タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

船船
[フィールドテスター]

TATSUYA MATSUDA

松田 竜也

1978年生まれ。神奈川県横浜市在住。釣りとの出会いは沖堤防のクロダイ落とし込み釣りがきっかけ。釣具店勤務を経て、現在はボート販売業。沖釣り、特にイカ釣りの世界にどっぷりとのめり込み、ヤリイカ、スルメイカ、ムギイカと周年イカを追い続ける。イカ釣りの魅力は奥深いことはもちろん、目くじらをたてない余裕のある釣り人が多いため。イカのほかコマセマダイやワラサ、アジ釣りも楽しみ、ボート釣りも好き。
Team沖イカハンター所属。

マメなタナ取りを洗練させるスピードクラッチ、新たな工夫がライトゲームの世界を広げる。

東京湾・相模湾がホームグラウンドなのでコマセマダイ釣りなどもちろん楽しむが、個人的に冬場のアマダイ、オニカサゴといった根魚系の釣りが好き。アマダイだとオモリ60~80号、オニカサゴならオモリ80~120号、ミチイトはともにPE2~3号という組み合わせがメインといえる現代のライト根魚攻略には、この600番がサイズ的にベストマッチ。根魚系の釣りはマメにタナを取り直したりする操作が多いので、スピードクラッチは非常に有効な新機構といえる。
水深がある釣り場でもMUTEKI MOTOR+でパワフルかつスピーディな巻上げが可能で、微妙な巻上げコントロールもタッチドライブで自在に演出できる。
また、新たな試みとしてケーブルの差し込み口を従来モデルと反対にしたことで、より片手で包み込みやすくなり、さらにフィット感が向上。これも軽快ライトゲームの楽しさアップに貢献する見逃せない一工夫といえるだろう。
しかし、ひと昔前であれば置きザオでねらっていたターゲットすら、このリールのように軽快に進化した道具を使うことで手巻きリールのようにライト感覚で楽しめるのが今という時代。タックルが腕の延長となって誘い喰わせ、1尾1尾とのファイトを十二分に楽しめることはアングラーにとって新たな喜び。タッチドライブやスピードクラッチ、そしてより片手操作にマッチする新たなロープロファイル設計など、今までにない新機能を使いこなすことで従来気付かなかったターゲットの新たな一面、新たな魅力も感じられるようになる。
どの電動リールも実用面でいえば非常に進化しているからこそ、このちょっとした違いが使用感の大きな違いになって表われるのが現代の船釣りだと思う。今季使い込んでさらなる可能性を体感したい。

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

フォースマスター 600/600DH[ForceMaster 600/600DH]

デジタルカウンターで喰いダナ一目瞭然。
アジ、イサキはもちろん青物、ヒラメまでカバーする対応力に優れた手巻きリール。

比較的浅い水深でねらうヒラメや青物など、ライトタックルの小型両軸受けリールでは少し力不足を感じる時、ある程度の大きさの手巻きリールが欲しい。そんな時こそ、ひと回り大きなサイズがラインナップされているバルケッタSCの出番だ。800番、1000番あたりは東京湾のタチウオ、千葉のイサキ、外房のヒラメで使ってみたいし、3000番ならカツオでもいける。水深カウンター付きだからコマセ釣りなどでのメリットも大きい。さらにこのリールはソーラー電源のため電池交換の必要もない。ストレスなく純粋に釣りに集中できる、このアドバンテージは見逃せない。

バルケッタ SC

松田 竜也

イカセブン

松田 竜也

4アイテムとも硬く先調子に変貌、そして短くなり感度と操作性がアップ。

新生IKA 7最大の特徴は、4アイテム全体が硬めであること、9:1の先調子になっています。そして長さも全体的に短くなりました。まず150はスルメイカ・ヤリイカの直結を想定、感度重視の直結専用竿といっていいかも知れません。これ以上短くてもアタリが取りづらくなるので適切な長さです。165はヤリイカ・スルメイカのオールラウンド。165という長さを生かした誘いのしやすさがあります。150と15cm差の使用感は全然違いますよ。竿が短いと取り回しは楽だけど誘い幅が短くなってしまう。しっかりとシャクリ、誘いを入れながらアタリを取るならこの長さです。もっとも長い180はヤリイカ、特にブランコの竿ですね。波が高いとき、船の急な上下動でリールの巻上げ機能が追い付かないときも長さでアシストしやすい。H150は、シマノでここまでハードな竿は今までなかったのではないでしょうか。少し曲げただけではわからないかもしれませんが、バットから穂先までとてもしっかり作ってあり、200m以上のディープゾーンでの大型スルメイカの直結に向いています。