タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

磯・防波堤磯・防波堤
[インストラクター]

TETSUYA TAKAHASHI

高橋 哲也

沖縄県在住。神奈川県横浜市に生まれ、小学生の頃から海釣りに親しむ。独自のスタイルで磯釣り界をリードし、今や日本を飛び越え海外の磯へも。船釣りにおいても幅広く活躍。BS釣りビジョンの「オフショアレボリューションNEXT」に出演中。世界最高峰の釣具作りに携わる。

この感覚は、想像を超えていた。

初代BB-Xリールを手にしたのが15歳のときです。それから35年近く一緒に過ごしてきたわけですが、今回、SUTブレーキによって画期的な飛躍を感じることができました。なんといってもハンドルの遠心力から解き放たれたこと。これが第一です。ハンドルの逆回転はレバーブレーキリールの構造的な宿命でしたが、それを一新してローターの逆回転のみ。回転部分の激減によりラインの出方がとてもスムーズで速い。そしてブレがない。釣りに対するメリット云々よりも、とにかく気持ちが良い。使っている感覚が充実してきますね。実釣においては、これから使い込むことで、新たな可能性がどんどん見えてくると思います。その部分でもとっても楽しみですね。これまでとはまったく違う感覚。とにかく使ってみなければわからない。ぜひ皆様にもご体験いただきたいと思います。

NEW BB-X テクニウム

NEW BB-X テクニウム

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

- 製品プロモーション

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

登場タックル

釣り百景「#112 黒潮本流・流れを制す!九州本島最南端 佐多岬の磯釣り」

- 釣り百景

#112 黒潮本流・流れを制す!九州本島最南端 佐多岬の磯釣り

登場タックル

BB-X SPECIAL SZII

BB-X SPECIAL SZ II

シマノ最新フィーチャーを凝縮したロッド。

5年ぶりのモデルチェンジとなった「BB-X SPECIAL SZII」は機能面で大きな進化を果たしました。 まずズームの感触が変わったこと。これまでイン/アップの終点がカチっという感じで止まっていたんですが、 非常に滑らかなタッチで操作ができるタイプへと変わり、耐久性も大幅に伸びました。 ズーム位置が5cm手前になったことで、ズームに慣れていない方でもイン/アップしやすいと思います。 リールシートはスクリュータイプのパームフィットシートCI4+でしっかりとした固定が可能。 ハードな状況でも安心して使えます。Xガイドは軽量コンパクトで、軽快な穂先に貢献。 細いラインを使う方は絡みにくさにも期待が持てますね。 さらに力の伝達を円滑にするパラボラチューンR、ネジレに強いスパイラルXなど、多彩なシマノの先端技術が凝縮されています。

硬式先調子でもバットまで綺麗に曲がる。

機能とは全く別に考えなければならないのがロッドの調子です。 「BB-X SPECIAL SZII」は、軽さ、慣性モーメント、パワー、粘り、手元の乗りのすべてにおいて前作を上回りました。 そして硬式先調子を謳っています。 ここで誤解しないでほしいのですが、例えば「BB-X SPECIAL SZII 1号」のロッドで50cmのグレを掛けて、やり取りすれば、綺麗な曲線できっちりと手元まで曲がり込みます。 硬いバットで強引にねじ伏せるロッドでは決してありません。そして各号数ごとに反発も異なるので、当然使い方も違ってきます。 このロッドに心を惹かれる方は、自分で号数を決める眼を持っていると思います。 行きたいフィールドや、やりたい釣り方、そして釣りたい魚を考えてしっかりと号数選びをしてほしいと思います。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

#128 国境を越えてつながる釣り交遊 台湾の離島で磯釣り

- 製品プロモーション

#128 国境を越えてつながる釣り交遊 台湾の離島で磯釣り

登場タックル

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

- 製品プロモーション

磯プロモーション動画 2015-2016 『野性を解き放つ旅』

登場タックル

釣り百景「#112 黒潮本流・流れを制す!九州本島最南端 佐多岬の磯釣り」

- 釣り百景

#112 黒潮本流・流れを制す!九州本島最南端 佐多岬の磯釣り

登場タックル

レマーレ

日本の有人の島では最南端となる波照間島の磯からこのレマーレⅥを使用しました。13キロのアオチビキ(オオマチ)や10キロクラスのバラフエダイ(アカナー)を釣り上げてまず感じたのは、ビッグゲームで限界に挑戦するときにタックルに最も必要とされる「安心感」「信頼感」があるという事。ブランクスに搭載されている「スパイラルX」や「パラボラチューンR」「マッスルカーボン」などの表面からは見ることができない機能や素材が竿の内部で存分に力を発揮してくれたので、不安なく魚とのやり取りに集中できました。

また、仕掛を流すとき、やり取りのときに役立つ「35cmシルキーズーム」や新しいスクリュータイプのリールシートの「パワーパームフィットシートCI4+」も大型魚との限界ギリギリのやり取りの際に確実にサポートしてくれました。

是非、このレマーレⅣ、レマーレⅤ、レマーレⅥを手に取って、オキアミやキビナゴ、イワシなどを流してみてください。いつも行っているあの釣り場でも、エサを替えるだけで釣れてくる魚の種類やサイズが変わることはよくあります。磯の上のように地球の鼓動を感じることのできる場所で、新しい可能性に挑戦することは、とてもエキサイティングなことです。

磯から夢を実現するためのロッド「レマーレ」で、皆さんも磯釣りの新しい世界を共に愉しみましょう!

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

TACKLE IMPRESSION Vol.2

- TACKLE IMPRESSION

TACKLE IMPRESSION Vol.2

登場タックル