タックルインプレッション

SHIMANO Tackle Impression

鮎鮎
[インストラクター]

SATOSHI OZAWA

小沢 聡

1965年生まれ。愛知県豊田市在住。ホームグラウンド・巴川。引き釣り・インライン釣法を武器に01年第17回・02年第18回シマノジャパンカップ連覇、08年第24回・12年第28回大会でも全国制覇。ジャパンカップ4勝は過去最高。

リミテッドプロ VS NA

野鮎サイズ、場所、釣技を限定することなく、意のままに扱えるオールマイティアクションを追求するリミテッドプロVSシリーズ。調子的にあえて突出した部分を作らず、意図的に極度な軽さを追求せず、高弾性カーボンを贅沢に使用した細身肉厚ボディ=H2.75相当をベースに3種の「POWERSELECTSYSTEM」によって「小鮎から大鮎まで極める」能力を表現した前作は数多くの鮎師から絶賛をもって迎えられた。
今回シマノ開発陣はニューリミテッドプロVSを生み出すにあたり新たにH2.25、H2.75、2種の硬さを用意。さらに細やかに「小鮎から大鮎まで極める」威力を追求している。

攻守自在の選択肢
RSソリッドでスレ鮎、小型に対応

前作と同じ硬さ表示であるH2.75モデルは従来の長所を余すところなく受け継ぐとともに、新たな穂先の組み合わせ、今までにない持ち軽さで使用感を一新。小沢聡がそのフィーリングを語る。
「やはりVS最大の特徴は3タイプの穂先で竿の個性を変えられること。初代は標準チューブラー(H2.75相当)、ソフトタイプチューブラー(H2.6相当)、パワータイプチューブラー(H2.9相当)でした。今回のモデルも穂先は3タイプですが、ソフトタイプがRSソリッドに変わりました。つまりH2.75を基準とした3本のなかでエキサイトトップⅡチューブラー&エキサイトトップパワータイプチューブラーとRSソリッドが選べるという仕様になったことが大きな変更点です。
個人的にも以前はソリッド穂先を愛用していた時期がありました。地元の釣具屋でもソリッド穂先が売ってましたし、ジャパンカップで初優勝した時も実はソリッド穂先です。特にソリッド穂先は繊細な釣りというか、魚がスレていたり小型メインの場合は効果を実感できますね。あと、メリハリをきちんとつけるという意味では、標準よりちょっと柔らかいチューブラーという中途半端なセッティングよりも攻め方として明確に硬軟の切り替えが可能。迷いがなくなるぶん、自分のねらいに応じて選びやすくなりますね」

最新テクノロジーで初代唯一の泣き所
持ち重り感を軽減

「VSの個性でもある細身肉厚ボディは軽量化を追求していないので、どうしても多少の持ち重り感が出てしまう。たしかに良型ねらいには良いけれど、初期とか中型以下のサイズを相手にする場合には前モデルだと、ちょっとオーバーパワー気味な部分もありました。
そこで今回のニューモデルは持った際もう少し軽く感じられる仕上がりを目指したい…という思いはありました。そこでボディをもっとライトにという話もあったのですが、やはりリミテッドプロVSの特徴は『パワーとしっかりとした安心感』。肉を削って軽くしたのでは『らしさ』がなくなってしまう。ですので節のバランスや剛性の調整で、重量自体は変わっていないのに持った感じはかなりシャープで軽く感じられる仕上がりにチューニングしました。これは手にとってもらえれば誰もが、特に従来モデルを触ったことがある人ならハッキリと実感できると思います。
実は最初にプロトを触った時点ですでに『えらく軽くなっちゃったけど大丈夫かな?』と思ったくらいの持ち軽さだったんですよ(笑)。設計次第でだいぶ変わるとあらためて実感しましたね。
このあたりは進化したロッドテクノロジーの影響も大きいと思います。最新の技術があってこそ重量を変えずに持ち軽さを表現できたりするのでしょう。個人的にはスパイラルXコアなんて、これを採用した竿とそうでない竿ではだいぶイメージが変わります。とにかくブレなくなるんですよ。このニューモデルも元竿付近の張りが強調されてよりシャンとした感じになりました。
また元来リミテッドプロという竿は操作時のオトリ感度はもちろん、掛かった野鮎のアタリ感度も高く響きますが、今回エキサイトトップⅡが搭載されたことで、そのアタリはさらにエキサイティング。カカーンッ!と大音響で手にくるので釣っていて非常に楽しい。鮎釣りの醍醐味であるシビレるようなアタリがより明確に強く感じられます。何となく『掛かった?』という感じではなく『キターッ!』というドキッとするような強い刺激を感じられて文句なしに面白い。こういった部分に関しても今までにない技術の下支えが効いていると思います」

