タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[モニター]

MASAYUKI MATSUSHITA

松下 雅幸

1983年生まれ。
愛知県知多半島の野池でバスを釣りをはじめ、高校入学と同時にバスプロへの夢を抱く。若年ながらズバ抜けたガイドセンスでデカバスを狙い撃つ琵琶湖、長良川プロガイド。国内外の数々のトーナメントで好成績を収め、2016年、B.A.S.S. OPEN に参戦しエリート昇格を目指す。

このリールを使い本当に驚いたのがキャスト時の伸び。

オーバーハングや桟橋などを攻める時に今までのリールよりも、もうひと伸びしてくれるため、低弾道キャストでより奥に入れやすくなりました。
特にスキッピングが出来ないルアーをカバー奥に投げ入れる時、このリールのプラスαな伸びが、僕の釣りの精度を上げた!と確信しています。
ショートディスタンスでのカバー周りの釣りではストライクゾーンの狭いバスが多い為、このプラスαな伸びによる正確なキャストは攻め入れる時にアドバンテージになります。
また軽い力でのキャストで投げ入れやすくなった為、ショートディスタンスで狙うキャスト数の多い釣りでも体への負担も減った様に感じます。
僕の中ではショートディスタンスでの釣りには確実に必要なリールになりました。
自分自身がスキルアップしたと思う程の感覚です。

メタニウムMGL

メタニウムMGL