タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[フィールドテスター]

SHOHEI YOSHIDA

吉田 昇平

サーベルマスター Xチューン テンヤ

吉田 昇平

タチウオの掛かり方を見てロッドを選び競技会で釣り勝つ。

高水温期に活性の高いタチウオが次々と当たってくる場面でも、即掛けが正解の日と乗せに徹したほうが即掛けよりも釣果に恵まれる日がある。また、誘い上げるテンヤに対して回り込むように横から噛みついてくる場合と、餌の尾から喰い上げる時があり、それぞれタチウオの掛かり方が異なる。
前者は頬にハリがガッチリ掛かるので、掛け性能に優れる91H160の出番だ。アタリが出たら即アワセでどんどん掛けていく。アップテンポな釣りで91H160の右に並ぶロッドはないと思う。少しでも手返しを早めて釣果を伸ばしたい時に理想的な相棒となる。
そして後者はタチウオの口先や頬をすくうように掛かるケースが多く、無理をするとバラシにつながる。1匹が明暗を分ける競技会においてミスは致命的なので73M190を使って慎重に乗せにいく。そのまま誘い続けていれば喰い方を変えてテンヤを横喰いするので頬にガッチリ掛かる。「掛けか乗せか」の判断に迷う時は汎用性に優れる82MH180で対応する。

光量や潮の透明度に応じてヘッドの夜光を使い分ける

餌のセットが簡単で確実。出船時に船宿で配られる凍ったイワシも固定できる。使い分けとしては、大潮回りの濁り潮や光量の少ないマヅメ時にスーパー夜光を結ぶ。クリップ部を含め全体が明るく発光するのでアピール度が非常に高く、一般的なテンヤに比べてアタリが多い。一方、潮が澄んでいる時や晴天時は、やや発光を抑えた紫ゼブラ夜光を使う。夜光を嫌がる時はクリップを外すことも可能なので、バリエーションに富んだ戦略が立てられるのでありがたい。

サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