20㎝&平水なら標準穂先
18㎝以下スレ鮎はRS
良型&尺鮎にパワータイプ

「18㎝以下を対象とする時、鮎の体力があまりない初期、渇水で魚がスレている時、超激戦区などはRSソリッドが有効。7月に入った長良川などで20㎝前後の魚を数多く釣りたい時は標準エキサイトトップⅡチューブラーがベストマッチ。後期良型ねらいのパワータイプエキサイトトップチューブラーは少なめに見積もっても27~28㎝は抜けるし、寄せれば尺鮎もOK。また、水位で使い分けるなら渇水はRSソリッド、平水前後なら標準エキサイトトップⅡチューブラー、増水時ではパワータイプエキサイトトップチューブラーというイメージです。従来モデル以上に穂先を入れ替えることで、場所、釣り方、使用状況を選ばないオールマイティアクションを楽しむことができます」
前作同様に細身肉厚ブランクスで風を切り、操作時は先調子、掛けてからは十分に曲げることで湧き上がる余裕のパワーが他のリミテッドプロ・シリーズと一線を画す。さらに今回のニューモデルではH2.25、H2.75へと進化し、より鮎師のニーズにきめ細やかにマッチしたパワーランクによって「小鮎から大鮎まで極める」新たな能力を徹底追求。
鮎師が思い描く攻略イメージそのままに1本のロッドがこれほどまでに変貌を遂げる。さらに変幻自在な威力を身にまとった新たなる強烈個性の輝きをその手に。

リミテッドプロ トラスティー NW

歴代随一の先調子
瀬の操作性もランクアップ

「操作性(掛けやすさ)」と「タメ性能(取り込みやすさ)」相反する要素を高次元で融合させた数釣りロッドとして独自の世界を切り拓くリミテッドプロトラスティー。「先で掛け、胴で獲る」超先調子チューブラーロッドがこの夏新たにEXCITE TOPスパイラルXコアを搭載し生まれ変わった。
今回で3代目にあたるモデルチェンジ。長年この竿を相棒にする小沢聡が語る。
「トラスティーという竿は『野鮎を掛けやすい竿とはどんな竿なのか?』というテーマを形にした『ゆれない胴としなやかな穂先を持った軽量ロッド』です。シマノのチューブラーロッドの中では最も先調子に分類され、激戦区のスレた鮎も掛けやすいように操作性を極限レベルまで高めていることが特徴。
穂先は細めでしなやかなチューブラー。操作感はチューブラーとソリッドの中間のような感覚で、ゼロオバセ周辺の繊細なオトリ操作がしやすくオトリがナチュラルによく動いてくれます。今回EXCITETOPが搭載されたことにより感度にさらに磨きがかかりましたね。
チューニング的にニューモデルは旧モデルよりも3番を強くし、これまでのモデルの中では最も先調子感を出したアクションになっています。また新構造としてスパイラルXコアという新技術が搭載され全体的に強い設計になったことで繊細な操作だけでなく、瀬で良型オトリを操作する際にも穂先が負けず力強い操作が可能になりました」

スレ鮎攻略に威力発揮
積極操作に高次元対応

操作性とタメ性能。この相反するテーマの追求は毎回苦心するところだが、今回は先代よりも操作性をより高めつつ最新の入れ掛かりニーズを見据えた「トラスティーらしさ」を徹底追求している。
「先調子竿の欠点はタメが効きにくいこと。やはり今作のチューニングでも操作性とタメ性能のバランスをとることが最重要課題でした。とはいえ9年ほど前に初代トラスティーのプロトを手にしてからテストを繰り返してきたノウハウの蓄積があります。先代トラスティーと比較しながら実釣を繰り返し、竿先が揺れず穂先までシュンと突き抜けた先調子でありながら、良型が掛かったときには胴がしっかり仕事をしてタメが効く良好なバランスが完成したと思っています」
この竿が得意とする状況とは?
「一般的な河川における中型鮎の数釣り、特に釣り人が多く野鮎がスレた河川で威力を発揮します。テスト河川はホームグラウンドの長良川、矢作川水系の他、益田川、馬瀬川、相模川、那珂川、有田川など。いずれも毎日釣り人の絶えない人気河川ですが、どの河川のスレッカラシ鮎に対しても満足できる釣果を得ることができました。
先端部がしなやかなのでオトリが弱りにくく自然な状態で泳ぐため、どんな使い方をしても野鮎の反応がよいのですが、穂先の使いやすさがこの竿のセールスポイントなので、立て竿で泳がせながら状況に応じて穂先を軽く効かせオトリの尾を振らせたり、ベタ竿で穂先を曲げてオトリをジワジワと引いたり…と、積極的にオトリを操作する釣りも織り交ぜてみてください」
操作性が際立つ超先調子チューブラーロッドでありながら、野鮎が掛かれば納得のタメ性能を発揮し、安心してタモへと掛かり鮎を導く。鮎師が思い描くひとつの理想を誕生以来かぎりなく追求するリミテッドプロトラスティ―。「魔法の杖」と称される特別モデルが手にした新たな「魔力」が日常のフィールドを新たな入れ掛かりワールドへと変換するに違いない。

