タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

バスバス
[プロスタッフ]

TAKESHI HAYANO

早野 剛史

JB-TOP50プロ。2011年JB マスターズ第2戦河口湖優勝、2014年JB マスターズ年間ランキング1位。緻密な戦略と組み立てで、近年メキメキと頭角を現したオールラウンダー。

ポイズングロリアス

BAIT FINESSE SYSTEM

BAIT FINESSE SYSTEM

162L-BFS BFS62 QUICK RESPONSE

繊細なコントロール性能。トーナメンターにとっては、大きな武器だ。

既存のベイトフィネスロッドよりさらに繊細な、よりスピニングタックルに近いコントロール性能が魅力。それでいて10ポンドクラスのフロロラインも使えるので、カバー周りもスモールラバージグやネコリグ、5g前後のダウンショットを使って積極的に攻めることができる。6'2"というショートレングスはキャスト時も振り抜きやすく、ボートからのピッチングやサイドキャストでも十分な飛距離を出せる。ポイントから距離を取ることができるので、バスに余計な警戒心を与えないで済むのはトーナメンターにとっては大きな武器だ。

QUICK RESPONSE

QUICK RESPONSE

263L-S QUICK RESPONSE 63

メリハリの効いた反発力でフィネスリグをライブリーに演出。

NEWグロリアスでは唯一のソリッドティップを採用したモデルで、メリハリの効いた反発力でフィネスリグをライブリーに演出することができる。しかもLパワー表記ながらもライトリグを使った時の喰い込みはULパワー並みに入り込み、低活性時の微妙なバイトすらしっかりとモノにすることができる。それでいてバットからベリーのチューブラーブランクスは剛性感タップリなので、バスをいなしつつ短時間で寄せられるのはトーナメンターとして嬉しい。小型シャッド&ミノーも扱える懐の深さも魅力的なアイテムだ。

ポイズンアドレナ センターカット2ピース

ピース数がどうこうよりも、ロッドとして素晴らしい。

「ポイズンアドレナ」の1ピースと2ピースを振り比べて感じたのは、同じレングス、同じ硬さでもまったくの別モノであるということだ。ピース数がどうということでもなく、ロッドとしての良さがそれぞれにあるという印象だ。アイテムによっては2ピースのほうが使いやすいと思えるものもあり、今後使い込んでいくのが今から楽しみだ。