タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

磯・防波堤磯・防波堤
[フィールドテスター]

NAKADE KAZUYA

三重県松阪市在住。1972年生まれ。三重離島会所属。小学生の時父親と石鯛釣りに行ったのがこの世界に入るきっかけ。今では石鯛・口白を求めて日本全国を釣り歩く。例年、4月の小笠原諸島母島、5月の男女群島、6~11月は島根県隠岐の島、紀東、南紀、12~3月は釣況が良ければ屋久島・八丈島までを巡る。得意な釣法は遠投釣法だが、手持ちの釣り・置き竿の釣りなど、その場所に応じた釣り方で、一発でっかい魚を常に狙って釣行している。石鯛の記録は島根県隠岐の島で70.5センチ,口白の記録は小笠原諸島母島で81センチを1日で2枚と驚異的。石鯛・口白釣りの魅力は、餌を触ってくわえて走るまでの「駆け引き」と何回もの締め込みに耐え、豪快に磯への振りあげる一連の動作における「繊細さ」と「豪快さ」を併せ持つところと語る。座右の銘 「釣りは楽しく一発大判」

極翔 石鯛

極翔 石鯛

中出一也×極翔 石鯛×KAIKON ~その1~
日本屈指の魚影を誇る隠岐にあって いま注目を集める知夫里島へ

島根半島の北約50kmに位置する隠岐諸島は、対馬暖流の恵みを受ける磯釣りアイランド。とりわけイシダイの魚影の濃さは日本屈指といわれ、中国地方はもとより、関西や中部、九州から遠征する熱血イシダイ師が少なくない。そんな隠岐諸島にあって、いま注目を集めているのが知夫里島だ。2014年から島根半島七類と島を結ぶ渡船が就航し、釣り場開拓に燃える釣り人が続々と攻めている。

» 続きを読む

 

中出一也×極翔 石鯛×KAIKON ~その2~
竿を手に持ち送って送って10m。ワザありの良型連発!

2日目は西ノ島との水道に面するロンデに渡礁。入念に底取りを繰り返し、大桂島向きの右の竿は54~55mに、西ノ島の赤灘鼻灯台向きの左の竿も54~55mにエサを置く。釣り開始は午前7時35分だ。沖の潮は左から右へ本命の本潮が走っており、その潮に向けて手前は右から左へ流れている。すると、一投目から右の竿、左の竿の順にイシダイのアタリが出るが、ピトンに竿を掛けたままでは走らない。「やっぱり手持ちで送り込んでやらんと走りませんね」。

 

8時15分、左の竿が押さえ込まれた。すかさず竿を手持ちにしてリールのクラッチを切り、ポイントに対して竿が90度になるまでラインを出す。そうしてアタリに合わせて送り込んでいくが、竿と道糸が一直線になったところでストップ。再度ラインを出しながら竿を横に戻しテンションを緩めてやると動き出した。魚の動きに対し違和感を与えないよう、それでいて少しずつテンションを強めながら送り込む。すると、竿と道糸が一直線になりかけたところで一気に走った。

» 続きを読む

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

製品プロモーション - 極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

- 製品プロモーション

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 後編

登場タックル

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

- 製品プロモーション

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

登場タックル

中出一也×極翔 石鯛×KAIKON ~その1~
日本屈指の魚影を誇る隠岐にあって いま注目を集める知夫里島へ

島根半島の北約50kmに位置する隠岐諸島は、対馬暖流の恵みを受ける磯釣りアイランド。とりわけイシダイの魚影の濃さは日本屈指といわれ、中国地方はもとより、関西や中部、九州から遠征する熱血イシダイ師が少なくない。そんな隠岐諸島にあって、いま注目を集めているのが知夫里島だ。2014年から島根半島七類と島を結ぶ渡船が就航し、釣り場開拓に燃える釣り人が続々と攻めている。

» 続きを読む

 

中出一也×極翔 石鯛×KAIKON ~その2~
竿を手に持ち送って送って10m。ワザありの良型連発!

2日目は西ノ島との水道に面するロンデに渡礁。入念に底取りを繰り返し、大桂島向きの右の竿は54~55mに、西ノ島の赤灘鼻灯台向きの左の竿も54~55mにエサを置く。釣り開始は午前7時35分だ。沖の潮は左から右へ本命の本潮が走っており、その潮に向けて手前は右から左へ流れている。すると、一投目から右の竿、左の竿の順にイシダイのアタリが出るが、ピトンに竿を掛けたままでは走らない。「やっぱり手持ちで送り込んでやらんと走りませんね」。

 

8時15分、左の竿が押さえ込まれた。すかさず竿を手持ちにしてリールのクラッチを切り、ポイントに対して竿が90度になるまでラインを出す。そうしてアタリに合わせて送り込んでいくが、竿と道糸が一直線になったところでストップ。再度ラインを出しながら竿を横に戻しテンションを緩めてやると動き出した。魚の動きに対し違和感を与えないよう、それでいて少しずつテンションを強めながら送り込む。すると、竿と道糸が一直線になりかけたところで一気に走った。

» 続きを読む

海魂[KAIKON]

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

製品プロモーション - 極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

- 製品プロモーション

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 後編

登場タックル

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

- 製品プロモーション

極翔 石鯛×KAIKON 中出一也 日本最後の激礁に挑む 小笠原クチジロの旅 前編

登場タックル