スペシャルバーサトル NW / ZW

スペシャルバーサトル NW / ZW

チャラ、トロ、瀬まで
ストレスのなさ徹底追求

「バーサトルのコンセプトは重過ぎず華奢過ぎず、丈夫でパワーがあり、いろいろな状況でいろいろな釣り方に対応できるシマノ鮎ロッドの標準調子といえる万能ロッド。初心者からベテランまで末永く満足して使っていただける竿がこのシリーズの特徴です」
バーサトル誕生から10年以上にわたりロッドチューニングに携わる小沢聡。使用状況を選ばず、どんな釣りにも対応可能なこの竿は細身肉厚でタフな使用にも優れた耐久性を発揮する。小沢は確かな釣具としてのこのポテンシャルに揺るぎない信頼を寄せている。
今回のH2.6 90のアクションは?
「この竿の特徴である細身肉厚設計は竿に粘りとパワーが出ます。初代バーサトルがその特徴が一番出ていました。新たな4代目は原点回帰的に細身肉厚感をより強調したので、竿の硬さ表示よりもワンランク上の硬さを持った竿と間違えるほどのパワーが感じられます。
チューニングでは繊細な仕掛けを使ったチャラ瀬やトロ場の釣りからオモリを使用した瀬の釣りまで、ストレスなく使えるような調子を目指しテストを繰り返しました。今回のロッドも誰がどんな使い方をしても『この竿は使いやすい』と感じてもらえるようなクセのない調子に仕上がっています」

穂先から3番を強くし
ゼロ感覚察知を向上

「一般的な河川で20㎝前後を相手にするならH2.6アクションがオススメです。軽さと操作性のよさで選ぶなら85、大きな川から小さな川まで色々な河川に万能的に対応することを考えれば、やはりスタンダードな90がよいですね。ちなみに25㎝前後の魚まで対象にする場合や瀬に立ち込んで『オモリや背バリでガンガン攻める釣りもけっこうやるよ』という鮎師にはH2.75が合います。
細身肉厚設計なので瀬竿にも引けをとらないほど頑丈でタメが効くつくりになっているので、掛かり鮎との力強いやり取りにも安心して使用可能です。
このH2.6 90は現代鮎ロッドのスタンダードといえる長さなので射程距離、オトリがスムーズに動く広さ、持ち軽さなどのバランスがよく多彩な場面で安定して使用することができます。味付けとしては85アクションよりも穂先から3番までを少し強くしています。これにより胴調子の瀬竿のようなドワドワした感じがなく、しっかりと張らず緩めずのゼロ感覚が取りやすい感度のよい竿に仕上がりました。もちろん先端部を強めにしたのでオモリなどのアイテムも使いやすくなっています。
いろいろな河川で、いろいろな釣り方で、対応する魚のサイズで……とにかく多様性に優れた竿がこのバーサトルです。竿の使い分けをせずに1本の竿でどこでも釣りたい、1本の竿を大事に長年使用する釣り人に自信を持ってオススメできます」
さらにPOWERSELECT SYSTEM採用によりH2.6⇔H2.75のパワーを自在に選択可能。いちだんと状況対応力を高めている。攻守のバランスに優れ、あらゆる状況を釣りこなす安定感抜群のスタンダードレングス。90ロッドのさらなるオールマイティー能力が新たな入れ掛かりを呼び寄せてくれるに違いない。

スペシャル小太刀(こだち) NR/ZR

さらに鋭利に 強靭に
最新テクノロジーの威力で鍛えた
研ぎ澄まされし名刀

「すべての短竿が過去になる」と多くの鮎師に言わしめたスペシャル小太刀が SPIRAL‐X CORE、EXCITE TOPⅡ、HIPOWER X TIPで全性能を一新。 より鋭く、強く、鋭敏に正統進化を遂げたボディに ソリッド、チューブラーの威力を意のままにアレンジ可能な三種の穂先をマッチング。 新たなるショートロッド維新がこの竿からはじまる。

