タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

投げ投げ
[フィールドテスター]

OSAMU YAMAMOTO

山本 修

神奈川県茅ヶ崎市在住。シマノ・ジャパンカップを2001、2002、2003と三連覇。2004年も3位入賞するほか、釣り大会での入賞多数。

アクセルスピン

振り込むほどに楽しさが増すType-R

僕はもともと曲げた後の返りが早い先調子の竿が好きで、これまでもキススペシャルやスピンパワーといった先調子の竿を使ってきました。アクセルスピンの中から1本選べと言われたら、間違いなくType-Fでしょうね。そんな僕が胴調子のType-Rを振ったときは、スイングよりも遅れて穂先が返ってくるようで、正直なところ物足りなさを感じたんです。でも振り込んでいくうちに「コレいいじゃん!」と思うようになりました。釣り人がスイングのスピードで曲げるType-Fに対して、Type-Rは振れば簡単に曲がるっていうのかな。オモリの重量を乗せる感覚で振ると、軽い力でもスコーンと飛んでいってくれるんですよ。“竿を曲げる楽しさ”を味わえるんですね。僕の場合、遠投が必要な場面ではType-FのCX+あたりを使うだろうけど、さほど遠投しなくても釣れるようなときは、楽にキャストできるType-Rを使うかな。Type-Rで飛距離がほしいなら、ワンランク上の硬さにするといいと思います。先調子のCX+で7色前後投げられる人は、Type-RのBXにすると同じくらいの飛距離が出ますよ。

NEW キス スペシャル〈並継〉

NEW キス スペシャル〈並継〉

8色でキスのアタリが待てる

僕の好きなのはAXからBXなんですけど感触としては、曲がるとこは曲がって、しっかり飛んでくれる。特に#2を曲げ込んでからの反発力がものすごく高いと感じましたね。どの竿も先代よりワンランク上の反発力がありますね。これまでは、AXでフルキャストで釣りができる距離は7色半程度でしたが、今回のプロトでは、8色でキスのアタリを待つことができました。どの竿も今までの竿よりも半色先の実釣はできるかな、みたいな感じは受けましたね。また、感度的にも申し分ないですね。自分としては、遠投の場合、AXかBX+を選びますが、特に使いやすかったのはCX+ですね。素直で投げやすく、良く飛びますね。感度は、6色半以上先のピンギスのアタリも明確に取れますし、底の状態も問題無くわかりました。AXからCXまで、色々な硬さがありますので、パワーや好み、釣り場に合わせて選んでもらえれば、上級者に限らず万人が楽しめる竿だと思いますよ。