タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

磯・防波堤磯・防波堤
[インストラクター]

NOBORU MORII

1973年生まれ、徳島県徳島市在住。父の影響で釣りを覚え、23歳で磯釣りを始める。2006年に徳島県釣連盟第59代名人位獲得後、数々の全国大会で優勝、上位入賞を果たすなど、気鋭のトーナメンターとして活躍中。近年は四国西南部の磯へ大型の尾長グレを求め通い続けている。

イソリミテッド

イソリミテッド

未体験の性能を秘めたシックで美しいブランクス。

ロッドカバーから取り出した瞬間、やっぱりNEWイソリミテッドは格が違うということを強く印象づけられました。ナノピッチの採用でブランクスの表面に凸凹がなく、独特の艶めくシックなデザインはフラッグシップならでは。握る歓びを感じさせてくれるビジュアルです。実釣で感じたのはさらに進化したブランクス。ワンピース感覚の調子と相まって、高い剛性を感じさせてくれます。ネジレとブレが徹底的に抑え込まれているので、魚に反撃するチャンスを与えません。釣り人の力がロスなく伝わり、沖で魚をスッと浮かせます。浮かせが早ければ、足元でシモリに走られる心配もなくキャッチが可能です。新形状のリールシートは滑らず楽に握れてオープンベールで深ダナを流す時も疲れません。グリップエンドは安定感があり、片手でやり取りをする私のスタイルに適していますね。そして今回は新アイテム1.2-500・コルトナイトが登場します。軽く、強く、粘るイソリミテッドの真骨頂をお楽しみただけると思います。

BB-X SPECIAL SZII

BB-X SPECIAL SZII

森井 陽×BB-X SPECIAL SZII 熱釣インプレッション
細身なのにパワーのあるブランクス 1号ロッドで口太グレ50cmオーバー

細身でシャキッとした先調子により、軽快に釣り続けることができるBB-X SPECIAL SZII。ズーム機能を搭載した、軽さと操作性が際立つ先鋭ロッドです。使ってみて、まず実感するのは、細身先調子からくる振り抜けのよさ。軽く、小さいXガイドを穂先に搭載したことにより、操作性が格段にアップしました。風が強い日でも正確に仕掛けを振り込むことができますし、糸ガラミも激減して、あたかもインナーガイドロッドを使っているかのようです。

» 続きを読む

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

- いつでも釣り気分

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

登場タックル

BB-X SPECIAL SZII / BB-X テクニウム SUTブレーキタイプ

- 製品プロモーション

BB-X SPECIAL SZII / BB-X テクニウム SUTブレーキタイプ

登場タックル

使用モデル

SUTブレーキタイプ

森井 陽×NEW BB-X TECHNIUM
熱釣インプレッション
瞬時にロッドを立て直せる強み
寒グレ期の細ハリスにも有利に

新しいBB-X TECHNIUMに搭載されたSUTブレーキは、魚が突っ込んでラインを出すとき、ハンドルが回らず、ローターだけが回転する画期的なシステムです。ローターのスムーズな逆転により、魚が怒らず、暴れず、スッとロッドを立て直せることが、最大の強みになります。

» 続きを読む

NEW BB-X テクニウム

NEW BB-X テクニウム

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

- いつでも釣り気分

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

登場タックル

BB-X SPECIAL SZII / BB-X テクニウム SUTブレーキタイプ

- 製品プロモーション

BB-X SPECIAL SZII / BB-X テクニウム SUTブレーキタイプ

登場タックル

RAIARM GP

RAIARM GP

森井 陽×RAIARM GP 熱釣インプレッション
調子も操作性も高バランスのミドルクラス、掛けた瞬間に魚の大きさを把握できる

ミドルクラスロッドでありながら、上位機種に迫る機能を装備したライアームGPは、僕がいまもっとも気に入って使っている竿です。一番の特長は、胴調子で粘りがあり、大型魚を掛けたときにタメが効いて安心感があること。極翔と比べ、元竿をやや太めにして、元・元上のテーパーを大きくとった設計で、余分なカーボンをそぎ落とし、見た目以上に軽くて持ち重りがありません。調子も操作性も非常にバランスのいいロッドです。

» 続きを読む

RAIARM GP

クラスを超えたパフォーマンス。
この粘り調子でトーナメントに挑みたい。

ライアームが前作の先調子から粘りのある胴調子へとフルモデルチェンジしました。魚を寄せて浮かせるときには胴が粘って、竿全体で受けている感覚。急激な突っ込みにも魚が暴れにくく安心感がありますね。曲がりの限界かな?というところでラインを出すのじゃなく、タメ込んでみると胴の粘りを感じていただけると思います。仕掛けを2ランクくらい落としても、この粘りが衝撃を吸収して、ラインをいたわってくれるので、トーナメントで価値ある1尾を獲りにいく、あるいは寒の喰い渋りを超繊細仕掛けで攻めるときにも大きなメリットを感じていただけるでしょう。やや強めのテーパーバランスにより、ロッドのブレが抑えられているので、安定感があり、キャスト性能にも優れています。さらにウェイトバランスが絶妙で「マットラバーコーティング」が施されたグリップエンドとの相乗効果によって、つねにグリップエンドが肘に吸い付く感覚で、持ち重り感がなく操作性も秀逸。「ハイパーノンコンタクトII」の採用や全ピースにトラブルレスの「IMガイド」を装備するなどすべてにおいて隙がない。ミドルクラスとは思えない実力を秘めています。この価格でこの性能は本当に凄いことだと思います。私自身もとても気に入っていて今シーズンのトーナメントはライアームで行きます。今回1号と1.2号で釣りをしましたが、1号は35~40cmクラスのアベレージサイズに。1.2号は50cmオーバーにも十分対応が可能。またレングス5mは軽快で振り込みやすくスピーディな釣りができるのでトーナメント志向の方にお勧めですね。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

- いつでも釣り気分

#193 良型クチブトグレ連発!シーズン本番・宇和海矢ヶ浜の磯

登場タックル

#065 黒潮流れる土佐の海にグレを求めて

- 釣り百景

#065 黒潮流れる土佐の海にグレを求めて

登場タックル