タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[インストラクター]

TETSUYA TAKAHASHI

高橋 哲也

1965年神奈川県横浜市生まれ、沖縄県在住。小学生の頃から海釣りに親しみ釣りのとりことなり、高校入学と同時に三宅島へ転居。家業を手伝う傍ら釣りガイドや漁業で釣りセンスにさらに磨きをかけ、磯釣り、沖釣り、ボートフィッシングなど幅広いジャンルに精通。現在は沖縄に住み、自然保護活動などにも参加している。

気軽にパワーゲームに挑戦。
「大魚には大型リール」は、もう古い。

電動だからといってクラッチONで巻きっぱなしにするのではなく、巻いたり止めたり、使い方ひとつでその性能を100%、さらにそれ以上のポテンシャルを引き出すことができる。PLAYS3000XPは強力なMUTEKIMOTORが搭載されラインキャパはPE4号でも400mと充分。私ならこのリールで何十kgもあるGTや100kg近いカジキだって釣り上げることができると感じている。当然、本州沿岸のマダイや青物ねらいであれば余裕たっぷり。最近、磯釣りやジギングから船大物のエサ釣りに転向されるアングラーが多く、以前だったら「もう少しだけ奮発して上級機種も検討してみては?」と勧めていたが、今ではプレイズ3000XPがイチオシのエントリー機種。この価格帯なので誰もが気楽にパワーゲームの限界に挑戦できるはず。「大魚には大型リール」という概念はもはや完全に過去のものになったと思う。

プレイズ3000XP

高橋 哲也

テンヤタチウオの未来を拓くタックルで、沖縄のドラゴンに挑む。

沖縄本島近海でのタチウオ狙いは、大阪湾とは比べものにならないぐらいヘビーな釣りになってしまう。問題は300mを優に超える水深、そして自分の身長を遥かに越える超ドラゴン級のタチウオが数多くヒットすることだ。深場とさえ言えるポイントに素早くテンヤを届けなければならないから、最近は50号のサーベルマスター船テンヤに50号位の追加オモリを補充して落下速度を速め、仕掛け投入時間の無駄を省いて、一尾でも多くのドラゴンタチウオを仕留めるチャンスを作っている。
ヒット棚を考えると十分な糸巻量が欲しいから、フォースマスター600にPE1.5号500mを巻付けた後、試作段階で驚かされた新発想のタッチドライブやスピードクラッチの操作性をじっくりと確かめて実釣に備えた。
梅雨入りした曇天のもと宜野湾のマリーナを出航、クラッチをOFFにして一投目を投入、ここちよくラインが出てゆく。その衝撃は4投目で訪れた。200mを少し切る水深でコンコンと来たアタリに渾身のアワセを2回ほど入れる。手応えは十分、だが油断は禁物だ。手にしたのは150cm超のドラゴンと言っていい綺麗なタチウオだ。「このリールの性能は申し分がない」と、思ったのがタチウオとのやり取りを体感してからの感想だ。
沖縄エリアでは深場かつ高負荷テンヤ仕掛けが一般的だが、そんなヘビーな条件で掛けた180cm超、6~7kgクラスの超ドラゴン級ともなるタチウオの引きのパワーは凄くて、簡単にラインを20m程も引き出されてしまう。そんな場合、親指の押圧で意のままにスピード調整ができるタッチドライブなら、タチウオの引きに対して瞬時に対応できるし、急激な喰い上げなどにも余裕で対処できるから安心してやり取りができるよ。
また、ヒットレンジの幅が広い場合、漫然と誘うのではなく指示ダナの上下20〜30m位を繰り返し探るときがあるけれど、スピードクラッチならクラッチのON/OFF切替がワンハンドで行えるので釣りに集中できるし、なんと言ってもワクワク感が持続する。
コンパクトリールの範疇でありながら新しくチューンナップされたMUTEKIMOTOR+の搭載でパワーも十分。また、シマノ電動リールならではのドラグ性能もいいよね。このリールなら、もっとパンチのある魚にもチャレンジしてみたくなる可能性を感じるよ。

