タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[インストラクター]

TETSUYA TAKAHASHI

高橋 哲也

1965年神奈川県横浜市生まれ、沖縄県在住。小学生の頃から海釣りに親しみ釣りのとりことなり、高校入学と同時に三宅島へ転居。家業を手伝う傍ら釣りガイドや漁業で釣りセンスにさらに磨きをかけ、磯釣り、沖釣り、ボートフィッシングなど幅広いジャンルに精通。現在は沖縄に住み、自然保護活動などにも参加している。

カテゴリーを超えるのは、力だけではない。
レスポンスで獲る。

なぜ、そのタックルで大型が獲れるのか?見る者を魅了する高橋哲也のパフォーマンスの秘密は、巧みなロッドワークと機能だけに頼らないリールのコントロール。彼が着目する点も、そこに関連してくる。「コイツはモーターが小さくなった上に力が強いし、駆動するのが早い。[GIGA-MAXMOTOR]はさらに強いけど、スピード、レスポンスでは[MUTEKIMOTOR+]が上だよね。」落し込みや早く魚の頭を上に向けたいとき、「何かアクションを起こす」その瞬間に素早く動けるリールこそForce Master 800なのだ。

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

ライトゲーム リミテッド モデラート[LIGHTGAME LIMITED Moderato]

ライトゲーム リミテッド モデラート[LIGHTGAME LIMITED Moderato]

さらなる魚種と大物を制す"ライト&パワー"。

海中で仕掛けを安定させやすいムーチングアクション。置き竿では100~150号クラス、手持ちならおよそ100号までが使いごろ。目感度に優れた喰い込みのよい穂先と、そこからきれいに追従しつつ強靭でバネのようなバットへと繋がる73調子で、青物などに対しても対応力が高い。「とにかく軽かったね、800(フォースマスター)と組み合わせたんだけど、すごく扱いやすい。ギリギリで設計されてるけど、強い。削ぎ落とすとスタミナがなくなったりするけど、それはなかったね。」高橋哲也は玄界灘の落し込みでのロケ、ヒラマサ狙いでチョイスしたが、さらなる魚種と"ライトゲーム"の限界を試すかのような大物狙いでも必ず手にするだろうモデル。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

コイツを使うなら、狙いは10kg以上だね。

もう何年も前に小型電動リールを駆使して「巨魚」を仕留めている高橋哲也だから、このクラスともなれば言わずもがな。ましてやMUTEKIMOTOR+とカーボンクロスワッシャのドラグで強化された、新しいフォースマスターならば……。
「3000番で小さいのは釣らないよ。コイツを使うなら10kg以上のブリ、ヒラマサとか青物がメインになってくる。20kgの最大ドラグ力を持ってれば、ちょっとした調整で締めても馬力が出るからね。モーターのレスポンスも速い。速ければいいってもんじゃないけど、速いのがいいのは仕掛けを着底させて、すぐドンッと掛かるようなとき。(底から魚を切るため)早く合わせた方がいいときは有利だよね。3000番で小さい魚を狙うメリットってある?」
ここまでパワーが上がると、特に仕掛けに制約のある場合は竿とのセッティングに独特の考え方も生まれてくる。小さなハリで大物を狙わざるを得ないとき、竿をライトにして駑級のパワーを誇るこのリールを組み合わせる手もありなのだ。
「竿とリールのセッティングと、自分の力加減が合うときは取れるんだけど、仕掛けによってはバランスを崩すと取れないことがある。カンカンカン、という乾いた感触のときは5秒以内に切られてしまう。瑞々しいときは切れない。おっきい魚を獲りたいのに竿とリールの両方を強くしちゃうとバレることがある。道具が軽くなることがライト、っていう単純なもんじゃないよね。逆に泳がせ釣りでチェルマーレの"コルタ"に6000を付けてたのが、この3000でもいけるようになるよ。竿が短くてリールも小さいけど決してライトじゃない。むしろ、とても強いんだよ」

フォースマスター 3000[ForceMaster 3000]

フォースマスター 3000[ForceMaster 3000]