タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[フィールドテスター]

YASUO TSUJI

辻󠄀 康雄 

※「辻」…正しくは、しんにょうの点が1つの字体となります。

サーベルマスター Xチューン テンヤ

辻󠄀 康雄 

短いアワセのストロークで追い喰いを誘って数を伸ばす。

私の攻略スタイルはジャークを織り交ぜながら、キビキビとシャープに誘ってタチウオを掛けていく攻撃的な釣りを身上としていることから82MH180がお気に入り。アワセのストローク幅は50cmほどと短め。たとえアワセを入れてタチウオが掛からなくても、ストロークが短ければタチウオが跳ね上がったテンヤを見失わないので、そのアワセが誘いになり、追い喰いにつなげることができる。
タチウオの活性が高くて次々とテンヤにアタックしてくる場面では新たに登場した91H160の出番だ。タチウオがしっかり餌を喰うまで待たず、触ってきたところで即掛けするのだ。また、洲本沖をはじめ水深120mを超えるような深場の釣りでも、繊細な穂先がアタリを逃さず伝えてくれる91H160が頼りになる。
そして73M190はドラゴン狙い。警戒心の強い大型タチウオには、乗せ調子である73M190のゆったりとした誘いが有効だ。小さなアタリをスルーして、完全に竿先が押さえ込まれるか喰い上げたところまで待ってアワセを入れる。

餌にベタベタ触らなくてもワンタッチで一発セッティング

船テンヤゲキハヤの魅力は手返しの速さに尽きる。これまで餌をテンヤに添えながらワイヤーで巻きつけていた面倒な作業が、餌を刺したらクリップを閉じるだけで完了するので、必要以上に手を汚さない。餌のニオイや手に付くヌメリに抵抗がある方には、是非とも使っていただきたいアイテムだ。サンマの切り身餌を使う際によく起きるワイヤーのもつれから完全に解放されるので、上級者もストレスなく釣りに集中できる。

サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