タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[インストラクター]

NORIO TANABE

田辺 哲男

1958年生まれ。横浜市出身。
中学生の頃よりバスフィッシングを始め、1984年から国内外のトーナメントに参加。98年から99年まで渡米し、バスフィッシングトーナメントの最高峰「B.A.S.S」.に参戦。 優勝経験も持つ、まさに日本を代表するプロフェッショナル・アングラー。 「パターンフィッシング」、「ストロングスタイル」を身上とし、「パターンフィッシング」の第一人者としてはあまりにも有名。

こだわりのギア比、高い剛性とスムーズな巻き感。これがマキモノのためのリール。

ローギアの100&200は、抵抗の大きなマキモノを引くのにピッタリのギア比だ。 手に取ってみると、スムーズな回転と力強い巻き上げ、Sコンパクトボディによる優れたパーミング性をリアルに感じ取ることができる。 キャスト時における親指の触れ具合、ハンドルへの指の掛かりまでもが実サイズよりも小さく感じられるのだ。 円形リールの特性をきっちり理解して作り込んだ姿勢が随所に伺える。まさにマキモノのためのリールだね。

NEW カルカッタ コンクエスト

NEW カルカッタ コンクエスト

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

「カルカッタコンクエスト」プロモーションムービー

- 製品プロモーション

「カルカッタコンクエスト」プロモーションムービー

登場タックル

2014シマノシアター 超実践主義! 田辺哲男のバスタックル講座

- 製品プロモーション

2014シマノシアター 超実践主義! 田辺哲男のバスタックル講座

登場タックル

カルカッタ コンクエスト BFS HG

スモールプラグを意のままに飛ばせる。こんなリール、今までなかった。

このリールには最初の一投でシビれたね。今まで5g前後のスモールプラグをこれだけスムーズに、正確に飛ばせるバス用ベイトリールは世の中に存在していなかった。DC(デジタルコントロールブレーキ)が登場したときと同じくらい、衝撃的な出来事だよ。
これにはFTB(フィネスチューンブレーキシステム)の採用が大きく貢献しているんだけど、同じシステムが搭載されているアルデバランBFSには、ここまでのフィーリングは感じなかったんだよね。その要因を紐解いていくと、「重量の違い」に行き着いた。そもそも、アルデバランBFSは、ワームを使ったベイトフィネスに重きを置いて作られているということもあり、軽さを重視して作られている。対してコンクエストシリーズは、「投げて巻く」という機能、耐久性にも優れた円形リールで、一般的なロープロファイルのリールと比べても重量がある。オレは以前から、この「重量がある」ことが投げやすさと曲げやすさに繋がっていると前から言い続けているんだけど、軽いプラグの場合は、それが明確に表れるんだ。
柔らかめのショートロッドをしっかり曲げて、タメを作って飛ばせるのは、リールにある程度のウェイトがあり、手元にしっかりと乗ってくるから。反対に、硬いロッドと軽いリールの組み合わせでは、軽いルアーを飛ばすことがかなり困難なのは、誰でも容易に想像がつくだろう。
スモールプラグを、あたかも重量のあるプラグのように、低い弾道でスパッと思った所に簡単に入れられるリールなんて、本当に今までなかったんだ。カバーに対して、より正確に小さいプラグを投げられるということは、今まで釣れなかったバスが釣れるようになるということ。今シーズンは間違いなく、もっともっとスモールプラグを使うようになるだろうね。バスをやる人なら全員買ってほしい。それくらいすごいリールだよ。
セッティングの注意点としては、メカニカルブレーキのダイヤルを一段ずつ緩めていくこと。ブレーキを段階的に緩めていくと、急にルアーの弾道が浮き上がるポイントが出てくる。その手前が最も飛距離を出せるブレーキの強さなので、使うルアーに応じてきちんと調整しておいてほしい。飛びが変化するポイントがハッキリわかるということは、ギリギリまでセッティングを詰めやすいということだよ。

MOVIE 関連動画

Powered by SHIMANO TV

ジャパンフィッシングショー 2017 横浜ステージ【バス】

- イベントレポート

ジャパンフィッシングショー 2017 横浜ステージ【バス】

登場タックル