タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

磯・防波堤磯・防波堤
[インストラクター]

SHUJI TANAKA

田中 修司

1970年生まれ、大分県佐伯市在住。24歳で磯デビューするも苦杯を喫し、2年間は堤防でフカセの基礎を独学で磨き再デビュー後、急速に頭角を現し、磯釣り界の第一線に。2013・2017ジャパンカップグレで優勝2回。他にも準優勝、3位各1回、鱗海カップ3位2回の実績を誇る。

プロテック

シビアな状況を打破する

海面下の仕掛けの状況を判断し、臨戦態勢で集中すれば結果が出る。

シマノの先進技術を凝縮してプロテックが大きく進化しました。私がまず唸ったのがより繊細になった穂先の表現力です。魚の微妙な喰い込みにもしなやかにスッと入り、弾くことも少なくなりました。そして使い込むことでラインが潮の流れを受けているのか、風の影響か、魚からの微妙なシグナルか。これらを穂先の曲がりで判断することが可能になります。この情報伝達性能はハイプレッシャーエリアにおいて大きな武器。私のホームである大分県南の磯では、時としてウキは動かず、ラインも走らない。わずかな穂先の震えやラインに添えた指先の感覚で瞬時に合わせなければ釣果を伸ばせないことがあります。そういったシビアな状況を打破するのがNEWプロテックです。また状況が厳しいほど、仕掛けはより繊細になります。その細いラインを守ってくれるのもプロテックの大きな特長。ロッド全体を思いっ切り曲げて、寄せ込むことができます。ぜひタフなフィールドで試してほしいですね。

イソリミテッド

イソリミテッド

すべての進化が衝撃的。このロッドには夢がある。

遂にベールを脱いだNEWイソリミテッド。リールシートを握っただけで、これまでの磯ロッドとは異次元の感覚に襲われました。考え尽くされたXシートのグリップ性能もさることながら、やはり注目すべきはコアブランクスです。上質なカーボン素材を使用したスパイラルXコアに加え、NEWパラボラチューンRXガイドでチューニングしたブランクスですが、魚を掛ければ引きに対してロッドが追従しながらも、魚に負荷をかけて勝手に寄せてくる。そんな感覚です。だからロッドをあおる必要もない。そして起こしたまま巻き込んでも手に負担がこない。すべての節を違和感なく力が伝達されるため良型を片手でタメてのやり取りが可能で、結果取り込みが速く、楽になる。そして強い風など釣り人を悩ませる悪条件下でも、よりブレやネジレが抑え込まれています。前傾・大口径化したXガイドによるトラブルレスはもちろん、やり取り時のラインの抜けも向上。磯ロッドは遂にここまで来たか。そう感じていただける夢のあるロッドの誕生です。

マスターチューン イソ

トーナメントの聖地で良型クチブトに挑む

掛けることを優先した1-530、バランスの良さが光ります。

全体としてみれば、ベイシスをややマイルドにした印象ですが、マスターチューンイソは号数毎に味付けが異なります。

私が今回、使用した1-530は掛けることを優先した調子に仕上がっています。とはいっても操作性だけに特化しているのではなく、魚の引きが乗ってからの突っ張り感はなく、負荷をブランクスが上手く吸収してくれますね。

基本設定はベイシスをマイルドに、ということですが、マスターチューンイソは号数毎にチューニングが異なります。

スパイラルX & ハイパワーX、そしてパラボラチューンが生み出すブランクスの恩恵ととらえています。

最初のプロトタイプをテストしたときは少し持ち重りがあり、やや腕に負担が掛かっていましたが、リールシート位置の変更など、細かい部分を微修正することにより、非常にバランスの良いロッドになったと思います。

45cmクラスのとても元気の良いクチブトを取り込みましたが、腕への負担が少ないですね。

進化したXガイド、細いPEラインにも対応します。

掛かったときに綺麗に曲がり込んでいって、じわじわ起こすことができる。

それでいて魚を掛けるときやライン操作にはシャープに追随してくれます。

それとXガイドですが、口径が少し広くなり、ラインの放出性能がかなり向上しています。

昨年からPEラインでの釣りに取り組んでいて、今回もメインラインにPE0.6号を使いましたが、糸ガラミが多いと言われるPEでも、トラブルはありませんでした。

マスターチューンイソはトーナメントにも向いていると考えています。

30~35cmクラスのアベレージサイズなら、ロッドを起こすまでもなく、曲げ込んだまま連れて来ることが可能で、手返しよくスピーディな勝負に持ち込めます。

サイズを狙うような場合は1.5号。良い魚を掛けても腕に負担が少なく、ためるだけで魚を浮かせることができますね。

タックルインプレッション 田中修司×マスターチューンイソ

使用モデル

C3000D XXG S

C3000D TYPE-G S

少ないハンドルの回転数で、大型の魚と距離を詰める。

いよいよシマノLBリール最速のXXGがラインナップされました。

最近、遠投釣法が流行ってきましたが、まさにうってつけ。

魚が途中で反撃に出ればSUTブレーキで最小限のラインを送り込むだけ。出すラインよりも1回転で巻くラインの方が長いので、余裕が生まれます。

ハイギアは掛けてから巻き重りがすると思われがちですが、魚が大きいほど、その感じ方は減って、メリットの方が際立ってきます。ハンドルを巻く回数が多いと振動の伝わる頻度も多くなります。

私なら尾長相手でも、低回転数で巻き取り量の多いXXGを選びます。

逆に負荷が少ない場合の方が、抵抗感がある。でもその抵抗感は感度につながるわけで、私はメリットだと思います。

 

タックルインプレッション 田中修司×NEWハイパーフォース XXG SUTブレーキタイプ

試合のリズムを崩さない。速くて安定した取り込みが可能に。

初めて使ったとき、逆回転時のあまりの振動のなさに驚きました。まるでオープンベールでライン放出したような抵抗感のなさ。一気にテンションが消えるため、魚が油断するのか動きが止まることがあります。
通常のLBリールだと、逆回転が魚のスピードに追いつかず、振動や抵抗によって、かなり走られていた。SUTブレーキだとそういったことが激減します。だから取り込みのスピードがアップする。限られた時間でできるだけ多くの魚を取り込むトーナメントでは心強い戦力です。
またトーナメントでは不意の大物が当たって、LBのテンポの遅さから切られることもありました。
しかしSUTブレーキだと伸されることを回避し、仕掛けもカバーしてくれながら、大物の取り込み時間も短縮できる。そのため試合で大切なリズムを崩すことなく釣りに集中することが可能です。
この圧倒的な性能はもう手放せないですね。

NEW BB-X テクニウム

NEW BB-X テクニウム

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

- 製品プロモーション

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

登場タックル