タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

へらへら
[アドバイザー]

TAKESHI NAKAZAWA

中澤 岳

1955年、茨城県生まれ。
86年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会準優勝、マルキユーゴールデンカップ優勝。06年と12年JC全国進出。07年と11年にシマノへら釣り競技会 野釣りで一本勝負!! 優勝。大学時代に学釣連大会の連覇記録達成。「関東へら鮒釣り研究会」所属、「クラブスリーワン」会長。

特作 天道(とくさく てんどう)

中澤 岳

上品な手応えを深く味わう、贅沢なひととき。

「ありふれた竿じゃないんだ」

「今までにない胴調子の竿です。軟らかい胴調子、硬い先調子なんてありふれているでしょう。

なんと“硬式胴調子”ですからね。

いっそのこと季節や釣り方を選んで贅沢な使い方をしてもアリではないかな。

盛夏8月、1㎏級の大型ばかりいる管理釣り場で10尺、両だんごチョウチン釣り、それ専用という感覚でね。

ベテランほど、この竿はハマると思います」

百聞は“ひと振り”に如かず。
『特作 天道』の魅力を、お気に入りの釣り場で、ぜひご確認ください。

飛天弓 皆空(ひてんきゅう かいくう)

飛天弓 皆空(ひてんきゅう かいくう)

釣技研鑚、上達するには枚数の経験。

競技においてバラシは大敵。そんな1枚の重要性を極限まで追求した竿だと思います。『取り込みでバラさない安定性』には『タメが利いて魚の抵抗に負けない』いわゆる“トルク・フル”ながら、それでいてハリス切れや口切れを起こさないソフト感が伴っていることが重要。最新製竿技術の粋を集めて新調子を開発し、パワフルかつ軽快な使用感を実現しました。