タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[フィールドテスター]

KEIICHI MATSUMOTO

松本 圭一

1966年生まれ。大物から小型魚まで船釣りのジャンルに幅広く精通し、様々なターゲットを追いかける。カワハギは20年以上のキャリア。久里浜に通い詰め独自の釣りスタイルを確立、競技会でも好成績を収める。チームステファーノの副隊長を務める。

サーベルマスター テンビン

松本 圭一

3つのアクション自在に駆使し、
「難解な喰わせのパズル」を解き明かす。

個人的にタチウオ釣りは大好きだが、これがなかなか思うようにならない(笑)。自分なりのイメージで誘いをあれこれ工夫してみたり、はたまた喰わせ方をさまざまに試行錯誤する僕にとって、ロッドは自分自身に足りない要素を簡単に補ってくれるアイテムと呼べるもの。
たとえばサーベルマスター・テンビンM165を使って周囲の釣り人と同じような操作をしているのになぜか自分だけ掛からない、じゃあL165に替えてみたら掛かった…というふうに、同じ操作を行っているのに水面下の仕掛けの動きや喰わせの間に違いを生み出し、自分に足りない要素を簡単に補ってくれるのがロッドアクションの効果だと思う。
ホームグラウンドの東京湾エリアでは水深20mまでの浅場をメインに釣る夏タチは10~15号の超ライトな錘を使うこともしばしば。となると軽量錘だからロッドもそれに対応するライトアクションがよい…と考えがちだが、夏タチはガンガンしゃくって掛けにいくルアー的な要素の強い釣りなので、逆にヘビーアクションの硬いロッドのほうが小さな操作でメリハリの効いた誘いを生み出せるしアワセも決まる。
一方、冬場の低活性時の深場釣りはフワフワ…とエサをナチュラルに漂わせ、かじってきた魚に対して誘いのテンションをいろいろアレンジしてさらに喰い込ませるイメージ。だから重量級錘に応じた硬いロッドではなく、わざと錘負けするライトアクションを使って小さなアタリを弾かず、違和感なくより深く喰い込ませる釣り方が有効な場面も少なからず存在する。
タチウオ釣りは、まずアタリを出すまでのプロセスがあるわけだが、アタリが出ればそこで終わりではなく、そこからハリ掛かりさせるためのさらなる駆け引きがスタートする。何が正解か分からない「難解な喰わせのパズル」を解くための手掛かりは1つより複数あったほうがベター。L165・M165・H165と3アイテムあるサーベルマスター・テンビンの中からまずは好みの1本を手にしていただき、そこに調子の異なるアイテムをさらにプラスすれば釣りの幅が格段に広がり、今まで以上にエキサイティングなタチウオゲームの世界を楽しめるはずだ。

片手操作の快適性を奥深く追求。「意のままに操れる」この感覚がクセになる。

東京湾では観音崎、走水、海堡周り、久里浜……といった潮流の速いエリアがポイント。現在ではPE1.5~2号の細径ラインに錘40~60号を組み合わせるライトゲームスタイルが広がりつつある。
今回注目の新機構タッチドライブを使ってみて強く感じたのは「片手操作の快適性を今までになく追求している」ということだ。従来モデルだと巻上げダイヤルが小さいので、そのつど目視して操作していたが、このタッチドライブは指先操作だけでOK。いちいち見なくても直感的にスムーズに操れる。
微妙なスピード調整も従来機種以上に得意だからドラグを締め気味にして釣るタチウオ釣りでは魚のサイズや引き、船の上下動に応じて瞬時にスピード調整ができるのでバラシも減る。手巻きリールのように魚のファイトによって自分が最適だと感じる巻き加減を親指操作だけで自在にコントロール。指先の感覚だけで「意のままに操れる」このフィーリングがクセになるはずだ。これは今までの電動リールにはなかった感覚だ。
多くのお客さんが乗船する東京湾エリアの釣りは掛かったらオマツリや鋭い歯による高切れを回避するために一気に巻上げるのが基本。特に小型主体の夏タチは高速手返しで数をのばしたい。でも、そのなかに突然ドラゴン級が顔を出すことも。そんなときこそ瞬時に巻上げ調整可能なタッチドライブが真価を発揮する。
手返しに関していえば、従来のダイヤル式は巻上げから船ベリ停止して再投入する前に一度ダイヤル操作して速度表示を[0]に戻す必要があったが、タッチドライブは船べリ停止すると自動的に速度表示が[0]に戻り、ワンアクション少なく即投入OK。さらに片手でクラッチON/OFF切替操作可能なスピードクラッチは、仕掛けを落とし込んでいる最中でもクラッチONで狙ったタナに仕掛けをストップさせ、すぐに誘いをかけてタチウオにアピールできる。80号錘使用で頻繁にON/OFF切替操作を行ってもまったくヤワな感じがないので安心して釣りに集中でき、ここぞというチャンスでより快適に、今まで以上に釣り込める。
フォースマスター600に初搭載されたタッチドライブとスピードクラッチで新時代のタチウオ釣りを楽しもう。

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

手返しすら、原動力はモーターに宿る。操作性とパワーの共存。

松本圭一が初めてForceMaster800を使用したのは相模湾のオニカサゴ。「最初に驚いたのは545gの軽量感。竿とのバランスもありますが、一日手持ちで誘う釣りには不可欠です。それに細かく水深が変化する岩礁帯で活躍したのが[SMARTCONTROL]。一連の操作が片手で簡単、手返しもアップしましたね。」しかし、松本の目から鱗が落ちたのは何と言ってもパワー。「120号の仕掛け回収が驚くほどスムーズなんです。ドラグ性能、仕掛けの落下スピードも申し分なし。ヤリイカのように高負荷の釣りでも余裕でしょうね。」

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

フォースマスター 800[ForceMaster 800]

ライトゲーム リミテッド[LIGHTGAME LIMITED]

ライトゲーム リミテッド[LIGHTGAME LIMITED]

繊細と強靭を融合した“鬼退治”の剣。

繊細な穂先と強靭なバットを備え、特に80~150号クラスのオモリを使用したとき手持ちでの操作性が高い。松本圭一がこのロッドを持ち出すのは、東京湾で深場に落ちたタチウオや沖ノ瀬の大カマス、そして相模湾の…。「オモリの重さの割には繊細な釣りがあります。特にオニカサゴ。根掛かり必至の海底を、底立ちを取りながらトレースし、手持ちで誘い続けなくてはアタリが出せません。感度が悪いと魚の口からエサを引き出してしまう。硬い穂先では弾く、軟らかく操作性が悪いと根掛かり。聞き合わせしやすく操作性の高いバットと繊細なティップの相性、手持ちでのバランスを備えているのがTYPE82 H190です。この使用感は私たちの釣りの幅を広げ、楽しさを倍増させてくれますね。」