タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

磯・防波堤磯・防波堤
[インストラクター]

TAKUYA HIRAWA

平和 卓也

1974年生まれ。京都府舞鶴市在住。幼少の頃より、バスや鯉を追いかけて池や川を走りまわっていた。20才で磯ふかせ釣りに出会い、チヌやグレをメインに釣行を重ねるようになる。「楽しい釣り」を求めて全国のフィールドを駆けている。ジャパンカップグレ優勝2回、準優勝1回。BS釣りビジョンの「磯を駆ける」に出演中。

プロテック

美しき曲がりの虜になれ

勇気を持って細仕掛けで攻める。
軽快な胴調子ならではの世界。

軽量で操作性に優れた細糸対応の胴調子。それが前モデルから続くプロテックの設計思想です。グレ専用ロッドの胴調子はほとんどがパワータイプ。それは軽量で胴調子にすると、どうしてもさまざまな動作で胴の部分が反応して垂れ感が出てしまうから。NEWプロテックはコアブランクスを採用することでこれらの課題を克服し、しっかり、シャッキリした感じに仕上がっています。店頭で手にしただけだと先調子と錯覚するかもしれませんね。自重自体は前モデルよりわずかに上回っていますが、それはこだわりのXシートやセパレートグリップによる手元の重量増なので、むしろ軽快さが増していて、キャスティング性能も向上し、狙ったポイントへのピン打ちも余裕。タメの効くバットは、シビアな状況で細いラインを躊躇なく使えます。またNEWプロテックの曲がりの美しさはシマノ磯ロッドの中でも屈指。標準的な仕掛けを使ってその曲がりを堪能しながら1尾1尾と渡り合うのも楽しいと思いますね。

イソリミテッド

イソリミテッド

こいつは別格。モンスターといっても過言ではない。

NEWイソリミテッドを使って、まず感じたのは体幹の強さ。例えるならコーナーを曲がっているのに、それを感じさせない高級サルーンカーのような重厚感。魚を掛けたとき、釣り人、魚双方の力が正面からぶつかり、魚は全力で逃げる。やり取りで一番危険な時間ですが、NEWイソリミテッドのコアブランクスは揺るぐことなく、いち早く魚を落ち着かせ釣り人優位へと導いてくれます。 スパイラルXコアの進化もさることながらNEWパラボラチューンRも新しい次元に入ってますね。強さは前作同様と聞きましたが、とてもそうとは思えない。どこまでも粘り強く曲がるということで、無茶を承知で曲げ込んだら太軸のハリが見事に曲がりました。こんな体験は初めてです。また悪天候で糸ガラミに気付かず魚を掛けたとき、穂先が折れた! と確信しましたがタフテック∞はまさに∞みたいな形になりながら耐えてくれました。すべてにおいて凄い戦闘力です。9年間お待ちいただいたファンの期待、その想像をきっと超えていますよ。

タックルインプレッション 平和卓也×イソリミテッド

ボーダレス ショートスペック

TACKLE IMPRESSION Vol 24 ボーダレス ショートスペック

マスターチューン イソ

荒天の東シナ海に、曲線美を刻む

ロッド選びが楽しくなる、多彩な個性を揃えた新モデル。

シャープで、気持ちを盛り上げてくれるデザインにスパイラルX、パラボラチューン、新しくなったXガイド、ハイパーノンコンタクトIIなど上位モデルゆずりのフィーチャーを搭載した新モデル、マスターチューンイソが登場しました。

よくぞこのクラスにこれだけのスペックを盛り込んだという印象ですね。

基本設定はベイシスをマイルドに、ということですが、マスターチューンイソは号数毎にチューニングが異なります。

ですから、すべてのモデルがマイルドなベイシスという一言で論じられるわけではありません。

たとえば、今回僕の使った1.7-530は極翔一族の血統を感じましたし、1.2-530はプロテックのフィーリングにより近いと思います。

低番手から高番手まで、ひとつのモデルで多彩な個性が楽しめるのは新しいコンセプトです。

ふたつめはリールのポジション。

ロッド選びの楽しみが増すのではないでしょうか。

ロッドの曲がりを楽しむ磯釣りならではの醍醐味があります。

僕が使ったふたつのアイテムに共通する特長は気持ちよく曲がるということ。

スムーズに胴に乗ってくる感じはパラボラチューンのおかげだと思います。

よく曲がるので、ロッドの曲線美を楽しみながらやり取りをする、磯釣り本来のスタイルが満喫できます。

今回、1.7-530でそこそこの真鯛を磯際で掛けましたが、しっかりと取り込むことができました。

バットがスムーズに魚の力を受け止めるこの調子設定は大型のクチブトや真鯛、良型の尾長に適していると思います。

開発時から僕も携わっているシマノ渾身のXガイドはバージョンアップして、口径が大きくなりました。これによって大きなウキ止めや結び目の抜けも向上。

より快適な釣りをバックアップしてくれます。

タックルインプレッション 平和卓也×マスターチューンイソ

使用モデル

C3000D TYPE-G S

C3000D TYPE-G S

大物を操り、仕留める。剛のリールは巻きの力で勝負する。

SUTブレーキ搭載のTYPE-Gが遂に誕生しました。

世の中で一番待望していたのは僕ではないか? っていうくらい待ちこがれていたリールです。

時代の流れはハイギアでしょうけれど、ローギアにしかない魅力もあります。

最近の僕の釣りはトーナメント色が減り、数よりも、その場で一番大きなこころ躍る1匹と出会いたいと思うようになりました。大物と相対したとき、ハンドルを巻くために力を入れれば入れるほどロッドは暴れます。

ロッド操作とリールのハンドル操作のバランスは連動してくれる方がスムーズに取り込める。TYPE-Gは圧倒的な巻きの力で、魚を止めたり、頭の向きを変えるなどハンドルでできることが増えます。

このギアはまさに「剛」の力。素早くいなせるSUTブレーキは「柔」。

このふたつを備えたC3000D TYPE-G Sは攻守に万全のリールだと思いますね。

 

タックルインプレッション 平和卓也×NEWハイパーフォース