タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

渓流渓流
[インストラクター]

TOKUO WAGATSUMA

我妻 徳雄

昭和35年11月生まれ、山形県在住。
15歳で渓流釣りを始める。白石川、鬼面川水系を中心に、年間約100日の釣行を重ねる。6~7メートルの竿での渓流域の釣りを得意としている。山形県内陸部にサクラマスが戻ってくる日を楽しみに夢見ている。

ボーダレス 50 GL

ボーダレス 50 GL

渓流では何があるかわからないからボーダレスのような竿が必要なんです。

小継渓流竿といっても、近年は点の釣り、線の釣り、源流用、引き抜き用など、それぞれ用途に応じて設計された製品が目立ちますが、『ボーダレス50』はそのど真ん中に割って入るオールラウンダーだと感じています。クセのない先調子は、ヤマメからイワナまで対応します。やや硬めでタフな作りなので、太めのラインで強引にやり取りしたいときにもいいですね。
釣行する際はいくつか川をピックアップして、ある程度どんな状況で竿を出すか予想してから出かけるのですが、高水だったり地形が変わっていたり、想定外の状況に出くわすことがあります。こんなときに『ボーダレス50』があると心強い。釣りでは何があるかわからない。だからこそボーダレスのような何でもできる竿が必要なんですよ。

源流峰(げんりゅうほう) NR

源流峰(げんりゅうほう) NR

一歩も動けない不利な場所で強引に勝負するときに使いたい竿ですね。

やや胴に乗る調子で引きをいなしながら取るヤマメ竿に対し、チョウチン釣りを多用するイワナ釣りでは、短い仕掛けを振り込みやすい先調子が好まれる傾向があります。また源流域は足場が悪いポイントが多いことから、太めのラインを使える硬めの竿がメインとなります。こんな意味で『源流峰』は、生粋のイワナ竿といえますね。
『源流峰』は水深のあるポイントで重めのオモリを使い、40cm 近いイワナを引き抜く釣りを想定して開発した竿です。先調子ではあるものの掛けると粘りながら曲がりが入り、大物でも走りを止めるやいなや、一気に抜くことができます。
本来、竿の調子は節の数が少ないほど作りやすいのですが、源流域の遡行を考えると仕舞寸法は短いほうが望ましい。『源流峰』は50cm以下のコンパクトな仕舞なのに、これだけのパワーを有しているのには驚きました。大岩に囲まれた滝壺など、釣り人にとって不利な場所で強引に勝負したいときに使いたい竿ですね。

テクニカルゲーム 攻隼(こうしゅん) ZA

テクニカルゲーム 攻隼(こうしゅん) ZA

喰い込み性能を維持したまま攻めに釣り人の意志を反映できる。

柔軟なグラスソリッド穂先「ビビッドトップ」を搭載した竿は、そのしなやかさによる優れた喰い込み性能と、安定したドリフト性能が最大の特長であると思っている。これまでも歴代のビビッドトップ搭載モデルを振ってきたが、しなやかな穂先の効能は十分に体感したものの、あらゆる操作をスムーズに行えてしまうため、自分の意志で仕掛けを操作するダイレクト感は、やや薄かった感がある。
微妙な張りを持たせた「ビビッドトップⅡ」を採用した「攻隼ZA」は、ほどよいシッカリ感があり、従来の喰い込み性能を維持したまま操作性がアップしている。投入、流し、喰わせといった一連の所作に、釣り人の意志をきちんと反映できるのだ。
掛け調子は「弧渓」や「翠弧」の流れを汲む本調子寄りにシフトした印象だ。魚が掛かると竿全体が曲がって負荷を受け止め、中小型の数釣りはもちろん、不意に喰ってくる大物にも余裕を持って対処できる。テストではハリス0.3号で40cmのイワナ、ハリス0.2号で33cmのヤマメを取り込んでおり、「攻隼ZA」はまさに柔と剛が絶妙に融合した竿といえるだろう。
これまでのビビッドトップ搭載モデルはS中硬のみの設定であったが、「攻隼ZA」はS中硬、S硬調の2アイテム構成へ一新した。S中硬はスレた魚に違和感なく喰い込ませるビビッドトップらしさを体感できる。穂持ち以降の節に張りを持たせたS硬調は合わせが利き、積極的に攻めていけるアイテムだ。

翠弧(すいこ)ZL

翠弧(すいこ)ZL

曲げていなす"本調子"「見た目は普通の小継竿だが中身はまったくの別モノ。」

鮎竿と同じ「ウルトラマッスルカーボン」を使い、「パラボラチューン」「スパイラルX」などシマノが持ちうる技術を随所に導入した『翠弧ZL』は細身&軽量で操作性に優れ、そのうえ高感度。見た目はスリムな小継竿だが、中身はまったくの別モノだ。 まず驚いたのはパワー。魚が掛かると負荷に応じて曲がりが入ってくるのだが、そこから竿全体で引きを分散し、魚を怒らせることなくスムーズに起き上がってくるのだ。従来の竿ならば、腕や膝の屈伸を使って竿の角度を保ったり、場合によっては足場を移すといった動作が必要な場面でも、竿全体が曲がってスッと魚の走りを止めてしまう。これが先調子でも抜調子でもない新たなるカテゴリー、『本調子』というものなのだろう。 細身のブランクスは風切りがよく、ネジレを抑制する「スパイラルX」と相まってピンポイントキャストが意のままに決まる。 これだけの扱いやすさがありながら、上級者の繊細なテクニックを即座に反映するレスポンスは見事と言うほかない。