フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.15 9月に入り・・・

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

今年の夏も暑かった。連日、36度を超える日が続き、溶けそうな位、暑かった。夏バテにならないように、しっかり食べてましたが、どうも暑さに負けて夏バテになったようです。

夏バテ解消とばかり、毎年恒例となっている地元大阪・淀川でのキビレ釣りを楽しみました。

ロッドは「スピンパワー425CX-T」リールは今回新しくなった「パワーエアロスピンパワー」というタックルで挑みました。夕暮れ前からの竿出しになりましたが、予想通り1投目からドラグを「ジ~~」 と鳴らすアタリが・・・。

毎年この時期、これでもか!という位釣れて来るので、この日も釣れる事は解ってはいましたが、やはりアタリが出ると本当に嬉しいものです。

巻き上げ速度が従来モデルより速くなった「パワーエアロ スピンパワー」で強引に巻き上げ開始!

そこそこサイズのキビレが水面を跳ねて上がって来ました。

ロッドのパワーを活かして抜き上げたのは40センチ超のキビレ。やった~!!

釣り人というのは現金なもので、釣れると解っていても実際魚を釣り上げると、本当に嬉しいものです。

水深が浅いポイントなので、引きは強烈でした。また、針掛かり後、時折、こっちを向いて突っ込んで来る時があり、ラインテンションが緩む時が過去にはありましたが、そこはリールがカバーしてくれ、常にテンションを保ったまま、取り込めましたよ!

それからというもの、次から次へとアタリがあり、最長は43~4センチの良型までゲットする事が出来、またまた毎年恒例である夏の風物詩を今年も楽しみました。

あ~楽しかった。やっぱり沢山釣れる釣りは楽しいですね!



そして久々であるヘビーウエイトのキャスティング大会にも参加。

今回は「剛力投法」でも有名な草野さんと共に競技に挑みました。

2人は別種目での参加となりましたが、草野さんは当然ブッチギリで優勝、僕も優勝する事が出来、めでたしめでたし・・・。


ちなみに草野さんのタックルはスピンパワー425XXX、僕はスピンパワー415XXでした。リールは2人共、スーパーエアロテクニウムMgです。

キャスティング大会が終わると、日本海・丹後方面での秋ギス釣り。

この時期、群れさえ見つける事が出来ると「爆釣」なんですが、群れを見つける事が出来なければ、全く釣れないという事もあり、ちょっと難しい釣りなんです。でも、はまれば「良型揃い」という事もあって、面白いんですよ!

この日も始めの数投は、全く反応が無く諦めていましたが、「群れ」を発見直後、20センチ前後の型揃いがほんと、入れ掛かり状態でした。ポイントが近いという事もあって、竿先に来る大きなアタリを思う存分堪能しました。

やっぱり秋ギス釣りは面白いですね!

これからは今年あと数戦あるキャスティング大会に向け、練習&トレーニングの日々が続きそうです。たまには大物釣り・キス釣りにも行こうかなぁ・・・。