タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[インストラクター]

TAKASHI SUZUKI

鈴木 孝

1963年生まれ。カワハギをはじめ、マルイカ、湾フグなど「アタリをとる」に精通。東京都江戸川区在住。釣り歴45年以上。幼少のころから様ざまな釣りに親しむ。船釣りは中学生のころから自宅から近い浦安の吉野屋に通い詰め、ハゼ、シロギス、カレイなど江戸前の小物釣りを楽しむ。現在はカワハギを中心にマルイカ、アナゴ、フグなど釣行は年間70回以上。カワハギ歴は約15年以上。2007年ごろから競技に重点を置くようになり、様ざまな大会に出場するようになる。主なタイトルは2015シマノステファーノグランプリ優勝。シマノインストラクター、チームステファーノ&くろしおマスターズ所属。

ステファーノ CI4+

鈴木 孝

前アタリ以前の反応も捕捉。

タフテックハイパワーXソリッドはカーボン素材の軽さに加えて、引かれた方向に対してネジレずに曲がるため感度が高い。極限的な話をすると、前アタリよりも前に出る「さわり」、餌を取りに寄ってきてはいるけれど、まだ噛んでいない状態さえも感じ取れます。糸フケが出やすい状況ではアタリが分かりづらくなってしまいますが、そんなときでも反応を捉えやすく、加えた力もロスしないので必要最小限の動きで掛けられます。たとえ掛け損ねても、2度目、3度目のアワセを入れることが可能ですね。

キャストしやすく掛けやすい。

スパイラルXのブランクスは、まずキャストしたときに力が逃げないので飛距離が伸びます。ロッドを振るとわかりますが、震えがすぐに収まりコントロール性も高い。それに魚を掛けるときにハリが深く刺さり込みます。さらに高感度なブランクスにより、喰い渋るカワハギの微細な気配すらも手感度として感知できます。また、どの方向にロッドを動かしても与えた力がきっちり伝わり、正確な操作で仕掛けが動きますし疲れにくいと思います。手元に伝わるアタリも普通の構造より断然大きく感じますね。

バットパワーが上がることで、フッキング性能と飛距離が上がる。

僕が注目するStephano CI4+の特徴は、携行性に優れたセンターカット2ピースにすることで、バットパワーが上がったことですよね。ロッドの自重も釣りに大きな影響があるほどは変わりませんし、それならば2ピースの方がバットパワーがありますからアワセに必要な力もあまりいらなくなる。たとえばワンピースで10の力が必要だったのが、7や8の力で同じことができるから楽になります。少ないストロークできっちり掛けられますね。しっかりロッドを曲げることができれば、キャスト時の飛距離も出ると思います。より広範囲に攻められますね。

誘いのストロークに合うギア比7.2
キャスト時の餌がずれにくいSVS

自分の構えだと海面から頭上へ誘い上げる距離が2m10cm。オモリを立てたまま位置を変えず糸フケを取るには、自分の限界であるハンドル3回転でこの距離を巻く必要があります。それに合うギア比が7.2。ハイギアすぎると仕掛けに負担がかかることもありますが、このギア比ならストレスなく巻けて負担も少ない。喰い上げ時も問題ありません。それとSVS。バックラッシュを防ぐのはもちろんですが、キャスト時の仕掛けの弾道が滑らかで餌がずれにくく、刺した状態のまま届けやすいのも特徴です。横の釣りを組み立てるには非常に重要ですよ。

ステファーノ SS

鈴木 孝