シマノ【開発陣】コメント
調子を変えずに王道進化 全性能がランクアップ

「ラシュランは当初『引き釣りに適した竿』というコンセプトのもとに作られました。
すでに多くを語らずともスペシャル小太刀の名は鮎ショートロッドのジャンルにおいて広く知れ渡っている。デビューに際し「すべての短竿が過去になる」ほどの基本性能の高さを身にまとい、鮎竿として非常に息の長いシリーズを確立。実釣面に関して弱点と呼ぶべき要素はないが、あえて弱点をあげるとすれば、ある意味そのロッドクオリティーの高さがあだとなり、先進的な素材や機能を盛り込むことが遅れてしまったことだろう。
そこで2020年のモデルチェンジは従来モデル同様、手にした鮎師にとって末永く使い続けられる一竿に仕立てるべく、最新テクノロジーを満載。SPIRAL‐X COREEXCITE TOPⅡHIPOWER X TIP。なかでもHIPOWER X TIPは現在リミテッドクラスとスペシャル トリプルフォース等ごく一部のモデルのみに搭載される最新構造。さらに小太刀では汎用性をより高めるため標準チューブラー、RSソリッド、パワーチューブラー、計3タイプの穂先を設定し、攻守自在の新たな威力を追求している。
調子的には従来から定評ある小太刀アクションを継承した正統進化といえ、渓流相、上流部、大石、段々瀬などと相性が良いピンシャンとした先調子。元来、風対策としても有効な短竿だが、小太刀にはピンとした張りがあるので強風下でも操作がブレにくく、ストレスフリーな釣りを展開可能。大河川でも点の釣り、線の釣りなど独特の威力を発揮。多くを語らずとも手にすればわかる、鮎ショートロッドの王道がここにある。

シマノ【インストラクター】コメント
3種の穂先と選べるズーム末永く手にできる最新技術

小太刀をチューニングした小沢聡は語る。
「実は僕の中ではスペシャル小太刀という竿は調子的に完成されているものですから、今回のチューニングでも大きく変化させたところはありません。小太刀の長所=丈夫であること、パワーがあること、先調子で操作性がよいこと、それを絶対に外さないような作りになっています。ですから2020年モデルも従来機種同様、末永く安心して使っていただけます。
僕が感じる点をあえて付け加えると、シマノのロッドテクノロジーをもってすればもっと軽くできます。小太刀に関しては充分な持ち軽さはあるものの、スペックだけ見れば最新ロッドとしては重量があります。しかし、それは頑丈さ、パワー、調子のバランスを最優先した結果。その重さにも重要な意味があるというわけです。 基本的なチューニングコンセプトはそのままなんですが今回SPIRAL‐X COREEXCITE TOPⅡが採用されたことでより力強くなってますし、感度も向上しているのでロッド性能は底上げされています。
また、新たに設定された3本の穂先も興味深い要素。特に先調子の短竿とソリッド穂先は相性抜群。ソリッド未体験者は積極的に使っていただきたいですね。 使い分けについて、まずソリッド穂先はシーズン初期の小型ねらいや渋い状況下。小太刀のボディはH2・75ですが穂先をソリッドに替えるだけで15~16㎝の小型でも違和感なくきれいに操作可能です。
ノーマル穂先は梅雨明け盛期に入って18~20㎝の魚を相手にするとき。とはいえ、ソリッドが好きな人はソリッドを標準穂先にしてオールシーズン、ソリッドという選択肢も正解だと思います。個人的に小太刀のソリッドにスペアという考えはありませんから。
パワー穂先も盛期以降の良型相手に。特に中部地方では渓流相の放流河川、たとえば白川、付知川、吉田川とか、川の規模は大きくないけど盛期から終盤になると25~28㎝が数多く掛かるような川で。短竿がマッチするそんな川にはパワー穂先がバッチリ合うと思います。小太刀のH2・75ボディは胴体が強く、渓流相の大型をねらう際に素早く水面に浮かすことができます。大石が点在する渓流相河川ではタメのよさを求めるよりも早く浮かせる能力を重視したロッドを選んだほうが根ズレなどのトラブルを回避できます。
先調子の短竿なので小中規模河川の渓流相フィールドは得意中の得意ですが、大河川のベタ竿でオモリ使ってオトリを積極的に動かす釣りにも非常にマッチします。矢作川、那珂川、長良川中央みたいなフラットな河川でも問題なし。元々、矢作川の漁師さんが使っていた竿を参考にして小太刀をチューニングしていますから。 ノンズームとアクションズームについては、これは好みで選んでいただければOKです。ノンズームならバットがスッキリして細くなって自重も軽くなり、バットまで滑らかに曲がりがつながるのでシャープなアクションになっていると思います。僕はズームがあったほうが好きで、たとえば矢作川上流部や巴川では80、長良川大和、白鳥などは85で。1本で2本分の長さを手に入れられることは大きなメリットです。
非常に扱いやすいロッドなので季節や釣り場、釣り方を問わず新たなメインロッドとしてガンガン使っていただきたいですね」

