タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[モニター]

TAKUMI ITO

伊藤 巧

1987年生まれ。
利根川を舞台に開催される「TBC」、ハードベイトオンリーで競われる「H-1GPX」など、多くのトーナメントに参戦し優勝経験も豊富。ラン&ガンで、いま喰う魚に口を使わせるのが得意のスタイル。現在、注目度ナンバー1の若手バスアングラー。

巻きモノ撃ちモノも何でも出来るおかっぱりモデル

スコーピオン70は、僕にとって「巻きモノ撃ちモノも何でも出来るおかっぱりモデル」というスタンダードなアイテムです。5gクラスの軽量ルアーから、21g近いジグなども同じ感覚でキャストが出来ます。そのキーとなるのが、32mmスプール径。おかっぱりで一本しか持ち歩けない状況下でも幅広い対応能力は武器になります。そして、コンパクトボディーは、手の小さな僕でもすっぽり手中に入り、より軽快に操作が可能です。ギア比のラインナップも豊富で6.3のノーマルギア、7.2HG、8.2XGという三種類あります。巻きモノを中心に撃ちモノも一本でこなす場合は、ノーマルギアを使用し、僕がおかっぱりで最も多用するモデルです。撃ちモノを中心にする場合はHG。フリッピングやウエッピングをする場合はXGという使い分けで全国のフィールドで愛用しています。コストパフォーマンスにも優れ、実践で自らの実力を後押ししてくれるスコーピオン70は僕にとって無くてはならない「相棒」そのものです。

スコーピオン

スコーピオン