タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[フィールドテスター]

TATSUYA MATSUDA

松田 竜也

1978年生まれ。神奈川県横浜市在住。釣りとの出会いは沖堤防のクロダイ落とし込み釣りがきっかけ。釣具店勤務を経て、現在はボート販売業。沖釣り、特にイカ釣りの世界にどっぷりとのめり込み、ヤリイカ、スルメイカ、ムギイカと周年イカを追い続ける。イカ釣りの魅力は奥深いことはもちろん、目くじらをたてない余裕のある釣り人が多いため。イカのほかコマセマダイやワラサ、アジ釣りも楽しみ、ボート釣りも好き。
Team沖イカハンター所属。

イカセブン

松田 竜也

4アイテムとも硬く先調子に変貌、そして短くなり感度と操作性がアップ。

新生IKA 7最大の特徴は、4アイテム全体が硬めであること、9:1の先調子になっています。そして長さも全体的に短くなりました。まず150はスルメイカ・ヤリイカの直結を想定、感度重視の直結専用竿といっていいかも知れません。これ以上短くてもアタリが取りづらくなるので適切な長さです。165はヤリイカ・スルメイカのオールラウンド。165という長さを生かした誘いのしやすさがあります。150と15cm差の使用感は全然違いますよ。竿が短いと取り回しは楽だけど誘い幅が短くなってしまう。しっかりとシャクリ、誘いを入れながらアタリを取るならこの長さです。もっとも長い180はヤリイカ、特にブランコの竿ですね。波が高いとき、船の急な上下動でリールの巻上げ機能が追い付かないときも長さでアシストしやすい。H150は、シマノでここまでハードな竿は今までなかったのではないでしょうか。少し曲げただけではわからないかもしれませんが、バットから穂先までとてもしっかり作ってあり、200m以上のディープゾーンでの大型スルメイカの直結に向いています。