プロセレクト VS NR

全能ロッド 第二の進化
最適進化を遂げた
細身肉厚バーサタイルアクション

シマノ鮎ロッドにおけるセンターポジションにして使用ラインや仕掛けを問わず、あらゆる釣技に多芸多才な能力で対応するVSアクション。 プロセレクトシリーズを切り開いた初代からさらなる飛躍を遂げ、2020年待望のニューモデルが誕生。
個性に応じて追求した新たな操作感が新たな入れ掛かりを呼び寄せる。

シマノ【開発陣】コメント
最適解を追求したシリーズ第二世代

今や多くの鮎師にとっておなじみとなったプロセレクトは、このVSからシリーズ展開がスタートした。2020年の二代目は前作に比べ相当変化している。
初代は新たな価格帯のシリーズ第1弾、シマノ鮎ロッドの中軸アクションという要素を考慮し、幅広い使用感を追求していた。たとえば当時のシリーズにはTFが存在しないためH2・75モデルは相当パワフルな調子に仕上げ、プロセレクトとしてのパワーの領域を多少なりともカバーしたわけだ。しかし、フルラインナップが整った現在は軽量ロッド=FW、パワーロッド=TF、先調子=SC、ナイロンフロロ=MI、ソリッド=RSと最適な選択肢が個性豊かに存在する。
今回のモデルチェンジはそれを踏まえ、よりVSらしいVSに変化を遂げている。では、VSとは何か?それはシマノが考える「鮎竿としてのセンターポジションを担うアクション」である。細身肉厚で掛けるまでは適度に先調子、掛けてからは胴調子。曲げるほどに粘りを発揮。安心して使える頼もしい竿である。
85や90は無理に軽さを求めることなく、むしろ肉厚性をしっかり生かしてパワーを発揮できるように。H90は従来にない軽快感を追求。初代の無骨さを消し、細身肉厚な先調子気味のチューニングに。そんな意味で85と90はVSとしては胴調子気味、H90は先調子気味の仕上がりとなっている。両者の振り感や持ち重り感はやや似通ったものになってはいるが、魚を掛ければ、やはりH90はH90として納得できるだけのパワーを実感できる。
そして今回見逃せないのがEXCITE TOPの採用だ。このクラスのロッドには、どうしても手が届かなかった感度をハイレベルに追求している。

シマノ【インストラクター】コメント
高評価85、実績90 扱いやすさ光るH2・6

H2・6 85、90のチューニングを担当した小沢聡が新たな使用感を語る。 「VSの特徴はオールラウンドに使えること。MIやFWなどの他機種と比べれば若干細身、若干肉厚なので安心して曲げ込める。丈夫でパワーがあり、調子的にもクセがないので誰でも使いやすい。ですから、自分の好みがよく分からない方、経験が浅く、まだ好みがはっきりしない方は、まずVS調子を選んでもらえれば間違いないと思います。
今回のニューモデルですが個人的に85はかなりの自信作。前作を大きく超えるものができました。自分だけでなく、実釣会でテスターをはじめ多くの方々に使っていただき高評価を得ています。
90はクセのないシュッとした調子で、先端部はプロセレクトFWより若干柔らかめ。FWのH2・75がちょっと硬いかな……と感じている方などはVSの90が合うのではないかと思います。このアクション、もう少し硬いパターンもあったんですが、何回テストしても柔らかいパターンのほうが釣果がよかった。『迷ったら釣れるほうにする』が僕の考えなのでこうなりました。
野鮎適応サイズは普通の釣り人なら20㎝前後になりますが、個人的にはこの竿に慣れ、トントンとかマイナスなど手尻を工夫できる方であれば23~25㎝まで対応できると思います。
また、今回プロセレクトで初のEXCITE TOP採用。上級機種とベーシックロッドの最大の違いはカーボンの違いから生じる感度。EXCITE TOPが採用されたことで、その悩みが大きく軽減されるメリットは見逃せません」