タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

投げ投げ
[フィールドテスター]

KOICHI ITO

伊藤 幸一

地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回 優勝。

スーパーエアロ キススペシャル[SUPER AERO KISU SPECIAL]

使用モデル1

スーパーエアロキススペシャル コンペエディション

1mでも2mでも遠くへ!きっとコンペエディションモデルが応えてくれるはず

私は、今回2種類のオシュレート機構の中で、スーパースローオシュレート機構を搭載したコンペエディションモデルを選択しました。理由は簡単です。「遠投性能に優れているから」と「私のスタイルにマッチしている」からです。スプールへスーパースロー10によって巻かれたラインが、ループが乱れることなく美しく放出されていく光景は実に気持ちが良くキャスターの遠投魂に響きます。また、スプールにも改良が加えられ、新たに溝が施されており、残り1色をきってもラインのズレ防止が図れています。私のスタイルであるリールサビきでは、1回当たりの巻き上げる長さに変化が有ってほしく無いのです。ノーテーパースプールであれば、常に一定ですが、テーパースプールでは、前後の直径が僅かですが違います。上下に大きく動き巻き取るオシュレーションでは、1回当たりの巻き上げ長さの変化量が大きくなるので、出来るだけ変化の少ないスーパースロー10が理想なのです。ボディーの改良もされており、新たに「パラレルボディー」となっており、ロッドとリールの角度が平行になっています。放出時にラインがロッドに触れることなく、スムースにバッドガイドへ導かれるようになり飛距離アップに貢献しています。

 

それからスーパースロー10の場合には、発泡オモリ、木オモリ等の浮力のあるテンビンは不向きです。(巻き乱れを起こしやすい) ムクオモリ、タングステン素材のテンビンの使用をお勧めします。また、最後の1色程度をテンション巻きすることによってライントラブルのリスクを最小限に抑えることができます。逆にそれだけスーパースロー10は、放出抵抗が少なく遠投性能に優れている。という事になります。1mでも2mでも遠くへ!きっとコンペエディションモデルが応えてくれるはずです。様々な改良が施され細かな箇所までブラッシュアップされたNewスーパーエアロキススペシャルで新たなる領域のキャストフィールを体感して下さい。

NEW キス スペシャル〈並継〉

NEW キス スペシャル〈並継〉

遠投力と感度、サビキやすさが魅力

どの番手の竿も剛性が上がったという印象で、特に#2・#3Vが強い。ワンランク上の反発力を感じました。自分が振る分には、CX+でBXやBX+と同等の距離が出ましたね。そして感度は先代のキススペ同様、アタリはシビアに感じるのですが、一番変わったなと思ったのは、海底の細かい砂とかちょっと粗い砂とかの差まで鮮明に見えるようなイメージが伝わって来る。そんなレベルまで、繊細さが増していますね。それとサビいた時の感じも、従来の柔らかいクラスだと、ちょっと穂先が細いから、どうしても海底の起伏に対してお辞儀しちゃうとこがあるんですよね、でも、今回のはCX+・CX共あんまりそういうのがないんですよ。すごくスムーズにサビけるっていうか。やわらかい番手で感じる、起伏とかに引っかかって、グーッと曲がってそれを乗り越える時にビューンと戻る感じで、引きにくかったりするんですが、それが無くすごく引きやすかったですね。私はCX+が一番気に入りましたね。