの絡みをチェックすることなくそのまま釣りを続行でき、"この時合いを逃したくない!"という時に確実に釣りを続けられます。ネクタイのセレクトについてはベイトが鰯なら『鰯シャッド』を投入。低活性時なら微波動、微振動の『鯛虫ピン』や、動きが控えめな『トルクストレート』を投入する。ちなみに高松エリアでは年間を通じて『イカタコカーリー』の実績が非常に高いので他のエリアでもぜひ試していただきたいですね。カラーについては、濁りが強い場合やマズメはピンクグローやフラッシュチャート、澄み潮ならカタクチ、100mを超える深場はコーラがおすすめです」

炎月 集魚ネクタイ

炎月 集魚ネクタイ