フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.16 今シーズンのカレイ・アイナメ釣り

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

昨年から何か海の様子がおかしい・・・例年釣れない魚が寒い時期に釣れたり、普段釣れる魚が釣れなかったり・・・。

異常気象のせいでしょうかね?

今の時期、大阪湾で最盛期を迎えるイカナゴ漁も今年の漁獲量が近年にない不漁との事で大阪湾においても確実に何かが起こっているように思えます。漁師である義父から「産卵数は例年より多かったが、水温が合わなかった為、発育がままならず、多くの稚魚が親魚に食べられてしまった」と聞き、確実に海の中で何かが起こり始めていると感じさせられた今春の出来事でした。

しかし、今シーズン(昨年秋から)のカレイは近年に無い好調で、私の住む関西地方においても、シーズン初期から大釣りのニュースが飛び交っていました。ひとりで数十枚!という釣果があったとも・・・

僕の地元である「泉南」と呼ばれる大阪南部の釣り場では、場所によって早い時期からカレイが釣れ出して僕自身も高確率で釣果を得る事が出来ました。出勤前の2時間という短期決戦においても30センチオーバーが釣れて、ホクホクとして会社に出勤した事も・・・。「早起きは三文の得!」と昔から言われるとおり早起きすれば良い事があるんですね!


また、今は明石海峡大橋でつながり手軽に釣行出来るようになった淡路島でも良型をゲットしました!


この時はスピンパワー425CX-TにPE1.5号というタックルで、140~150Mという遠くのポイントで釣ったんですが、大きなアタリが出て 本当に楽しかったです。やはり、PEラインを使用するとカレイ釣りが楽しいです!

そして・・・僕とは相性の良くない??小豆島(数年前の「釣りロマンを求めて」 のロケでは、釣果を得る事が出来なかった・・・)でも、夕刻のゴールデンタイム の2時間くらいで、4枚のカレイをゲット!!(この時は本当に飛ぶ鳥を落 とす勢いで、自分でも怖かったくらい・・・) というように、今シーズンのカレイ釣りでは、いくつかの釣り場で100% 近い釣果を得る事が出来ました。

また、カレイと並んで冬から春の人気ターゲットであるアイナメ。


このアイナメ釣りでも、最近めっきりと少なくなった40センチ近い大型を ゲットする事が出来て、もう大満足! この時は本当に寒くて寒さに負けそうになりましたが、ブルーの綺麗なカラ ーをした「プロサーフ」の竿先に大きなアタリが出た時には、もう寒さなんか 忘れてロッドに飛びついてました。 久しぶりに首を振る「ガンガン」とした手応えを味わいましたよ!

と、いうように昨年から今春にかけてのカレイ・アイナメ釣りは、まずまずの 釣りが出来ました。 ここ最近は、やっと気温も上がり春らしくなって来ました。 紀東方面で釣れているキス釣りにも行きたいし、まだまだカレイ・アイナメも 釣りたいし・・・ でもとりあえずは、4月に開催されるSWSCTに向けて猛練習です。。