フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.12 神秘の海「富山湾」のカレイ釣り

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。



今年1月、プロ野球選手が自主トレに入った頃、僕は4月に開催されるSWSCT全国大会に向け、ジムにてトレーニングの毎日が続いていました。

今まで鈍っていた身体にムチを打つように・・・。ウォーキング&ジョギングetc・・・とりあえずは基礎体力作りから。しばらくしてフィッシングショー。しばらく間が開いたが、再びトレーニング開始。次は瞬発力を高める為、反復横飛び&スタートダッシュ・・・瞬発力を高める為のトレーニングは、大会直前まで続く・・・。

「オレンジの悪魔」・・・誰が名づけたか判らないけれど、オレンジ色をしたラバーシンカーにピッタリの名称だと思います。たかが18グラム、されど18グラムのラバーシンカー。今年も「悪魔」と仲良く、また、出来るだけ遠くへ飛ばしてやりたい・・・。


4月に開催されるSWSCT全国大会では、再び素晴らしい競技場にて競技が出来る。「心の底からキャスティングを楽しみたい・・・」と、今から待ち遠しくてたまらない。また、「スポーツ」としての位置付けを認めてもらえるよう、参加全選手で大会を盛り上げ、全国のキャスターに競技の楽しさを伝えたいと思います。オリンピックイヤーだからこそ・・・。

全国大会への調整が続く中、富山の釣友、「剛力投法」で有名な草野満君から、「良型のカレイが爆釣!おいで~!」と連絡が入る。行く度に40センチ級を上げてるとか・・・。「こりゃ、何としても行かなくては・・・。」息抜きも兼ねてスケジュールを調整し、早速、彼の住む富山へと急ぐ・・・。


カレイが良く釣れている富山湾は「神秘の海」とも言われ、魚類の豊富さは、日本一とも。その理由は、立山連峰から流れ出るたっぷりと栄養分が含まれた雪解け水が影響しているのだという。彼曰く、良い時など、40センチ級数匹を含め、10数匹の釣果に恵まれた事もあるらしい。 早速、ポイントまで案内してもらい、沖に向かって「おりゃ~っっ!!」とキャストする。 オモリが着水し、着底するまでラインを送り出していくが、10秒たっても20秒たってもラインが出ていく。「おかしいなぁ~??」と思いつつ、引き続きラインを送り出すと、30秒近くで、やっとラインが止まった。「まさか??」と思ったが、後々、海図にて調べてみると、キャストした100数10メートル付近の水深は、何と・・・30~35mあった事に気付く。さすが、富山湾!場所によって海岸から1キロちょっとの沖合いで水深1000m以上あるというのもうなずけます。

さて、深場からアタリを待っていると竿先に明確なアタリをキャッチ!! PEラインを使用しているからこそ、キャッチ出来たアタリだ! 余談になりますが、最近、カレイ釣りでPEラインを多用するようになりました。 理由は、「釣れていたカレイ」から「釣ったカレイ」に変わるからです。釣ったカレイ??と思われるでしょうが、PEラインは伸びが少なく、竿先に明確なアタリが出るので、今までキャッチし難かったアタリが明確にキャッチ出来る訳なんです。カレイのアタリで竿尻が浮くという事も良くあるんです! 本当に楽しいですよ!! さて、アタリの出たロッドを大きく合わせ、リーリングすると、カレイ独特の重量感が・・・ 思わずにやけてしまう。最後の最後まで底へ底へと潜って抵抗する。水面に姿を現したのは、綺麗な色をしたマコガレイ。確実にフッキングしている事を確かめ、「よいしょ~!!」と抜き上げた。それからというもの、次から次へと元気なマコガレイ・マガレイ&アイナメ・ガジカ・・・と 魚種の豊富な富山湾からは色々な魚が釣れて来ます。どの魚も色が凄く綺麗でとても元気! 最後の最後まで抵抗を見せ、僕たちを楽しませてくれる・・・。


近いポイントでも釣れない事はないですが、やはり遠投しての釣りが楽しいので、タックルは、 NEWスピンパワー425BX-T&スーパーエアロテクニウムMgのコンビを使用しました。 遠投する楽しみ、釣る楽しみが可能になるタックルで、この日も本当に楽しい釣りが出来ました。


僕の隣で、「おりゃ~っっ!!」と釣り場でも豪快に投げる草野君。放たれたオモリは、まるでミサイルのごとく飛んで行き、遥か遠くの海面へ・・・。当然彼も良型のマコガレイをキャッチ!ニコニコして本当に嬉しそう。

この日は2人でワイワイ言いながら、夕刻までカレイ釣りを存分に楽しみました。ありがとう、草野君!また行きますからね!

さて、今回の富山釣行は本当に良い息抜きになりました。今からはキャスティ大会に向け、再びトレーニングの開始です。SWSCTに向けて・・・