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

カテゴリーを超えるのは、力だけではない。
レスポンスで獲る。

なぜ、そのタックルで大型が獲れるのか?見る者を魅了する高橋哲也のパフォーマンスの秘密は、巧みなロッドワークと機能だけに頼らないリールのコントロール。彼が着目する点も、そこに関連してくる。「コイツはモーターが小さくなった上に力が強いし、駆動するのが早い。[GIGA-MAXMOTOR]はさらに強いけど、スピード、レスポンスでは[MUTEKIMOTOR+]が上だよね。」落し込みや早く魚の頭を上に向けたいとき、「何かアクションを起こす」その瞬間に素早く動けるリールこそForce Master 800なのだ。

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

ライトゲーム リミテッド モデラート[LIGHTGAME LIMITED Moderato]

ライトゲーム リミテッド モデラート[LIGHTGAME LIMITED Moderato]

さらなる魚種と大物を制す"ライト&パワー"。

海中で仕掛けを安定させやすいムーチングアクション。置き竿では100~150号クラス、手持ちならおよそ100号までが使いごろ。目感度に優れた喰い込みのよい穂先と、そこからきれいに追従しつつ強靭でバネのようなバットへと繋がる73調子で、青物などに対しても対応力が高い。「とにかく軽かったね、800(フォースマスター)と組み合わせたんだけど、すごく扱いやすい。ギリギリで設計されてるけど、強い。削ぎ落とすとスタミナがなくなったりするけど、それはなかったね。」高橋哲也は玄界灘の落し込みでのロケ、ヒラマサ狙いでチョイスしたが、さらなる魚種と"ライトゲーム"の限界を試すかのような大物狙いでも必ず手にするだろうモデル。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

もっと!ライトゲーム イメージ編

- 製品プロモーション

もっと!ライトゲーム イメージ編

登場タックル

コイツを使うなら、狙いは10kg以上だね。

もう何年も前に小型電動リールを駆使して「巨魚」を仕留めている高橋哲也だから、このクラスともなれば言わずもがな。ましてやMUTEKIMOTOR+とカーボンクロスワッシャのドラグで強化された、新しいフォースマスターならば……。
「3000番で小さいのは釣らないよ。コイツを使うなら10kg以上のブリ、ヒラマサとか青物がメインになってくる。20kgの最大ドラグ力を持ってれば、ちょっとした調整で締めても馬力が出るからね。モーターのレスポンスも速い。速ければいいってもんじゃないけど、速いのがいいのは仕掛けを着底させて、すぐドンッと掛かるようなとき。(底から魚を切るため)早く合わせた方がいいときは有利だよね。3000番で小さい魚を狙うメリットってある?」
ここまでパワーが上がると、特に仕掛けに制約のある場合は竿とのセッティングに独特の考え方も生まれてくる。小さなハリで大物を狙わざるを得ないとき、竿をライトにして駑級のパワーを誇るこのリールを組み合わせる手もありなのだ。
「竿とリールのセッティングと、自分の力加減が合うときは取れるんだけど、仕掛けによってはバランスを崩すと取れないことがある。カンカンカン、という乾いた感触のときは5秒以内に切られてしまう。瑞々しいときは切れない。おっきい魚を獲りたいのに竿とリールの両方を強くしちゃうとバレることがある。道具が軽くなることがライト、っていう単純なもんじゃないよね。逆に泳がせ釣りでチェルマーレの"コルタ"に6000を付けてたのが、この3000でもいけるようになるよ。竿が短くてリールも小さいけど決してライトじゃない。むしろ、とても強いんだよ」

フォースマスター 3000[ForceMaster 3000]

フォースマスター 3000[ForceMaster 3000]

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

#189 関西落し込み好釣果!和歌山沖でカンパチ&メジロ

- いつでも釣り気分!

#189 関西落し込み好釣果!和歌山沖でカンパチ&メジロ

登場タックル

ForceMaster 3000 / ARCIERA OTOSHIKOMI

- 製品プロモーション

ForceMaster 3000 / ARCIERA OTOSHIKOMI

登場タックル

ForceMaster 3000 (キハダ篇)

- 製品プロモーション

ForceMaster 3000 (キハダ篇)

登場タックル