タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

渓流渓流
[インストラクター]

SATOSHI INOUE

井上 聡

昭和35年4月生まれ、群馬県在住。
15歳で本格的に渓流釣りを始め、利根川をホームグラウンドに四季の魚、記憶に残る大物を求めて全国を巡り、精力的に釣行を重ねている。 本流と渓流のヤマメ釣りとワカサギ釣りを得意とする淡水の釣りなら何でもこなすオールラウンダー。
釣りのモットーは「楽しく安全に!自然を大切に」

スーパーゲーム ベイシス ZP

スーパーゲーム ベイシス ZP

好評の前モデルをベースに各部が強化された本格派本流竿だ。

気軽に本流釣りを楽しめる本格派スタンダードロッド・「スーパーゲーム ベイシス」。基本性能は前モデルから継承しながらも、随所にこだわった作りになっています。肉厚カーボン、そしてパラボラチューンとスパイラルXの相乗効果で、絞り込むほどに底知れぬパワーを発揮。パワー以外にも正確な振り込み、ブレない流し、正確かつ素早い合わせ、スムーズな取り込みなど、あらゆる動作においてX構造の効果を実感していただけることでしょう。
HHは粘り強さにウエイトを置いたストロングモデル。大型ニジマスを狙えるパワーを秘め、3号クラスの太糸にも対応します。Hは振り抜けがよく、操作性にも優れたパワーモデル。サクラマスやサツキマスを中心に、細いラインでも大物を仕留めることができます。MHは、好評をいただいた前モデルのバランスを引き継ぐパワーフィネスモデル。やや短めの75-80レングスは誰でも軽快に扱うことができ、大物の引きをしなやかにいなしてスムーズに取り込めます。

スーパーゲームスペシャル サーモンZP

スーパーゲームスペシャル サーモンZP

パワーを重視しながら重さを感じさせない高バランス。

ときとして9㎏近い大物と格闘するサケ釣りでは、使用するラインも4~5号が主流で、6号、7号といった太糸を使う方も見かけます。 太仕掛けでの力勝負を見据え、「スーパーゲームSPサーモン83-89ZP」は胴の粘りとパワーを上げ、「スパイラルX」で竿ブレを抑制。 振り込みの精度や曲がり込んだ後の回復力が向上しています。パワーを重視した設計ながら持ち重りを感じないのは、全体のバランスがよいからでしょう。 大きなエサを川底付近になじませてゆっくり流すサケ釣りでは重いオモリを必要とします。 「エキサイトトップ&ハイパワーXティップ」は川底の起伏をとらえながら、重いオモリを自在にコントロールできます。 高感度で合わせた際にも力が逃げず、ハリが深く立ち込んでくれます。 60㎝ズームは取り込みが容易になるだけでなく、河川の規模に応じて2つの長さを選ぶという使い方も可能です。 晩秋から初冬にかけてがシーズンのサケ釣りにおいて、グローブを着用しても滑りにくい「しっとりグリップ」はありがたいですね。

スーパーゲームライトスペック

スーパーゲームライトスペック

軽快で繊細ななかに秘められたパワーが素晴らしい。

ライトスペックを手にしてまず思うのは、細身であること、そして軽量であること。 ただ、いくら軽量で取り回しのよいものであっても、正確に仕掛けを振り込み、細糸をいたわりつつ大型を取り込めるものでなければ、本流ヤマメ竿として失格である。
その点、2代目のライトスペックは一振りしただけで優秀であることがわかった。 私はB、3Bのガン玉をときに2~3個打つが、この重いオモリにも穂先が負けず、ピンポイントに打ち込めるのだ。 振り込み後の穂先の止まりも早いうえ、魚が掛かれば胴のパワーでグイグイ寄せられる。クセがないので、初心者が使ってもこの粘りを引き出せるだろう。
軽快で繊細な中に秘められたパワー。これが新たなるライトスペックの真骨頂といえる。