タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[ジャッカル×シマノプロスタッフ]

HIROAKI MIZUNO

水野 浩聡

中部東濃エリアを拠点とするアングラー。その温和な人柄とビギナーにもしっかり釣らせて楽しませるガイドスタイルに定評がある。また、最近はガイド経験に基づいたタックル開発や地元エリアのフィールドの清掃を主催するなど精力的な活動を行っている。

ポイズンアドレナ センターカット2ピース

新しいアドレナは、手元にダイレクトにボトムの質感とか起伏が伝わってくるんで、僕は魚探代わりっていっています。特に情報量が少ない岸釣りにおいては、限られた立ち位置からでも最大限に情報源を得られる高感度のメリットは大きいですね。
元々アドレナは汎用性が高めのシリーズなので岸釣りに向いているんですが、新しいのはさらにそれが増した。そんなアドレナの中でも、僕は特に1611M+の使用頻度が高そうです。巻きモノがベースですが、ジグテキサスやりたいなって場合、要するに一本のハリをバシっとかけなくちゃならない釣りにも対応しています。それが+という表記ですね。フックの貫通性を高めるパワーが備わっているので、さらに色んな釣りに適応しやすくなったっていう感じです。