タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[プロスタッフ]

SASSA KAZUMA

佐々 一真

1989年生まれ。
山中湖をホームグラウンドとするJB TOP50プロ。ルーキーイヤーの2016年は総合10位を収め、2017年もTOP50 第1戦最終成績2位を獲得している注目の若手アングラー。

スコーピオン BFS

最も身近なFTB搭載モデル ベイトフィネス初挑戦の人にもおすすめ!

人気のスコーピオンシリーズに、ベイトフィネス対応の『スコーピオンBFS』がラインナップされました。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)搭載モデルとしてはすでに『アルデバランBFS』、そして『カルカッタコンクエストBFS』がありますが、最も手の届きやすい価格帯のスコーピオンBFSが登場したことで、ベイトフィネスがより身近なものになると思います。
アルデバランと遜色ないキャストフィールを持っているので、これからベイトフィネスを始めてみたいという人にもぜひおすすめしたいですね。

軽量なルアーも軽やかにキャストできるのは、FTBだからこそできる業。オーバーハングの下などにスモールラバージグやノーシンカーワームを入れるときも、低い弾道でスーッと伸びていき、奥の奥までルアーを届けることができます。

自分は河口湖でウィードエリアをサイトフィッシングで攻めるときに『スコーピオンBFS XG』を使っています。本来のベイトフィネスの釣りとは少し外れているかもしれませんが、1.3~1.8gくらいのスモールラバージグをウィードの中に入れて誘うので、スピニングではラインが細くて心許ないんですよね。そんなときに、7~10ポンドのフロロカーボンラインを使ったベイトフィネスタックルが効果的で、力強さと繊細な誘いを両立することができます。

釣り方的には、まずサイトでバスを見つけて、バスからは直接見えないウィードの中にスモールラバージグを静かに打ち込み、藻を揺さぶるように誘います。バスが興味を示して寄ってきたら、ラインと一直線にロッドを下げて、リールを巻いて藻の中からパン!とルアーを外へ出します。その瞬間、バスが高確率でバイトしてきます。

このときロッドで動かすのではなく、リールを巻いてウィードから外すのがキモ。ロッドを起こして引っ張るとポーンと飛び出しすぎたり、出きらずにウィードの中に戻ってしまったりすることがあります。バスが寄ってきたときにタイミングよくルアーを出すには、リールで巻く方が確実性が高く、ハイギア仕様であればさらに出しやすくなると思います。 スコーピオンBFSは、初めてベイトフィネスに挑戦する人におすすめなのはもちろんですが、ノーマル仕様はアルデバランBFSよりもギア比が若干低く、XG(エクストラハイギア)仕様は若干高めに設定されており、今ベイトフィネスを使っている人にも新しい選択肢が増えたといえるでしょう。

「スモールプラグをゆっくり巻きたい」という人にはノーマルギア、「アシ際の釣りなどでスピーディに回収して手返しよく攻めたい」という人にはXGがおすすめです。